GJ-週刊現代 9/2号 米朝開戦で”日本”被害シミュレーション!







HeHO(ヒーホー)です。

このページは2017年8月18日発売の週刊現代 9/2号を読んで、面白かった記事にコメントしています。

週刊現代 9月2日号(0902)



米朝開戦 「その日」に起きること

北朝鮮からグアムに向けてミサイルが発射された場合、米国が報復すれば、北朝鮮も間違いなく反撃する。

その際の日本の被害と場所のシミュレーション記事である。

北朝鮮が日本を攻撃する場合

開戦した場合、はじめに北朝鮮から狙われる場所

  • 三沢基地(北朝鮮の防空圏を叩くF-16部隊あり)
  • 岩国・嘉手納基地(北朝鮮に近い前線基地)

理由も記したが、北朝鮮にとって怖いのは防空圏を押さえられることだ。

それをさせないためにも三沢基地、そして最短で攻撃・補給させないための岩国・嘉手納基地を叩くという。

ただし、初期段階から核弾頭ミサイルを撃ち込む可能性は低いため、落ちてもそれほど周辺に被害は広がらないだろうという。

日本攻撃用に使われるノドンの爆薬では、ビル一練以下、せいぜい家屋6~7軒壊す程度の威力しかない。

所有するノドン数も200+α程度だが、開戦初期に発射できるのは最大で50~60発程度と見込まれる。

そうすると、初期段階での日本への脅威はそれほどないことになる。


次の段階の日本への攻撃

米朝の戦いがもう少し長引くor大規模攻撃の場合、日本で次に狙われる候補は次。

  • インフラ壊滅(サイバーテロ、原発テロ、化学兵器テロ)
  • 東京周辺の米軍基地攻撃(横田、横須賀、座間)
  • 日本の人口密集地帯へのノドン攻撃

そして究極的には「東京を核攻撃して米国への脅しの信憑性を高める」こともあり得るという。


究極 日本が核攻撃を受けた場合の被害

2003年に米韓の研究者によって行われた核戦争シミュレーションでは、次のように予想している。

(昨年北朝鮮核実験と同規模の核弾頭で東京を攻撃された場合)

着弾地から半径2.5km以内に存在する人の90%以上は、着弾瞬間に苦痛も感じず死に至る。

仮に永田町を着弾地点とすると、約10万人が着弾直後に死亡し、30日以内に32万人が死亡。

合計で42万人が死亡する計算になる。


もっとひどいシナリオ

北朝鮮の持っている核弾頭は、最大60発とみられているが、現在のところ兵器としては韓国や日本までしか飛ばせそうもない。

その場合、米国の代わりに多数の核弾頭を装着したノドンが日本に向けられることもあるかもしれない。
【軍事関連の記事】
GJ-週刊文春 9/28号 東京核攻撃で死者85万人
GJ-週刊プレイボーイ 10/2号 米海軍事故頻発!中国ハッキング説
GJ-週刊現代 9/9号 米中開戦!中国軍の尖閣・九州侵攻
GJ-週刊プレイボーイ 9/4号 北朝鮮 日本に何発ミサイルが?
GJ-週刊現代 9/2号 米朝開戦で”韓国”被害シミュレーション!
GJ-週刊現代 9/2号 米朝開戦で”日本”被害シミュレーション!
GJ-FRIDAY 9/1号 北朝鮮「開戦確率90%」
米国 北朝鮮制圧後のシナリオ!韓国なんかどうでもいい
GJ-週刊現代 8/19・26号 米国が北朝鮮を空爆!9/9決行!
GJ-週刊プレイボーイ 7/31号 自衛隊10大新兵器チェック

[こちらの記事もオススメです]

米朝開戦で”韓国”被害シミュレーション!



(週刊現代 9/2号 目次)

・「食の楽園」糸島をゆく
・板野友美 7年ぶりの水着が話題沸騰中!
・今夜は「居酒屋ふじ」で飲もう
・東出昌大 迎合はしたくないから
・絶景日本遺産
・米朝開戦 「その日」に起きること
・韓国・ソウルはかくして火の海となる
・日本経済と世界経済はこう動く
・100歳まで生きるためにしてはいけないこと
・誰がアパレルを殺したか
・ZOZOTOWN社長「異形の履歴書」
・「名古屋のカネ持ち」はどれくらい幸せなのか
・【LOOK!】「もっと俺を敬え」 次の総理・岸田に麻生がキレた/閣議後の「振る舞い酒」をがぶ飲みした2人の大臣
・【LOOK!】HIS澤田社長「ペッパー使いづらい」発言の真意 ほか
・【LOOK!】みずから辞任を発表 ロッテ伊東監督が抱いていた「球団不信」 ほか
・【LOOK!】ドクターZは知っている
・【LOOK!】錦織から本誌に届いた「ヘンな手紙」の中身 ほか
・今週の 「へえ〜、そうなんだ」
・伊集院静「それがどうした」
・東海林さだお 「サラリーマン専科」
・私の地図 天童よしみ
・また楽しからずや 大原千鶴
・酒井順子「気付くのが遅すぎて、」
・社長の風景 宮沢俊哉「アキュラホーム」社長
・サウダージ—あの日を旅する
・五木寛之 「新 青春の門」漂流篇
・美鳳の週間運気予報
・「銀行渉外担当 竹中治夫」作画/こしのりょう 原案/高杉良
・日本一の書評
・佐藤優 「名著、再び」
・藤島大 「ラグビー 男たちの肖像」
・ポテチ次郎 「アー・ユー・ハッピー?」
・ゴルフが好き!山本隆弘
・イッツ脳タイム!
・井筒和幸の「今週の映画監督」
・福田雄一「妻の目を盗んでテレビかよ」ほか
・数独にチャレンジ
・金平茂紀「ジャーナリストの目」
・『熱討スタジアム』伝説の乱打戦 「帝京 vs. 智弁和歌山」を語ろう
・有村架純の「すごいセックス」をあなたは見るか?
・梨田昌孝 「弱くても勝つ」技術
・「有名芸能人が住むマンション」は何がどう違うのか
・「愛のあるSEX」と「愛のないSEX」どっちが気持ちいいのか
・「日米がん格差」の衝撃
・日本の医者はやるけどアメリカでは絶対やらない手術・薬・検査
・なぜ日本のがん患者は「入院が長い」のか
・「キャンサーナビゲーション」が寿命を延ばす
・読者です、編集部です
・新人王、そして新人初の盗塁王へ 源田壮亮
・目が見えない人の見る世界
・グラビアの女王 原幹恵
・人生の相棒 堀ちえみ
・浅野温子 あぶない最新撮り下ろし
・岡田奈々 よみがえる「青春ビキニ」
・週刊現代デジタル写真集 大好評配信中!
・鉄道の「記憶」