塚原千恵子のパワハラ会話が存在した!テレ朝秘匿【週刊SPA!】

最新の広告







週刊SPA!(スパ) 塚原千恵子 テレ朝はパワハラ会話も持っていた!

週刊・匿名記者座談会 体操協会の権力闘争

毎週連載の匿名記者座談会で語られた体操協会の話。

出演者はテレビ関係の記者が2名と、週刊誌記者が1名である。

話題はテレ朝がスクープした、宮川選手と塚原千恵子の録音テープの話に。

(週刊SPA!から引用)

 派閥争いといえば、体操協会のゴタゴタもいまだ尾を引いている。『報道ステーション』が宮川紗江選手と女子強化本部長の塚原千恵子との密談テープをスクープしたけれど……。

 関係者によれば、前日の密談テープもあるらしい。にもかかわらずイメージアップを図るためにパワハラじゃない会話だけを報ステに報じさせた

 世界体操の放映権を握るテレ朝は体操協会側の肩を持つしかないからね。なんでも塚原本部長の会話込みじゃないと流せないなど使用条件が厳格に決められているとか。もちろん報じるにあたって、現場は猛反対だった。でも最終的には上層部に押し切られてしまった。

 VTR明けに富川悠太アナウンサーが「これは2日日の音声だ」とせめてもの抵抗を見せていたことからも、現場の反発が見て取れたよね。



宮嶋泰子の過剰な塚原夫妻擁護をはじめとして、以前からテレビ朝日は塚原寄りなのではと噂されていた。

(参考記事:塚原千恵子 味方するのはテレビ朝日と宮嶋泰子だけ【週刊文春】

しかし経営側と宮嶋はその通りだとしても、現場のスタッフはイヤイヤ従わされていたという記述には、ちょっと安心した。

そして、全く本筋と関係の無い密談テープの放送であるが、宮川選手が主張しているパワハラの会話は前日である。

関係の無い翌日の会話を持っているのなら、当然前日の分のあるだろうと思っていたが、案の定、それは存在したらしい。

しかも、イメージアップのためにそれを隠すとはテレビ朝日も救いがたい。



もしテレビ朝日が忖度したのが塚原夫妻ではなく、体操協会だったとしたら、この隠された会話テープも近いうちに公開されるかもしれない。

というのも、このSPA!発売前日に、塚原夫妻の一時職務執行停止が体操協会から命じられたからだ。

ここでテレ朝の態度が変るようなら、もともと「世界体操」を意識した報道だったと認めたことにもなる。

しかし体操協会の後ろ盾の無くなった塚原夫妻擁護を続けても、じり貧は間違いないだろう。




後は、テレ朝以上に塚原擁護を続けるフジテレビ、バイキング、坂上忍がどういう態度をとるのかに興味がありますね。

坂上忍のまさに鬼気迫るコメンテーター恫喝は、こわくてチャンネルをかえるほどでした。いやマジで。

[こちらの記事もオススメです]
■テレビの切り抜き
■週刊誌の切り抜き
■ちょいエロTV

最新の広告