『chouchou(シュシュ)』上白石萌音 2016年 レビュー

上白石萌音「chouchou(シュシュ)」レビュー

「上白石萌音」 とは

上白石萌音という名前になじみのない方もいるかと思いますが、映画「君の名は。」の宮水三葉の声を演じたと言えば知らない人は少ないかもしれないですね。

声優業もこなす女優さんで、映画「舞妓はレディ」では主役を演じ、同作監督の周防正行は「平成のオードリー・ヘップバーン」と絶賛しています。

このアルバムで彼女の表現力を体験してしまうと、最大限の賛辞にも納得です。

ちなみにこのアルバムの発売時に商業施設でフリーライブが開催され、その時に新海誠監督からお祝いの言葉と彼女の歌評をメッセージとして贈られています。

実に的確で素敵な言葉なので、みんなに見てもらいたくて文字で起こしてみました。

アニメーション監督の新海誠です。

神木君はきみの声を、バイカル湖のように世界一透明だ、と表現して、RADWIMPSの洋次郎さんは、疲れた身体をつつむ毛布のようだ、と言っていました。

僕は萌音ちゃんの声は、細くて長い針のようだと思います。
知らない間に耳に差し込まれて、心の奥の柔らかな部分まで届いて、そこをそっと刺すような、甘く懐かしくて、愛おしい痛みをもたらす声です。

萌音ちゃんの歌声を初めて聞いたとき、この人は歌うべき人なのだ、と、少しの寂しさとともに強く思いました。

萌音ちゃんが感じた世界の輝きを、この先もどうか、僕たちに伝え続けてください。
僕たち、「君の名は。」チームは、萌音ちゃんが世界のどこにいても、ずっと君を応援しています。

 新海監督のコメントにボクもほとんど100%賛成です。

彼女の声は、心に沁みます。

ちょっと痛いですが(笑)

アルバム「chouchou(シュシュ)」 とは

上白石萌音のファースト・アルバムで、オリジナル曲は1曲も入っていない、いわゆるカバーアルバムです。

ちなみにchouchouはフランス語で「おきにいり」の意味。

彼女がずっと好きで歌っていた曲が入っているんだと想像できます。

先ほどの新海監督のコメントにもありましたが、彼女の声の魅力は一種独特です。

新海監督は「愛おしい痛み」をもたらすと表現しましたが、ボクには彼女の歌声は辛いだけの「痛み」に感じることがあります。

それは曲のもつ切なさ悲しさを、全て自分一人で背負い込むように歌うためです。

———————————————–

彼女は女優さんなので、経験していなくても想像だけでそういう気持ちで歌えるのかもしれません。

それでも、例えば自分の娘には収録曲「366日」を歌う萌音さんみたいな気持ちを経験してほしくないと思います。

何かあったら手助けできる位置にいてほしいと願います。

———————————————–

一方、上白石萌音は、全て一人で背負った上でとつとつと歌いあげ、歌の主人公の切なさ悲しさをリスナーに完全に届けます。

ボクは、その切なさを感じて歌っている萌音さんを手助けできないジレンマに「痛み」を強く感じてしまうことになるのです。

———————————————–

それだけに、反対に聞こえるかもしれませんが「悲しい雰囲気をまとった切ない歌」を歌わせたら彼女は最高の歌い手です。

このアルバムは全て「悲しみ寄りの切ない曲」で構成されており、上白石萌音の魅力を十分に引き出しているといえます。

———————————————–

またアルバム全曲が映画由来のカバーとなっており、「On My Own」「SMILE」などは見事な英語で歌い上げています。

全部英語の「On My Own」をデビュー前から好きで口ずさんでいるって、そんな人は歌に真面目に取り組んでいる人以外にはまずいないでしょう。

そういった意味でも、名前が売れて片手間に出したアルバムとは一線を画します。

個人的には、次は「トキメキ色の強い切ない曲」を歌う上白石萌音も見てみたい気がしていますが。

———————————————–

ボクはamazonプライムの会員なので、たまたま会員無料で聴けるこのアルバムを見つけました。

5曲目の「なんでもないや」のタイトルを見て、「あれ、君の名は。の劇中ではRADWIMPSじゃなかったかな?」と聴いてみたのである。

そして、歌を聴いて、上白石萌音が三葉の声と知って、ますます劇中歌の真偽が分からなくなってしまっていた。

それほど上白石萌音は、自分の曲として完成度高く歌い上げていたのです。

(実際には劇中歌は萌音さんじゃなくてRADWIMPSでした)

