塚原千恵子 内村航平をトレセン出禁にした女【週刊文春】

最新の広告







週刊文春 9/13号 塚原千恵子 内村航平をトレセン出禁にした女

朝日生命を離れた内村航平を激怒させた「トレセン出禁」

塚原夫妻と内村航平の因縁の内容です。

(週刊文春から引用)

そのとばっちりは、体操界の至宝、内村航平選手にも及び、あちこちから批判の声が噴出しているという。
体操協会幹部が語る。
「内村は千恵子さんと同じ長崎県出身。直也氏に憧れて中学卒業後に上京し、朝日生命体操クラブに入りました。ところが大学進学を巡って明大を勧める塚原夫妻の意に反し、彼は日体大を選んだ。それで挾を分かつことになったのです。現在、内村はNTCを練習拠点にしているのですが、今年の春先、千恵子氏は『2020』の女子選手が優先だという理由で練習に来ていた内村を追い出したのです。内村は怒り心頭で鞄を投げつけて出て行ったそうですが、因縁があるとはいえ、世界王者に対してその扱いはないでしょう」



もう少し説明すると、塚原夫妻はともに日体大卒業だけど、途中でいざこざがあったことから二人とも日体大嫌い。

田中理恵をいじめて本人の意に反して引退させたのも、彼女が日体大だからという話まである。

そして塚原夫妻が、息子直也の体操教育にあたり頼りにしたのが六大学で体操部を持っていた明治大学。

早い段階で口約束はできており、高校も明治に通わせ校長とも話をつけていた。

というバックボーンがあって、内村航平が明治大学を蹴り、日体大を選んだというのは、特に千恵子氏からすれば、二重に怒りの対象となったのである。




しかし、この千恵子氏はホントに子供っぽいよね。

遠くから冷ややかに大人の対応をとればいいのに、嫌いな内村がトレーニングセンターで練習していたらそれを追い出すなんて、頭の程度がしれます。

なんでもこの話は体操界では有名だとか。

また宮川選手の弁護士が、塚原夫妻の悪口はビックリするような有名な選手からも聞こえてきます、と先日テレビで言っていたが、これは内村航平で間違いないかもしれないね。

 

最新の広告