小室圭のゲスな本音!「気まずい夕食会」秋篠宮と眞子さま【週刊現代 3/31号】

最新の広告







HeHO(ヒーホー)です。

週刊現代 を読んで、面白かった記事にコメントしています。

週刊現代 3月31日号(0331)

秋篠宮と小室圭さん「気まずい夕食会」で語られたこと

この記事のポイント

  1. 3/9開かれた秋篠宮一家と小室圭の夕食会
  2. 秋篠宮さまは最近の週刊誌記事の釈明にそれなりに納得
  3. 将来の見通しに紀子さまが激高する場面も



3/9開かれた秋篠宮一家と小室圭の夕食会

3月10日、3月11日とそれぞれ、東京大震災、東日本大震災の公的行事で忙しい、秋篠宮であったが、急遽9日に小室圭との夕食会をセッティング。

この夕食会問答については、先週の女性セブン(紀子さまは先々の離婚も心配!眞子さまと小室圭 )でも報じられたが今回はその夕食会での様子。

まず夕食会は「ま、召し上がれ。食べながら話そう」と暖かい雰囲気で始まった。

この夕食会までには、週刊誌で様々なことが報じられてきた。

  • 小室家の借金トラブル
  • その借金トラブルへの小室圭本人の関わり
  • (贈与と説明されたが)小室母元婚約者より借金依頼のメールが公開
  • 元婚約者に生命保険の受取人を強引に迫る小室母

細かいことを含めればもっとたくさんあるが、それらの一つ一つを皇后はいつも気にしてみていたという。

紀子さまは紀子さまで、それら記事の一つ一つに対して小室母に電話をかけて問い合わせをしてきていた。

そして皇后は直接、秋篠宮さまに電話して、強い口調で、小室圭本人から事情を聴くよう提案されたというのがこの夕食会の趣旨であったようである。



小室母元婚約者より借金依頼のメールが公開

借金トラブルについて、小室圭のこれまでの説明は「贈与と考えている」というものであった。

しかし、小室母の借金を無心するメールが週刊誌に公開された。

こういった点について「ここまでの話は聞いてなかったんだけど」と遠慮がちに秋篠宮さまが切り出したという。

大きな問題は、小室母元婚約者との間の借金トラブルであるが、小室圭は一定の解決策案を話し、秋篠宮さまもそれなりに納得していた様子だった。

とは言え、少なくともこの時点までは、小室家は元婚約者と一切接触はしていないので、ボクの感触ではホントの私案を言ってみた、だけだと思う。

秋篠宮さまも、納得というよりも、前向きに進めるつもりがあるのであれば黙ってみていようぐらいの考えだったのではないだろうか。

将来の見通しに紀子さまが激高する場面も

そして、おだやかな夕食会が一時荒れた場面も。

それは話のテーマが小室圭の進路の話に移った時であった。

これからの進路について秋篠宮さまはフランクに訊ねた。

これに返した小室圭の答えがすごい!

「いつか、米国留学して弁護士資格を取得するか、国内大学院のロースクールに通いたいのです」

あまり、記事中に赤文字を使わないボクでも赤太文字で書いてしまいました。

まあ、解説はいらないでしょうが、ボクにはこう聞こえます。

(小室圭の本音を邪推)

まだ眞子さまを養うために働くつもりはありません。

日本の司法試験は難しいので、手っ取り早く英語で弁護士資格を取得出来たらなと考えています。

米国の法律資格は簡単だと聞いていますし。

それが難しそうなら、国内の大学院でロースクールに通って実際に働くまでの時間を稼ぎたいと考えています。

なので、日本の司法試験を受けるとは決して秋篠宮様に対して言いません。

まあ、今通っている大学院は単なるアリバイ作りで就職に何の役にも立たないのはわかっていますからね ふふふ。

そのための費用やその間の生活費をどうするのかまでは考えていません。

これまでお母様がなんとかしてくれていましたから、また用立てしてくれるんじゃないかな。

眞子さまの持参金(皇室離脱一時金)も億を超えるしね。

もちろんそのお金はあてにしていますよ

男女同権、当然夫婦のお金は二人のもの 笑

こう聞こえてしまうのは、ボクの心が歪んでいるからでしょうか?

