GJ-週刊プロレス 7/26号 ケニー・オメガの野望!

HeHOです。

このページは2017年7月13日発売の週刊プロレス 7/26号を読んで、面白かった記事にコメントしています。

週刊プロレス  7月26日号(0726)

1位 ケニー・オメガのインタビュー

インタビュー記事を読んで感心したのは、ケニー・オメガの頭の良さ。

相手の求めている回答を出してくるということはもちろんあるんだけど、それよりも普段いつも考えているから出てくる回答の切れの良さだと思う。

一部紹介すると

「(オカダ60分戦を前提に)でも、本当は30分以内に相手を倒すようなレスラーにならなければいけないと思う

補足するなら「30分で観客を納得させたうえで勝てるレスラー」ということなんだろうね。

ボクはプロレスのことを

オレの対戦相手って本当強いだろ、でもオレのほうが彼より ちょっとだけ強いんだぜ!

って示す競技だと思っている。

ケニーなら十分にできると思う。



2位 新日本ロサンゼルス大会 第2弾

アメリカ・ロサンゼルス大会2連戦のチケットは4月はじめに売り出され、わずか2時間で完売になったとか。

なんだか、昔からの新日本ファンとしては非常にうれしく感じる。

アメリカでサーキット(巡業)をやりたい、と言っているのは獣神サンダーライガーである。

彼を実際に見れるだけでも、アメリカのファンにとってはうれしいことだろうな、と想像する。

もう10年以上前になるかとおもうけど、前日にたまたまノアのチケットを入手して、だれの試合があるかも知らないまま会場に行ったことがある。

そして、途中の試合で獣神サンダーライガーのテーマがかかった時には、体中鳥肌が立ってしまった。

いるはずのないノアの空間で、獣神である、うれしさも驚きも5倍にはなったと思う。

アメリカのファンはもちろん獣神が出場するのは知っていたはずだが、彼の言う通り地方を巡業してみんなにその雄姿を見せてほしい。



【週刊誌の Good Job 記事】

 

(週刊プロレス 7/26号 目次)

・ケニー・オメガ
・新日本7・2ロス
・ライオンズゲート7・4新宿
・馳浩、7・26マスターズで電撃復活!
・全日本7・5新木場&7・8横浜
・DRAGON GATE7・6後楽園
・戸澤陽
・21世紀の技解説
・紫雷イオの逸女でしょ!
・PHOTO自慢
・今週のテーマ「大日本・登坂栄児社長が語る 2017年の両国決戦」
・今週のクローズアップ「東京愚連隊7・19新宿大会直前情報 論外の見どころ解説&気合十分のCIMA」
・編集部発EYEコラム
・棚橋弘至のドラゴンノート
・天龍源一郎の龍魂時評
・プロレス史あの日、あの時
・組長に訊け!〜藤原善明による人生相談
・BASARA7・5新宿
・邪道伝〜大仁田厚が振り返る約40年のプロレス人生
・団体オフィスガイド
・団体別1カ月カレンダー
・MY TURNING POINT 小幡優作
・週プロmobile通信
・Champ Talk マイバッハ谷口
・日本プロレス主要団体チャンピオンリスト
・NEWS FILE
・YAMATOの今日のコラムも最高にカッコよかっただろ!?
・ウイークリー・カレンダー&編集後記
・大日本7・9博多
・大日本7・17両国直前特集
・ブライアン・ケイジ
・DDT7・9博多
・DNA7・4後楽園
・IGF・NEW7・7後楽園
・鈴川真一
・ZERO1 7・9露橋
・FREEDOMS7・5後楽園
・コスチューム研究 石森太二
・2017年主要女子団体上半期MVP発表!
・カサンドラ宮城
・WWE・RAW7・3フェニックス
・WWE・SmackDown7・4フェニックス
・週刊プレゼント