GJ-週刊文春 7/13号 船越英一郎が松居一代に離婚調停

HeHOです。

このページは2017年7月6日発売の週刊文春 7/13号を読んで、面白かった記事を紹介しています。

週刊文春 7月13日号 0713

1位 船越英一郎が松居一代に離婚調停 全真相

私生活から仕事の内容まで何かとミステリアスなこの夫婦だが、二人の知人によると七月には離婚調停が始まる予定とのこと。

また船越の弁護士も、夫婦関係が完全に破綻していることを認めている。

確か数年前のテレビのバラエティーで、松井が「船越英一郎に女性から疑わしい電話がかかってきたので、携帯を二つに折って鍋で煮た」という話をしていたと記憶している。

いくら好きでも、こんな激しい嫁とは一緒にいれないな、と当時思ったものだ。

まず行動が非常識だし、それを電波に乗せて平気な神経も非常識であると怖くなったのだ。

記事では、船越が離婚を望む最大の理由が「執拗なDV」だという。

やっぱりね、携帯を鍋で煮るぐらいの激しい女性である、あり得る話だと多くの人が思ってもおかしくない。

記事中でショックだったのは、船越が故・川島なお美と過去に交際していたことを自著で暴露した際、たしなめる夫に『死んだ女がどうなろうと自分には関係がない。本が売れればいいのよ』と言い放ったという部分である。

この部分の真偽はともかくとして、身近な人からも「このようなことを言ってもおかしくない」という評価をもらっていたのは間違いないだろう。

週刊文春、今号についての編集部の対応についての松井側の動画(YOUTUBE)を見たが、どうにも自分の納得のいく記事を要求した松井に編集部が無視したというのが真相のようだ。

それにしても、松井の鬼気迫る動画とか泰葉の言動とか、もうリアルサイコである。

ものすごく怖い。

そんな恐怖に長年さらし続けられてきた「バイアグラ100ml男」「フニャ越英一郎」の愛称で親しまれている船越氏だが、家庭外に逃げたくなるのは当然でしょうね。

 




2位 渡辺謙軽井沢“落武者生活”をスクープ撮!

引き続き、夫婦仲が悪くなっている人の話。

渡辺謙は現在、軽井沢に住んで別居状態とのことである。

ただ記事によればこの別荘の建物は妻の南果歩の会社名義のものらしい。

「サムライのサスライはいつまで続くのか?」とダジャレで締めている。

4位のダジャレ3連発といい、今週は文春は絶好調である。

 

3位 加藤一二三猫と借金とクリスチャンな日々

今や、ひふみんはゆるキャラ的存在として大人気であるが、将棋の実力はもちろん、実は変人ぶりでも知られてきた。

伝説の一つとしては、箱根の旅館で対局した時に「滝の音がうるさい」と滝を止めさせようとしたとのこと。

対局中にチョコレートを十枚食べたり、対局中にカキフライ定食とチキンカツ定食を二つとも食べたりもしていたらしい。

またそういう変わった人物なので、敷地内で野良猫にエサをあげ続け、近所が苦情を言っても聞く耳を持たなかったとか。

本人は「エサやりを止めたら死んでしまうので、途中放棄はできません」というが、なにやらゴミ屋敷の主人の言い分に近い気がしてくる人だな。

猫の件も含め、現在マネージメントをしているナベプロが代わりに対応してくれたようだが、本人にとっても藤井君から有名になれてよかったのかもしれない。

事務所の折角の火消しを、本人が勝手にしゃべってぶち壊してしまうのが心配。

 




4位 CATCH UP

だじゃれ3連発の白黒写真である

小池知事をバックに「しゅっと制圧」

都民ファースト当落表を画像に「あんたが大勝」

安倍首相がそばをすすっている画像に「言ってるソバから大逆風」

つかれる。

 

5位 有村架純の姉に“妹の七光”について聞いてみると…

有村藍里(26)というのが有村架純の姉である。

記事によると芸能歴は架純より長く、「新井ゆうこ」名義で16歳から活動していたそうだ。

顔はあまり似ていない。

架純の姉とバレたときはショックだったとのこと。

ボクもテレビで見たが、ロンドンハーツの水泳大会に出演した際、架純の姉だということを必要以上にアピールして”売名行為””便乗商法”などと視聴者から非難の声があがったとか。

バカラシイ

非難する人たちは、彼女と同じことができるのか?と思う。

藍里がロンハーに呼んでもらえた理由考えて、自分が期待されているであろう行動を全力でがんばった姿は美しかったと思う。

芸能歴も長い自分が、妹の名前を出して「売名」することにプライド以上の情熱で実行したことはとても素敵である。

広瀬アリスの例もあるし、妹と違う分野(バラエティ)で大化けする可能性はまだまだある。

視聴者の声にめげずに頑張ってほしい。

(ロンハーでもがんばっていました↑)

 

【週刊誌のGJ記事】

 

(週刊文春 7/13号 目次)
・原色美女図鑑 高畑充希
・CATCH UP
・安倍首相に鉄槌!
・下村元文科相に新疑惑
・加藤一二三猫と借金とクリスチャンな日々
・船越英一郎が松居一代に離婚調停 全真相
・野球の言葉学 イチロー マイアミ・マーリンズ
・飯島勲の激辛インテリジェンス(196)
・それでも社長になりたいあなたへ(13)宋文洲
・THIS WEEK
・夜ふけのなわとび 林真理子
・この人のスケジュール表 エレノア・コッポラ、片山杜秀、佐藤わか子
・いまなんつった? 宮藤官九郎
・考えるヒット 近田春夫
・人生エロエロ みうらじゅん
・週刊藝人春秋 Diary 水道橋博士
・タンマ君 東海林さだお
・0から学ぶ「日本史」講義 出口治明
・ぶらりわが街 大人の散歩 離島編
・川柳のらりくらり 柳家喬太郎
・泥濘 黒川博行
・てこずるパズル
・言霊USA 町山智浩
・ミルク・アンド・ハニー 村山由佳
・ツチヤの口車 土屋賢二
・ヘンな食べもの 高野秀行
・新・家の履歴書 松井孝典
・日々我人間 桜 玉吉
・沢村さん家のこんな毎日 益田ミリ
・見もの聞きもの
・文春図書館
・眞子さまと紀子さま「プリンセス母娘秘話」
・欽ちゃんのボケないキャンパス珍道中(25)
・「脊柱管狭窄症」にご用心
・堂本剛“硝子の中年”の悲劇
・ワイド特集 ヒアリとした瞬間 渡辺謙軽井沢“落武者生活”をスクープ撮!
・全国侵攻中ヒアリ対策の切り札は“ゾンビバエ”? 有村架純の姉に“妹の七光”について聞いてみると…
・人気急上昇滝沢カレンサイパン婚前旅行の“お相手”
・乃木坂超え!草刈正雄写真集を買っているのは誰?
・伊藤理佐のおんなの窓/読者より/表紙はうたう(和田誠)
・CATCH UP
・人生が変わる水族館ベスト5
・CATCH UP
・情熱の刺繍アーティスト 沖潤子のPUNKな世界
・食堂見聞録
・おいしい!私の取り寄せ便