塚原千恵子 朝日生命体操クラブの経営形態!やはり金【週刊文春】

最新の広告







週刊文春 9/13号 塚原千恵子 朝日生命体操クラブの経営実態!金が泣く!

塚原千恵子の「往復ビンタ、腹蹴り」

この記事を読むまで、ものすごく勘違いしていました。

朝日生命さん、少しだけゴメンなさい。

てっきり朝日生命も承知の上で、朝日生命体操クラブを運営しているものと思っていました。

違いました。

完全なる塚原家の私企業なんですね。




(週刊文春から引用)

その結果、直也氏は、○四年のアテネ五輪団体で金メダルを獲得、日本の五輪史上初となる親子での金メダリストとなったが、朝日生命体操クラブの運営は大きな岐路を迎えてもいた。
「景気の低迷などによって経営環境が悪化した朝日生命はリストラに着手し、福利厚生の一環として抱えていたテニス部や野球部、バレーボール部の廃部を決定したのです。体操クラブは残されたのですが、塚原氏は○二年四月に新会社を設立。その会社を朝日生命が協賛するという新たな体制で運営を行なっていくことになったのです」(同前)



なるほど、なるほど、謎が解けました。

朝日生命体操クラブの名前は残っていても、実質は塚原夫妻の私企業なんですね。

そして朝日生命は協賛という形でお金だけ出して、いつでも抜けられるようにしていると。

確かにホームページを検索しても、出てくるのは塚原体操センターのページ

そしてそのページ内に、朝日生命体操教室、朝日生命体操クラブの項目が入っています。



(塚原体操センターホームページから引用)

名称 有限会社塚原体操センター
所在地 〒157-0061
東京都世田谷区北烏山5丁目18-12 朝日生命久我山体育館内
電話 (03)3326‐5688(代表)
ファックス (03)5384-0682
ホームページ http://www.tsukahara-taisou.com/
代表 塚原 光男
設立 平成14年3月12日



なあんだ、分かりやすいや。

協賛 = 金銭または物品等の支援

朝日生命から体育館の使用と、お金だけ出してもらって、残ったお金は全部自分たちの財産にしていたわけだ。

そりゃあ、選手の引抜きにも本気になるわね。

その行為が本業だし、体操クラブが自分たちの人生そのものだもの。

そりゃあ、国からオリンピックのコーチ代を出してもらって、自分の所のコーチの人件費に充てるわけだわね。

もう、この儲けの構造が分かっただけでも、ボクの中で塚原夫妻は完全にクロになりました。

それにしても、スポーツ庁あたりが、協会関係者と選手育成側が利益相反にならないようにガイドラインでも作らないとおさまらないよね。

他のスポーツもどうせ似たり寄ったり、とか言ってみる。

最新の広告