映画「君の名は。」で泣いた人には絶対にお勧めの1枚です。ちなみにボクは号泣組でした(..;)

曲 目

  1. 366日
  2. Woman “Wの悲劇”より
  3. 変わらないもの
  4. On My Own
  5. なんでもないや(movie ver.)
  6. SMILE

1. 366日(映画『赤い糸』主題歌)

この曲をきちんと聴くのは今回が初めてでした。

普段は全く歌詞を見ないで歌を聴くのですが、レビューを書くときには歌詞を見ながら曲をリピートして聴き続けます。

やばいですね、この歌詞+萌音さんの声、全然自分の体験とは離れているのに泣けてきます。

こういうの、もらい泣きっていうんですかね。

なんとも思っていない子でも、女子がこんなふうにとつとつとつらい気持ちを話し始めたら、間違いなくもらい泣きしちゃいますよね。

(歌詞より抜粋)

叶いもしないこの願い
あなたがまた私を好きになる

(歌詞より抜粋)

おかしいでしょう? そう言って笑ってよ
別れているのにあなたの事ばかり

上白石萌音がこんな歌詞を歌うと、涙腺が刺激されっぱなしです。

366日
上白石萌音
¥ 250

2. Woman “Wの悲劇”より(映画『Wの悲劇』主題歌)

元々の曲は薬師丸ひろ子が歌っていたもので、作曲者のユーミンもアルバムでカバーしています。

実ははじめてこのアルバムを聴いたときに、最初に「SMILE」を聴き、「あ、薬師丸ひろ子と声質が似ている」と感じたのです。

その後、この曲が収録されているのを知り「やっぱりね!」と勝手に満足したのでした。

逆に同じ曲だけに、薬師丸ひろ子の歌との違いも自分なりにハッキリしました。

それは、薬師丸ひろ子の声質は独特でやさしくて、一種のファンタジーのように響きます。

切ない歌も、元気を出してと励ます歌も、不純物を取り除いた夢の世界のように響くのです。

一方、上白石萌音がこの曲を歌うと、もう少し人間寄りの歌として聞き手に印象を残します。

これは良い悪いの話ではなく、自分が歌詞の当事者になったような気持ちになるのです。

そして、人間らしく声の端々に「痛み」を感じるのです。

(歌詞より抜粋)

行かないで そばにいて
おとなしくしてるから
せめて朝の陽が射すまで
ここにいて 眠り顔を
見ていたいの

オリジナルでは壮大なファンタジーとして響いたものが、上白石萌音の歌は等身大の「切なさ」を取り出してみせてくれます。

Woman “Wの悲劇”より
上白石萌音
¥ 250

3. 変わらないもの(劇場版アニメーション『時をかける少女』挿入歌)

アニメ「時をかける少女」の挿入歌です。
ぼくはしばらくこのアニメーションを見ていなかったのですが、先日ついDVDをレンタルしてみてしまいました。
というのも、世代的に「時をかける少女」といえば原田知世主演の実写を思い浮かべてしまい、テレビ、映画、アニメで何度も焼き直しされているので、今更わざわざ見なくても、っていう気持ちがありました。
それで、アニメを観た感想は、良かったです。いや、なかなか。
焼き直しは焼き直しなのですが、今風の設定で丁寧に描かれており、何らイメージを壊されることはありませんでした。
で、「変らないもの」ですが、このアニメ以前にもう繰り返し100回ぐらい聴いていたので、逆にアニメのストーリーに引きずられずに消化することが出来ました。
いい、歌ですね。
この曲のコメントだけは、オリジナルソング「告白」の配信後に書いているのですが、この告白と歌詞の状況は同じなのですが、こちらの曲の方がより深く感じます。
萌音さんの声も非常に合っていますし、STUDIO LIVEということで生声の比重も高くなっています。
ぼくは、このアルバムを何度も何度も聴いていますが、「366日」「なんでもないや」そして、この「変らないもの」の再生回数が特に多くなっています。
原曲もアニメのストーリーも知らないまま、この曲を聴きましたので、ぼくにとっては完全に上白石萌音の曲になっています。
変わらないもの(Studio Live)
上白石萌音
¥ 250

