滋賀県大津市【鉄腕DASH】0円食堂

■小学8年生のマンガがひどい!の記事







HeHOです。

7月2日放送、鉄腕DASH 0円食堂が面白かったので紹介します。

滋賀県 大津市で食材探し

今回の場所は、滋賀県の大津市。

はじめは道の駅 びわ湖大橋米プラザで、食材の生産者にあたりをつけます。

今回食材探しをする3人はそれぞれ目的を持って、別ルートへ。

以下、ゲットできた0円食材です。

鮒寿司のはじっこ。

古いわけでは無いのですが、卵の割合が偏っていたり、はじっこで身が小さかったりする部分は捨ててしまうそうです。




また同じ食材加工場から、賞味期限の切れたパックものをいくつかいただきました。

養鶏場からは、穴の開いたタマゴを。

その日のうちに食べれば全然問題ないでしょうね。

トマト農家から、トマトを。

17練ものハウスでトマトを栽培しているので、とても食べきれない量の廃棄トマトが出るのだそう。

とても美味しそうです。

つぎは、お団子とかお餅などです。

防腐剤を入れておらずそれが売りになっているんですが、廃棄する量もかなり多いです。

特に夏場は用心して、早めに回収します。

そして、この量がDASHのもとに。

食肉の加工場では、お肉をソウジした際の端っこ部分をもらってきました。

鮮度には問題なく、当日切り落とした部分です。

ということで、これだけの食材が集まりました。

他に、ソラマメ、サンチュ、エゴマ葉なども、廃棄するものをいただいています。

食材も集まったので調理開始

ヒビの入ったタマゴのなかに、トマト、さかなの佃煮(小鮎、モロコ)、煮豆を入れてかに玉風にふわっと固めていきます。

そして、みたらし部分だけをそぎ落として、お湯で煮る。

その中に、お酢を入れると、かに玉の餡(アン)風ができます。

そして完成写真がこれ。

かに玉風のできあがり




これは切り落としのお肉に衣をつけ、油で揚げた状態。

これと野菜を、さきほどのみたらしとお酢のタレに絡ませて、酢豚風のできあがり

さあ、鮒ずしはどうするのかな、と思ったらエゴマ葉で巻くようです。

これを油で揚げて。

鮒ずしのエゴマ葉揚げの完成

完成した料理は、どれも大満足でした。

デザートの冷やししるこ

おまけに冷やししるこを作りました。

草餅からアンコだけ取り出し、水に溶きいれます。

残った団子部分をまるめて、放り込みます。

全体にアンコの量が少ないので、ほんわりと甘い程度の冷やししるこの完成です。

これには、食材を提供してくれた人のお孫さんも大満足。

何回もほしがります。

子どもは先入観なく食べるので、本当に美味しいのでしょう。

 

いつも美味しく作りますね。

特に、鮒ずしを葉っぱで巻いて揚げた料理は興味があります。

うまみが違うと思いますが、味噌ピーナツをしその葉で巻いた食べ物の上の味かと想像します。

 

HeHOでした。

【オススメの記事】