GJ-週刊現代 9/2号 米朝開戦で”韓国”被害シミュレーション!







HeHO(ヒーホー)です。

このページは2017年8月18日発売の週刊現代 9/2号を読んで、面白かった記事にコメントしています。

週刊現代 9月2日号(0902)



韓国・ソウルはかくして火の海となる

米朝が開戦した場合、当然ながら一番被害を受けるのは韓国である。

よその国から見ると、大統領も国民もやや楽観的すぎる傾向が強いが、そういう楽観論者でさえ”はじまってしまえば”韓国が巻き込まれないわけがないということは認識しているはずである。

おそらくねw。



米朝開戦時に韓国で起こりえること

まず、韓国の首都ソウルと国境との位置関係はご存じだと思うが、たった30km程度しか離れていない。

そして、北朝鮮の砲塔はもちろんソウルを標準にしており、開戦時には1時間当たり2万4000発以上の砲弾をソウルに降り注がせる能力を持っているのである。

1発当たりの威力はミサイルに比べればそれほどではないとしても、数が数である。

ガス管、電気通信施設、ガソリンスタンドなど社会インフラを根こそぎ破壊するのには十分な能力を持っていると言える。

そう考えると、よくこれまで遷都の話が韓国で出なかったなと、ボクは非常に不思議に思う。



過去の韓国被害予想シミュレーション

クリントン大統領時代にも北朝鮮攻撃が現実味を帯びたが、その時のシミュレーションによれば開戦24時間以内のソウル首都圏で約150万人が死傷するとなっていた。

また2004年の韓国のシミュレーションでは、開戦後24時間以内の韓国側の死傷者は230万人と見積もっている。

特筆しなくてはいけないのは、これはあくまでも、核兵器不使用の通常兵器による被害である。

核ミサイルを使用されたら数十万人単位で被害規模は増えるだろうと予想される。

北朝鮮が生物兵器などを使用した場合

北朝鮮は現在、化学兵器を2500~5000トン、生物兵器も炭疽菌、天然痘ウィルス、コレラ菌など12種類保有していると韓国政府はみている。

これらをノドンミサイルに搭載して韓国内に撃ち込まれた場合、ソウルの人口の約半分の500万人が死傷すると見積もっている。

500万人というのは韓国の総人口の約1割である。

砲弾で首都インフラはボロボロ、短期間に人口が1割減では、韓国は日本統治時代の前まで戻ってしまうのではないだろうか。



文在寅という共産主義者

このタイトルは、韓国の検察OBが語ったとニュースになったものを引用していますw。

8月14日にソウルを訪問したアメリカ軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は、文在寅(共産主義者)大統領に断言した。

「外交努力が失敗した場合には、わが国は軍事オプションを準備する」

これ以降、文在寅の言動は現実逃避の反日行動や、米朝開戦時は韓国は中立だなど、およそ当事者意識に欠けた発言を繰り返している。

ボクには、米朝開戦の決定権が自分にはないと悟った文が、”後々の言い訳”用に語っているとしか思えない言動である。

前大統領が、あの程度の内容で逮捕有罪などひどい仕打ちをしている国が韓国であるならば、文在寅などは米朝戦後にはテロリストに暗殺されてしまう程の悪行をしているんじゃないかとボクには思える。

