谷岡学長パワハラの歴史_至学館では当たり前?【週刊文春 3/29号】







HeHO(ヒーホー)です。

週刊文春を読んで、面白かった記事にコメントしています。

週刊文春 3月29日号(0329)

谷岡学長の「裏の顔」と栄強化本部長の「汚れたカネ」

この記事のポイント

  1. 谷岡氏は32歳で学長就任も「資格なし」と裁判沙汰に
  2. 参院選選挙違反でスタッフ起訴 議員会館からは怒鳴り声
  3. 指導実体のない栄氏妻にコーチ名目でJOC強化費720万円
  4. 「至学館に来い」と現金で勧誘



谷岡学長の会見こそ「パワハラ」だった

谷岡郁子という名前に聞き覚えはありますか?

至学館の学長で、先日伊調馨のパワハラ問題会見で「そもそも伊調馨さんは選手なんですか?」と暴言を吐いた人物と言えば、ピンとくる方も多いと思います。

さすがにこの発言には非難が殺到して、至学館関係者も『あの会見こそがパワハラだ』と批判が多いと証言しています。

というか、元々栄氏を雇っている加害者側の学長が、よくよく調査もしないで、会見をする意味が分かりませんよね。

自分の言いたいことだけ40分しゃべって、パワハラがあったかどうかは「わかりません」と締めるその姿勢はかなり疑問に感じます。

今回の谷岡氏といい、相撲協会問題時の池坊氏といい、そういえば女性の元議員でしたね。

どうりで、自分が当事者でもない話に主観だけでモノ申す自己主張の強さがあると思いました。



谷岡学長の裏の顔

もともと、なぜ彼女が学長であるのか?というと、単純に親が複数の学校を経営してたから。

つまり完全に世襲ですね。

そういう人生を歩んできた彼女の性格は、小学生時代のこのエピソードからも気の強さが垣間見えます。

ある日上級生からラブレターをもらった際に、「あなたの通信簿と顔を鏡に映してらっしゃい」とピシャリと振ってしまったそうである。

要は、そういう風に育てられた人なのである。

そして彼女がはじめて学長になったのは、中京女子大で32歳の時。

当時、英語の講師として同大学に勤めてはいたものの、その他の経験は一切なし。

谷岡氏の学長就任に異を唱えた3人の教授は即刻解雇。

学長であればなにをしても許されるという、彼女のパワハラ気質は昔から変わっていない。

そしてこの件で裁判は4年間続き、教授側への解雇処分を撤回する合意で和解した。

やはり、無理筋の解雇だったわけである。

そしてその後、吉田沙保里や伊調姉妹の人気のお陰で国会議員に当選するも、違法すれすれの下品な売名行為が批判を浴びた。

また事務所の中からは『お前、この世界にいられなくしてやろうか!』という怒鳴り声が頻繁に聞こえたり、秘書の間では『谷岡事務所だけはやめておけ』という共通認識が出来上がっていたらしい。

豊田元議員を思い出しちゃいます、女性のヒステリー議員!

と、こういう経歴の彼女であるので、まったく空気を読んでいない谷岡氏が『あの会見』を開いたとしても、あれはあれで『彼女の性格』なんですね 笑

栄和人にまつわる汚れたお金問題

伊調馨と栄和人との本筋の問題に戻すと、今号の文春では栄氏のお金の問題を報じている。

それによると少なくとも2007年から2012年までの間、指導者の実態もないのに妻の名前を登録して日本スポーツ振興センター(JSC)から720万円の助成金をせしめたということである。

これはその登録されていた選手の言質もとってあり、栄氏の妻からコーチを受けたことはただの一度もなかったという。

また、至学館の教え子がイベントに出演する際に、出演しない自分の分のギャラも要求していたという。

具体的には、登坂絵莉のイベント出演を40万円で依頼すると、栄氏に別に20万円払うよう要求されている。

最後は、レスリングのスカウトに使うお金。

高等学校体育連盟は高校生が金品を受け取ることを禁じているが、栄氏は至学館にスカウトしたい選手には平気で財布からお金を取り出して渡していたそうである。

そのせいかどうかはわからないが、栄氏の住まいは愛知県内の高層マンションの最上階、駐車場にはレクサスが2台あるという。

レスリングの監督ってそんなに儲かるんですか?

レスリングを使った錬金術ですしょうか?

こういった問題はきちんと調べれば、当事者がきちんと証言してくれるはずなので、放置はしないでもらいたいな。

※この記事の内容には、他メディアからの知識、筆者自身の思い込みが混在しているため、元記事に忠実ではありません。興味のある方は対象雑誌を直接確認ください。

伊調馨パワハラ問題の関連記事



[こちらの記事もオススメです]
■週刊誌の切り抜き
■テレビの切り抜き
■ちょいエロTV

(週刊文春 3/29号 目次)

・原色美女図鑑 広瀬すず
・CATCH UP
・安倍首相夫妻の罪と罰
・財務省理財局“自殺の連鎖”男性係長に続き女性職員まで? 加計獣医学部“証拠文書入手”説明会に今治市が教職員を動員
・ついに安倍倒閣!?“小泉純一郎・進次郎”の「親子戦線」
・ノーベル賞 根岸さん妻“交通事故死”のナゾ 飯塚真紀子
・倉持弁護士元妻“慟哭手記”「山尾志桜里さん、夫と息子を返して」
・飯島勲の激辛インテリジェンス(227)
・野球の言葉学 イチロー シアトル・マリナーズ
・それでも社長になりたいあなたへ(46)宋文洲
・THIS WEEK
・この人のスケジュール表 小田真規子、湯浅 誠、金井美恵子
・夜ふけのなわとび 林真理子
・いまなんつった? 宮藤官九郎
・考えるヒット 近田春夫
・人生エロエロ みうらじゅん
・週刊藝人春秋 Diary 水道橋博士
・ビートたけし「ゴンちゃん、またね。」
・ビートたけし自作を語る 岸川 真
・川柳のらりくらり 柳家喬太郎
・てこずるパズル
・フィデル! 海堂 尊
・タンマ君 東海林さだお
・0から学ぶ「日本史」講義 出口治明
・ラストライン 堂場瞬一
・人生論ノート 万城目学
・言霊USA 町山智浩
・ミルク・アンド・ハニー 村山由佳
・ツチヤの口車 土屋賢二
・新・家の履歴書 吉田 類
・日々我人間 桜 玉吉
・沢村さん家のこんな毎日 益田ミリ
・ヘンな食べもの 高野秀行
・見もの聞きもの
・文春図書館
・時々砲弾 宮崎哲弥
・ぶらりわが街 大人の散歩 離島編
・谷岡学長の「裏の顔」と栄強化本部長の「汚れたカネ」
・老けない「最強の漢方食」
・「花粉症はこうして防げ!」
・ワイド特集 理性を欠いた時間 ティラーソンも! トランプにクビを切られる「10の理由」
・宮沢りえ結婚 森田剛母は「蜷川幸雄さんのおかげです」
・「クレームブリュレが好物」車椅子の天才ホーキング博士逝く
・“国民の愛人”橋本マナミが山拓センセイに「飲みますか?」
・伊藤理佐のおんなの窓/読者より/表紙はうたう(和田誠)
・大人気話芸ユニット「成金」が行く!
・CATCH UP
・さくらスイーツ美味満開
・さくらの器で華のティータイム
・さくらのお酒