青山和弘 一番哀れなのは15歳年下妻!松尾英里子【FLASH】

最新の広告







FLASHフラッシュ 9/25号 青山和弘 の15歳年下妻が一番哀れ!松尾英里子

日テレ記者 青山和弘の15歳年下妻が涙の反論「事実無根」

元々の事件は、日テレ記者である青山和弘がニュースゼロのサブキャスターに就任することが決まった時のことである。

青山自身に醜聞があると、リニューアルしたばかりのニュースゼロが大きなダメージを負ってしまうということで、身体検査が行われた。

もちろん健康ではなく、生活全般のそれである。




そうしたところ女性の醜聞がわき上がり、具体的に特定できただけでも二つの問題ある女性関係が浮上。

一つは未遂で、もう一つは若いスタッフを食事に誘い、酔わせたついでにホテルでしてしまった、という話。

上層部は、大先輩の食事の誘いを事実上断れなかったことなどから、青山をクロと断定、左遷人事が行われた。

そしてもちろんニュースゼロのサブキャスターの話は白紙となる。

そしてこれに噛みついたのが、FLASHでのインタビューに答えた15歳年下の妻で、元日テレアナウンサーの松尾英里子。



(FLASHから引用)

夫のセクハラ疑惑に、妻である松尾の胸中はいかばかりか。自宅近くで声をかけると、激しい言葉が返ってきた。

セクハラの件について、ご主人から説明は?
「セクハラなんてなかったんです。主人は潔白です!」

潔白ならば、なぜ降板し、左遷されたのですか?
「サブキャスターは候補の1人だっただけで、決まっていたわけじゃない。選ばれなかったのは、演出上の総合的判断とだけ聞いています。夫ももう50歳です。記者を十分やって、退社までの10年をどう過ごすか考えたときに、彼なりの決断だったと思います。左遷というにはもったいないくらい贅沢な部署に就かせてもらっています。セクハラだったら謹慎とか処罰を受けるはずですけど、一切ないんです。普通に出社してますよ」




被害者とされる女性は日テレ社員ですが、ご存じで?
「記事には女性本人の話も、写真もないですよね。女性関係は立証しようがないから、こんな記事が出る。私としては、法廷で争ってもいいとさえ思っています。証拠がありましたら謹んで報道を受けますけど、とても納得のいくものではないです!」

旦那さんを信じる奥様の熱意はよく分かりますが、話を大きくするのは止めた方がいいですよ。

青山氏本人は、この件ではだんまりを決め込んでいますし、記事の他の部分によると日テレの同僚の間では女グセの悪いのは有名で、今回の件を驚く社員は少ないという。

(同記事より)

青山氏は報道局の解説委員兼政治部副部長を務めていた。安倍晋三首相(63)とパイプを持ち、番組出演の機会も多かった。だが、女性関係の評判は、よくなかった。
「青山氏は、とにかく若い女好き。今の奥さん(松尾)は15歳下ですが、結婚前はほかにも同じくらい年下の女性とつき合ってましたね。取材の手柄話や、仕事上のアドバイスをして口説くのが、上手なんです」(日テレ関係者)



深入りすればするほど、傷つくのは奥さんのようですね。

特に今回問題が訴訟など大きくならずに助かっているのは青山氏本人とみられます。

相手の女性が訴えれば無傷ではすまないでしょうし、何より傷ついているのは妻よりもその女性の方かもしれません。

温情で結構良い部署への左遷してもらったという感じもしますし、騒ぐだけ旦那、青山氏のためにならないのは間違いありません。




また事が大きくなれば、青山氏の女グセが悪さなど、聞きたくもない噂も耳に入るでしょう。

正直、第三者のボクからみて、15歳年下の女性と(おそらく)初婚で結婚する時点で「あ~あ、持ってかれちゃったのね」と手慣れた女性扱いを連想してしまいます。

怒りを外部に向けないで、家庭内の立て直しを優先してくださいね。



[こちらの記事もオススメです]
■テレビの切り抜き
■週刊誌の切り抜き
■ちょいエロTV

最新の広告