栄和人10人以上にセクハラ・パワハラ!伊調だけではなかった【週刊文春 3/22号】







HeHO(ヒーホー)です。

週刊文春を読んで、面白かった記事にコメントしています。

週刊文春 3月22日号(0322)

栄のセクハラ・パワハラ「決定的証言」

この記事のポイント

  1. もともと栄氏は切れやすく、学生時代には割ったビール瓶を同級生に突き刺した
  2. 栄氏パワハラ・セクハラ証言が10件以上、至学館関係者から寄せられた
  3. 栄氏のモットーは『選手と恋愛すること』だが、恋愛とはセクハラのこと?



学生時代には割ったビール瓶を同級生に突き刺した

伊調馨問題が週刊文春で報じられてから2週間がたつが、編集部に集まってくる情報は、栄氏のその素行の悪さである。

日体大の同級生は、もともと「キレると手が付けられなくなる」性格だったと証言する。

大学二年の春季リーグ戦の優勝祝賀会に、栄氏は酒に酔い、同級生を割ったビール分で突き刺したという。

被害者は鼻のあたりから血が噴水のように噴き出して、60針以上縫い、ほどなくレスリングを引退し、故郷に帰った。

編集部が北海道を訪ねると、被害者本人が、顔に大きな傷が残り、就職にも苦労し、今でも皮膚が突っ張って笑えないと証言してくれた。

被害者の母親は、当時頬が三つ以上に分かれていてすごく苦労した、死ぬまで(栄を)恨みますよ、と。

事件の原因は、宴席でプリッツを反対からくわえろという栄氏の言う通りにしなかったから。

???

完全に傷害事件であるが、大学と栄氏は当時丸く収めたのだろうか?

大丈夫か、日体大?

また栄氏の監督第一弾は、「京樽」のレスリング部だったが、当時の教え子は指導者としての資質は当初から疑問視されていたという。

栄氏の2メートル以内に近づくと子供ができると噂になるほど、女癖に難があったとも。



栄氏パワハラ・セクハラ証言が10件以上、至学館関係者から寄せられた

伊調馨パワハラ問題は、もともと2週前に週刊文春が報じたものである。

そして、この記事に対して、#MeToo(私も同じ被害にあった)ということで情報がどんどん集まってきたという。

その被害数は10件以上、しかも至学館関係者からのものである。

ちょっと抜き出してみただけでこれぐらいある。

  • 他の選手の前でビンタや蹴り
  • 割れた市内で太ももの裏を何度もたたかれた
  • 吉田沙保里だけかわいがっていると宴席で非難した選手を何度も殴打
  • オレの彼女になったらブランド品を買ってやると迫られた
  • 栄氏の車内で、手を握られ指の間を擦るようにゆっくり動かされた
  • オレと寝たら強くなる、と迫られた
  • 背後からキスを迫られた
  • 試合に勝ったら、オレのおかげと言えと強要

もう、セクハラとパワハラの入り乱れである。

セクハラとパワハラの複合らしいものまで混じっているので、よりタチが悪い。

栄氏のモットーは『選手と恋愛すること』だが、恋愛とはセクハラのこと?

ご存知のない方もいると思いますが、栄氏の過去二人の奥さんはレスリングの教え子である。

前記したようなセクハラを繰り返すうちに、引っかかった女子もいたということかもしれない。

ちなみに現在の奥さんは、19歳年下で、中京女子大の教え子だった。

彼女は在学中から「強くなるためなら監督に何でもする」と公言していたらしい。

本当になんでもしちゃったんだねぇ。

栄氏はこういった子や、吉田沙保里のような自分に素直な子、さらに言えば選手としても強い子だけをかわいがる傾向があるようだ。

最近の週刊誌報道

最近の週刊誌報道は、栄氏、レスリング協会側からの情報提供だと思うが、次の記事で蔓延していた。

  1. 伊調馨の従兄弟が黒幕との報道
  2. 至学館以外のレスリング閥(例えば日体大)が派閥争いで主導している

まあ、内閣府への告発には上記の意味合いも含まれるのかもしれないが、やはり問題の本質は栄氏本人である。

栄氏の過去の悪事について情報提供がこれだけの件数されたとなると、東京五輪に向けての栄氏のレスリング協会内での更迭は決まりでだろう。

もし現在のポジションのまま残すとなると、レスリングはメダルをとれないんじゃないのかな。

協会副会長の馳浩先生も、ちゃんと仕事やってくださいね。

※この記事の内容には、他メディアからの知識、筆者自身の思い込みが混在しているため、元記事に忠実ではありません。興味のある方は対象雑誌を直接確認ください。

伊調馨パワハラ問題の記事



[こちらの記事もオススメです]
■週刊誌の切り抜き
■テレビの切り抜き
■ちょいエロTV

(週刊文春 3/22号 目次)

・原色美女図鑑 尾野真千子
・CATCH UP
・「森友ゲート」これが真相だ! 安倍夫妻の犯罪
・森友より深刻加計問題でも公文書書き換え疑惑
・朝日新聞隠密報道チームと情報源 息詰まる攻防
・ポスト安倍煮え切らぬ岸田 石破の切り札は小泉進次郎
・トランプvs.金正恩“ガキの使い”文在寅が招く修羅場
・栄のセクハラ・パワハラ「決定的証言」
・飯島勲の激辛インテリジェンス(226)
・野球の言葉学 金本知憲 阪神タイガース監督
・それでも社長になりたいあなたへ(45)宋文洲
・THIS WEEK
・この人のスケジュール表 津田寛治、丸山正樹、細谷正充
・夜ふけのなわとび 林真理子
・いまなんつった? 宮藤官九郎
・考えるヒット 近田春夫
・人生エロエロ みうらじゅん
・週刊藝人春秋 Diary 水道橋博士
・新・家の履歴書 森末慎二
・日々我人間 桜 玉吉
・タンマ君 東海林さだお
・人生論ノート 万城目学
・フィデル! 海堂 尊
・ぶらりわが街 大人の散歩 離島編
・川柳のらりくらり 柳家喬太郎
・てこずるパズル
・0から学ぶ「日本史」講義 出口治明
・言霊USA 町山智浩
・ラストライン 堂場瞬一
・ツチヤの口車 土屋賢二
・ミルク・アンド・ハニー 村山由佳
・沢村さん家のこんな毎日 益田ミリ
・ヘンな食べもの 高野秀行
・見もの聞きもの
・文春図書館
・時々砲弾 宮崎哲弥
・ワイド特集 人生の「確定申告」 西部邁自殺警視庁が「事件性の疑い」で再捜査
・三場所ぶり復帰貴ノ岩を待つ白鵬一派との「遺恨試合」 ジャニーズ子会社社長が社内で首吊り自殺していた!
・スケート清水と離婚 再婚夫は金密輸で逮捕 高垣麗子の「男運」
・突然死北島三郎次男が吐露「自分の力で成り上がりたい」
・藤井聡太六段 師弟対決 杉本昌隆七段
・老けない「最強油」 笹井恵里子
・「高橋由美子さん、あなたが家庭を壊した」
・伊藤理佐のおんなの窓/読者より/表紙はうたう(和田誠)
・ドキュメント 男の肖像 加藤 諒
・CATCH UP
・春だから、あんこ恋し
・おいしい!私の取り寄せ便