GJ-週刊文春 9/7号「24時間マラソン」ブルゾンちえみだった理由







意をHeHO(ヒーホー)です。

このページは2017年8月31日発売の週刊文春 9/7号を読んで、面白かった記事にコメントしています。

週刊文春  9月7日号(0907)




大山鳴動してブルゾンちえみ「24時間マラソン」消えた本命

今年の24時間テレビのチャリティマラソンを担当したのはブルゾンちえみだった。

当日は放送がはじまってもなかなか発表されないことに記者もいらだっていた。

それもそのはず、内部でも徹底した情報統制がしかれ、事前に知っていた人は十人程度という。

では、ブルゾンはすんなり決まったのだろうか。

決してそうではないらしい。



今年の頭に名前があがったのがベッキー、しかし打診して断られた。

次に手越祐也と市川海老蔵。

しかし警備上の理由でジャニタレは早い段階で消えていた(本当は流出写真の影響かも)

海老蔵も内々で名前が挙がった程度らしいが、奥さんが亡くなったばかりの海老蔵では賛否の否の声が大きくなったかもしれない。

そして最終的に放送一ヶ月前に落ち着いたのが陸上経験者のブルゾンだったという。

この決定には、ブルゾンの事務所が全面的にバックアップしてくれたので、それも決め手になったとか。

通常は、長い準備期間と、走った後も体調を元に戻すのに時間がかかるだけに、事務所のバックアップはないと困るモノらしい。


そして、ブルゾンマラソンの結果は思いの外良くて、瞬間最高視聴率40.5%、トータルでも18.6%で番組歴代2位と絶好調であった。

芸能ジャーナリストによると「誰もが知っている若手芸人で、熱狂的なファンもいない代わりに、特に嫌悪感ももたれていない点が功を奏した」とか。

なるほど、20%前後の視聴率ともなると、特定の層だけに好かれていてもダメなんだね。

[こちらの記事もオススメです]

■ちょいエロTV



(週刊文春 9/7号 目次)

・原色美女図鑑 伊東紗冶子
・CATCH UP
・安倍政権の火薬庫 麻生vs.菅「修復不能な断絶」
・ワイド特集 時間よ止まれ さい帯血無届け移植で逮捕された「小林麻央の担当医」
・菊池雄星が本誌に語った二段モーションの真相とNPBの嘘
・大山鳴動してブルゾンちえみ「24時間マラソン」消えた本命
・草彅は酒のCM決定 SMAP退所三人衆の明日はどっち?
・市川紗椰の“マイタイム”熱愛発覚も「本命は別にいる」 「小池新党」若狭勝vs.野田数“自分ファースト”争い
・高橋一生 大河“磔シーン”に女性スタッフがうっとり
・炎上ツイッターにも丁寧に対応 真木よう子に何が…
・松山大臣秘書官妻が告発「私と娘は夫のDVに苦しんだ」
・「日本列島超えを」北ミサイル実験は予告されていた!
・野球の言葉学 菊池雄星 埼玉西武ライオンズ
・飯島勲の激辛インテリジェンス(201)
・それでも社長になりたいあなたへ(19)宋文洲
・THIS WEEK
・この人のスケジュール表 小野一光、ジェームズ・ボーエン、佐古忠彦
・夜ふけのなわとび 林真理子
・いまなんつった? 宮藤官九郎
・考えるヒット 近田春夫
・人生エロエロ みうらじゅん
・週刊藝人春秋 Diary 水道橋博士
・0から学ぶ「日本史」講義 出口治明
・言霊USA 町山智浩
・新・家の履歴書 矢作俊彦
・日々我人間 桜 玉吉
・ラストライン 堂場瞬一
・ぶらりわが街 大人の散歩 離島編
・川柳のらりくらり 柳家喬太郎
・てこずるパズル
・泥濘 黒川博行
・ミルク・アンド・ハニー 村山由佳
・ツチヤの口車 土屋賢二
・沢村さん家のこんな毎日 益田ミリ
・ヘンな食べもの 高野秀行
・見もの聞きもの
・文春図書館
・時々砲弾 宮崎哲弥
・日本テレビ「最強バラエティ」のDNA
・“疲れないカラダ”を自宅で!「腹式呼吸」と「椅子スクワット」
・新国立工事 新入社員自殺  同僚が告発「地獄のパワハラ現場」
・岐阜介護施設「疑惑の元職員」独白90分
・「政治家ママもつらい」金子めぐみ×猪熊弘子
・日野皓正が中学生を「往復ビンタ」動画
・伊藤理佐のおんなの窓/読者より/表紙はうたう(和田誠)
・ドキュメント 男の肖像 川口能活
・CATCH UP
・週刊文春 the Style
・時はカネなり
・おいしい!私の取り寄せ便