(まあ、心当たりあるけど 汗)

この発言には紀子さまも思わず声を荒げてしまったという。

「もっとしっかりしてください!将来設計が固まっていないと、結婚は難しいと、あれほど申し上げたじゃないですか」

娘を持つ親であれば、この状況でこの発言をする男に嫁は出したいとは思わないよね。

小室圭のこの発言をすべて善意に解釈したとしても、この期間二人の将来については何も思いつかなかった、ということは間違いない。

どちらにしても、彼の鈍感力(林真理子命名)はたいしたものである。

※この記事の内容には、他メディアからの知識、筆者自身の思い込みが混在しているため、元記事に忠実ではありません。興味のある方は対象雑誌を直接確認ください。

眞子さま婚約問題の記事



[こちらの記事もオススメです]
■週刊誌の切り抜き
■テレビの切り抜き
■ちょいエロTV

(週刊現代 3/31号 目次)

・老舗の「鮨」を食す
・路線バスでお花見へ
・[滋賀県立]膳所高校 甲子園を攻略せよ!
・絶景日本遺産
・安倍総理と昭恵夫人結婚31年目の「決断」 ついに別れのときが来た
・[3・25]波乱の自民党大会 二階幹事長が安倍を見捨てる
・積水ハウス・和田勇前会長「彼らはまだウソをついている」
・天才・ビートたけし 71歳の選択
・秋篠宮と小室圭さん「気まずい夕食会」で語られたこと
・「夜間頻尿」に気を付けろ!
・政治家に忖度する最高裁
・【LOOK!】進次郎と純一郎 「安倍降ろし」に最強親子タッグ始動/朝日新聞が「天声人語」で麻生に送ったメッセージ
・【LOOK!】三菱東京UFJ銀行のリアル「半沢」が名古屋に飛ばされた!? ほか
・【LOOK!】今度は「限局性腹膜炎」 日ハム・清宮幸太郎は開幕に間に合うか ほか
・【LOOK!】ドクターZは知っている
・【LOOK!】/ティラーソン解任で米朝会談に「黄信号」 ほか
・今週の「へぇ?そうなんだ」
・伊集院静「それがどうした」
・東海林さだお 「サラリーマン専科」
・中沢新一「アースダイバー 東京下町編」
・私の地図 荻野目洋子
・また楽しからずや 松田美由紀
・酒井順子「気付くのが遅すぎて、」
・社長の風景 平田公孝「雪印ビーンスターク」社長
・サウダージ?あの日を旅する
・五木寛之 「新 青春の門」漂流篇
・美鳳の週間運気予報
・「銀行渉外担当 竹中治夫」作画/こしのりょう 原案/高杉良
・日本一の書評
・佐藤優 「名著、再び」
・藤島大 「ラグビー 男たちの肖像」
・ポテチ次郎「アー・ユー・ハッピー?」
・ゴルフが好き!加納典明
・イッツ脳タイム!
・井筒和幸の「今週の映画監督」
・福田雄一「妻の目を盗んでテレビかよ」ほか
・数独にチャレンジ
・岩瀬達哉「ジャーナリストの目」
・熱討スタジアム『お笑いスター誕生!!』を語ろう
・美人官能小説家に聞く「あのSEXシーン、どこまで実体験?」
・甲子園に行く子は、13歳までに決まっている
・大学院[博士課程]なんか進んだら、一生ビンボー暮らしです
・人生最後の「クレジットカード」選び
・自宅の中から「埋蔵金」
・読者です、編集部です
・人生の相棒 小川範子
・[演歌界の貴公子]山内惠介 どん底があって、今がある
・お得な「寄付」入門
・新川優愛 鮮烈ビキニ
・鉄道の「記憶」
・私のベスト3 大桃美代子(3)

最新の広告