【軍事関連の記事】
GJ-FLASHフラッシュ11/7号 在韓米国人「20万人」が日本避難!
GJ-週刊現代 11/4号 年明け米朝開戦!防衛省の準備
GJ-FLASH 10/17.24号 日本核武装に「3カ月、3億円」
GJ-週刊現代 10/14.21号 日本原発に北朝鮮ミサイルが!
GJ-週刊現代 10/7号 金正恩 最後はロシアに亡命
GJ-週刊文春 9/28号 東京核攻撃で死者85万人
GJ-週刊プレイボーイ 10/2号 米海軍事故頻発!中国ハッキング説
GJ-週刊現代 9/9号 米中開戦!中国軍の尖閣・九州侵攻
GJ-週刊プレイボーイ 9/4号 北朝鮮 日本に何発ミサイルが?
GJ-週刊現代 9/2号 米朝開戦で”韓国”被害シミュレーション!
GJ-週刊現代 9/2号 米朝開戦で”日本”被害シミュレーション!
GJ-FRIDAY 9/1号 北朝鮮「開戦確率90%」
米国 北朝鮮制圧後のシナリオ!韓国なんかどうでもいい
GJ-週刊現代 8/19・26号 米国が北朝鮮を空爆!9/9決行!
GJ-週刊プレイボーイ 7/31号 自衛隊10大新兵器チェック

[こちらの記事もオススメです]

米朝開戦で”日本”被害シミュレーション!



(週刊現代 9/2号 目次)

・「食の楽園」糸島をゆく
・板野友美 7年ぶりの水着が話題沸騰中!
・今夜は「居酒屋ふじ」で飲もう
・東出昌大 迎合はしたくないから
・絶景日本遺産
・米朝開戦 「その日」に起きること
・韓国・ソウルはかくして火の海となる
・日本経済と世界経済はこう動く
・100歳まで生きるためにしてはいけないこと
・誰がアパレルを殺したか
・ZOZOTOWN社長「異形の履歴書」
・「名古屋のカネ持ち」はどれくらい幸せなのか
・【LOOK!】「もっと俺を敬え」 次の総理・岸田に麻生がキレた/閣議後の「振る舞い酒」をがぶ飲みした2人の大臣
・【LOOK!】HIS澤田社長「ペッパー使いづらい」発言の真意 ほか
・【LOOK!】みずから辞任を発表 ロッテ伊東監督が抱いていた「球団不信」 ほか
・【LOOK!】ドクターZは知っている
・【LOOK!】錦織から本誌に届いた「ヘンな手紙」の中身 ほか
・今週の 「へえ〜、そうなんだ」
・伊集院静「それがどうした」
・東海林さだお 「サラリーマン専科」
・私の地図 天童よしみ
・また楽しからずや 大原千鶴
・酒井順子「気付くのが遅すぎて、」
・社長の風景 宮沢俊哉「アキュラホーム」社長
・サウダージ—あの日を旅する
・五木寛之 「新 青春の門」漂流篇
・美鳳の週間運気予報
・「銀行渉外担当 竹中治夫」作画/こしのりょう 原案/高杉良
・日本一の書評
・佐藤優 「名著、再び」
・藤島大 「ラグビー 男たちの肖像」
・ポテチ次郎 「アー・ユー・ハッピー?」
・ゴルフが好き!山本隆弘
・イッツ脳タイム!
・井筒和幸の「今週の映画監督」
・福田雄一「妻の目を盗んでテレビかよ」ほか
・数独にチャレンジ
・金平茂紀「ジャーナリストの目」
・『熱討スタジアム』伝説の乱打戦 「帝京 vs. 智弁和歌山」を語ろう
・有村架純の「すごいセックス」をあなたは見るか?
・梨田昌孝 「弱くても勝つ」技術
・「有名芸能人が住むマンション」は何がどう違うのか
・「愛のあるSEX」と「愛のないSEX」どっちが気持ちいいのか
・「日米がん格差」の衝撃
・日本の医者はやるけどアメリカでは絶対やらない手術・薬・検査
・なぜ日本のがん患者は「入院が長い」のか
・「キャンサーナビゲーション」が寿命を延ばす
・読者です、編集部です
・新人王、そして新人初の盗塁王へ 源田壮亮
・目が見えない人の見る世界
・グラビアの女王 原幹恵
・人生の相棒 堀ちえみ
・浅野温子 あぶない最新撮り下ろし
・岡田奈々 よみがえる「青春ビキニ」
・週刊現代デジタル写真集 大好評配信中!
・鉄道の「記憶」