Wifi契約は大手がおすすめ、の大きな理由

みなさんは、自宅でのインターネット接続にどんな回線を使っていますか?

まだフレッツ光などの固定回線の方も多い思いますが、徐々にWIFI回線を契約して外出時に持ち運んでいる人も増えているのではないでしょうか?

ボクも6年ぐらい前からWiMAXのWIFI回線を契約して自宅内外で持ち運びしています。

まだWIFI回線が発展途上(規格が変わってきている)と言うこともあり、ボクは必ず2~3年間の契約の縛り期間が終了すると解約し、また別の回線へ新規契約することにしています。

ですので、現在3社目の利用となります。

そんなボクがおすすめするwifi会社は、ずばり誰もが名前を知っている「大手」の会社です。

大手の会社と言っても、特段ここしかない、というようなことではなく、どこでもいいから名前を思い出せるぐらいの会社と契約したほうがいい、という意味です。

プロバイダが違うだけで実質は数社しかない

実際、何社もWIFIを契約していますが、そのほとんどが、WiMAXであったり、ポケットWIFIであったり、と提供する入れ物(基本サービス)はほとんど同じなんですね。

つまり、ほとんど同じ足回りに付加価値を付けてプロバイダとして、違う値段でWIFIサービスを提供しているのです。

もちろん、WiMAXのサービスエリア、ポケットWIFIのサービスエリアというように、基本サービスとしての電波の強弱はありますが、プロバイダ別の電波の範囲やスピードの上下は殆どありません。

つまり重要なのは、元のサービスがなんなのかを把握することで、どの会社を選べば良いかというのはそれほど重要ではないのです。

では何故、大手がよいのでしょうか?

ボクの経験から話をします。

WIFI契約と言っても、ネット上でときどきやっているキャンペーンで安いところを選んで契約しますが、大概次のような条件付きが多いです。

  1. はじめの数ヶ月~1年程度は割引料金適用
  2. 2~3年の契約の縛りあり(途中解約は違約金として1万円程度の出費)
  3. 違約金なしで解約できるのは契約縛り期間後の1ヶ月のみ(契約更新月)
  4. 提供会社との連絡は、電話なしでメールフォームのみ

 1~3番はしょうがないにしても、4番はひどいですよね。

実際にボクが今契約している会社は、メールフォームでの連絡だけです。

このような契約条件の中で、WIFIの規格が変わってきているので、がんばって、契約更新月に解約をして、別の会社で新規契約をしたい、とボクなんかは思ってしまいます。

でも意外と面倒なんですよ。

これを実現するためには、最低限次のことが必要です。

  • 契約会社と連絡方法を正確に把握しておく
  • 契約更新月(無償で契約解除できる月)を把握しておく
  • 契約更新月に間違いなく連絡する

これをプライベートできちんと把握しておける人であれば、大丈夫ですが、ボクの場合、不安でしょうがありません。



Wifi会社との薄っぺらな関係

というのも、Wifi会社との関係は契約状態にあるものの、非常に薄っぺらいものだからです。

自宅に光回線を引いている状態であれば、問い合わせ先等もいろいろ思い浮かぶのですが、WIFI会社との関係は、最初にWEBフォームで申し込みをし、クレジットカードで支払いをし、60cmサイズの荷物を受け取って、それだけです。

もちろんトラブルがあればいろいろとやりとりも発生するのでしょうが、WIFI端末の電源を入れて問題がなければ、本当にそれだけの関係なのです。

会社名を覚えてられるか? 連絡先を覚えてられるか?

そんな薄っぺらい関係の、会社名や、解約時期や、連絡方法を覚えてられるでしょうか?

もちろんWIFI端末には会社名の記載なしが普通ですし、小さい会社だと吸収合併で会社名が変更されていてもおかしくありません。

クレジットカードの明細を見て、「株式会社OSS(仮名)」なんて書いてあっても、どういった会社なのかもわからなくなっています。

なかなかにハードルが高いのです。

だから大手がいいんですよ

では例えばヤフーとかビッグローブとか、誰でも知っている大手だとどこが違うか、というと、google先生に「ヤフー wifi 解約」と打つだけで、問い合わせ先の窓口がすぐに表示されるという安心感があります。

そして、その窓口に電話で問い合わせれば、契約更新月は丁寧に教えてくれるでしょう。

この安心感は、大手ならではです。

逆に言うと、契約の不安感はWIFI契約ならではですけどね。

大手と言っても値段は最安値とそれほど変わりありません。

仮に差額があったとして、安心代だと思えば納得の差です。