塚原千恵子 スポンサーを使って宮川選手に嫌がらせ! 【FRIDAY】

最新の広告







FRIDAYフライデー 9/21号 塚原千恵子 スポンサーを使って宮川に嫌がらせ!

体操協会の女帝(塚原千恵子 女子強化本部長)

昨日、朝日生命は協賛でお金と体育館の提供だけしていたので、塚原夫妻の横暴とは関係ないかも、といった記事を書いた。

(記事:塚原千恵子 朝日生命体操クラブの経営形態!やはり金【週刊文春】

だけど最近のFRIDAY記事を読んで、180度転換。

やはり朝日生命も相当程度関わっているのかもしれない。



(FRIDAYから引用)

「騒動が起きる前の話ですが、宮川の練習拠点に、『(宮川の)コーチは問題ある男だ。練習させるな』と、彼女のスポンサー会社から何度もクレームの電話があった。千恵子さんが命令したかはわかりませんが、スポンサーすら女帝の意向を忖度しているということでしょう」
本誌は保護者からの現金受領やパワハラ指導について、千恵子氏へ質問書を送ったが、期日までに回答はなかった。
塚原夫妻は宮川選手に「謝罪」の意志を表明しているが、彼女だけに謝って済む問題ではない。




短い文章なので真意はよく分からないのだが、塚原千恵子にお金を出してくれている企業が宮川コーチにクレームを出していた、と書いているんだよね?

常識的に考えて、協賛で名前をのせるために数十万円程度を提供しているスポンサーがここまで深く関与することはない。

体操業界に関係していない企業とも考えにくい。

仮に当時、宮川選手のコーチに問題があると業界で認識されていたとして、全く関係ない企業がそれに口を挟むわけがないのである。



となると、業界に深く関わっていて、本腰で資金を提供している会社、それは朝日生命と考えるのが妥当だろう。

そして、塚原千恵子のパワハラについて、朝日生命は風評被害の被害者ではなく、積極的な加害者の立場だったことになる。

このまま朝日生命が協賛をおりて塚原体操センターが解散したら、一番の被害者は塚原千恵子のパワハラで脅されて移籍してきた選手達ということになるかもしれない。

最新の広告