4. On My Own(映画『レ・ミゼラブル』劇中歌)

映画『レ・ミゼラブル』の劇中歌である。

確かこの映画は何度かリメイクされているので、中のどれかの劇中歌なのか、全部に共通した歌なのか、ボクには分かりません。

1ついえるのは、この歌をうたうのは生半可な気持ちじゃ歌えないだろう、ということ。

ボクは基本的には日本語か歌詞なしの歌しか聴かないのだが、それでもそれを歌う圧倒的な歌唱力は分かります。

しかも最初から最後までアカペラで大きな声量で歌いきります。

これは音程の良さはもちろんのこと、萌音さんはすごくリズム感が良いんだと思います。

布袋のギターのように安定感があるのです。

ところでこの歌の詞なのですが、ずいぶんと寂しい詞です。孤独な女性の詞です。

この曲に惚れ込み、更に歌いたいと歌手になる前から練習していた上白石萌音はやはりちょっと違います。

スゴイと思います。

On My Own〔from musical “Les Miserables”〕(Studio Live)
上白石萌音
¥ 250

5. なんでもないや(movie ver.)(映画『君の名は。』主題歌)

あるテレビ番組で、上白石自身がこの曲について語っていました。

(上白石萌音のコメント)

最初はやっぱり三葉の気持ちで歌っていたんですよ。

本当にこう三葉の言葉として歌ってたんですよ。

でも、途中で間奏に入ったときに、「カタワレ時」ってあったじゃないですか。

あそこの映像がパッと頭に浮かんだんですよ。

その後気づいたら瀧(タキ)君の気持ちになってたんですよ。

入れ替わってたんです。

結果的に、計画してたわけじゃないんですけど、だからなんだかこう、二人の曲になったなあと、私の中ですごく思っていて。

自分が声を演じた役柄と密接な曲だけに思い入れはすごくあるのでしょう。

上白石と「君の名は。」は僕自身まだ切り離せない存在なのでこの曲はアルバム中でも特別な曲です。

まるで彼女のために書き下ろしたように等身大の上白石萌音にピッタリと合った曲、歌詞です。

まず、アカペラでの歌い出しにやられてしまいますね。

アルバム全般にいえるのですが、彼女の声を生かすためにアレンジは楽器が最小構成になっており、ピアノに乗せた彼女の声が、語りかけるようにしゃべるように響いてリスナーを魅了します。

ところで歌詞について。

(歌詞より抜粋)

いつもは尖ってた父の言葉が

今日は暖かく感じました

優しさも笑顔も夢の語り方も

知らなくて全部 君を真似たよ

冒頭の部分にこの歌詞があるんだけど、これがあることで聴く人の対象がすごく広がる気がします。

大部分の人は映画の筋をなぞるように恋愛混じりの運命の歌だと思うだろうし、最後の行の「君」を「父」だとすると父への想いを歌ったようにもとれる。

洋次郎さん、すてきです。

なんでもないや(movie ver.)
上白石萌音
¥ 250

6. SMILE(映画『Modern Times』挿入歌)

前記しましたが、この曲を聴いて薬師丸ひろ子と声が似ているなと感じました。

「On My Own」同様、この歌に共感して歌いたいと思えるその感性は(僕には全くないという意味で)素晴らしいと思います。

この歌の詞の意味は、つらいときも微笑んでいれば、きっといいことがあるよと、切ない歌です。

萌音さんの声が、母親のように暖かく響きます。

SMILE
上白石萌音
¥ 250


↓CD購入はこちらから

このアルバムは、以下の音楽配信サービスに会員登録することで全曲聴くことができます(2017.2.22現在)