『ピースサイン』米津玄師 2017年 レビュー

米津玄師『ピースサイン』レビュー

このシングル

『ピースサイン』は、2017年6月21日発売された米津玄師 7枚目の作品です。

 

ボクが米津玄師をはじめて聴いたのは、前シングル『orion』だけど、なんだか繰り返し聴きたくなっちゃうんですよね。

何が引っかかるのか、気になるのか特定できないけど、他の曲曲の間についつい再生してしまう、っていう。

そういう気になる曲って、大体、歌詞に心のどこかに触れていて、何十回も聞き返した後に、あ~この歌詞はそうだよね、共感できるよね、ってことが多いみたいに思う。

 

そしてこの『ピースサイン』は歌詞を見ないまま何度か聴いてみて、もっと強く明確に惹かれてしまう。

まず、圧倒的にアレンジがいい。

4曲目に入っているのが同曲のInstrumental(カラオケ)であるが、これだけ聴いていても飽きることがない。

非常に気持ちのいい疾走感に溢れるビートのアッパーチューン(表現は音楽サイトからぱくりました)である。

 

下にもリンクを貼ったが、発売日当日ですでにYOUTUBEの再生回数は500万回を超えており、現在もどんどん延びている。

2時間後にチェックしたら10万再生増えていた。

人気アニメの主題歌と言うこともあるが、何と言っても圧倒的に曲がいいのが要因であろう。

大注目の1枚である。

 

ところで、この曲のCD収録は3分57秒であるが、YOUTUBEでは(当然)動画付きで4分24秒の構成になっている。

正直、今ってそうなの?と思ってしまう。

「動画はショートバージョンで、興味を煽るだけにしてCDの売上げに影響しないように」なんて、考えているボクはやはり古い人間のようだ。

CD初回プレス版には2017ライブツアー最速先行予約の特典付である。

オークション、フリマサイトでチェックしたら、その「予約券」だけが、CDと同じ値段で多数出品されていた。

一体、CDの価格って何の値段なんだろう?



 曲 目

  1. ピースサイン
  2. Neighbourhood
  3. ゆめくいしょうじょ
  4. ピースサイン(Instrumental)

 

 

1.ピースサイン

アニメ『僕のヒーローアカデミア』のオープニング曲である。

同タイトルのマンガは米津自身、大好きだという。

前シングル「orion」はアニメ『3月のライオン』の主題歌であったが、引き続きアニメからのオファーである。

米津自身は、アニメ「デジモンアドベンチャー」世代であり、主題歌「Butter-Fly(和田光司)」がパワーをくれた、それに負けない曲を作らなくちゃいけない、との思いを語っている。

不思議な物で、アニメの動画でこの曲を聴くと、納得のアニメソングであるし、米津自身のPVをみるとアニメの雰囲気すら感じられない。

どちらにしろアニメソングのオファーは、米津のアーティストとしてのポジションが認められているということと、アニメ現場という別のクリエーター集団からクリエーターとしても認められていることを意味すると思う。



2.Neighbourhood

この曲は、生活に根差した自分と話しながら作ったという。

当時のつらかった出来事、くすぶっていた感情を抽出して、今の自分と対比させながら形にしていったと。

米津玄師のインタビュー記事などをいくつか読むと、自分の歴史の負の部分から世の中をみている感じを受ける。

その分、曲を書くにあたって自分と向き合う姿勢は真摯であり、そこからできあがる曲はフィルターを通したように「真っ直ぐ」である。

この曲もそういった1曲です。

3.ゆめくいしょうじょ

ハチ名義でボーカロイド用にプロデュースした「沙上の夢喰い少女」のセルフカバーである。

オリジナルからテンポを落とし、自身の曲として昇華している。

ボーカロイド曲もチェックしてみたが、両方とも何度も聞きかえすほどのファンか、同じ曲だと知識として知っていないと、印象としては同じ曲を歌っているとはボクには思えないほど、収録曲は米津自身の歌となっている。

4.ピースサイン(Instrumental)

タイトル曲の(Instrumental)カラオケです。

アレンジ大好きです。


『orion』米津玄師 2017年 レビュー