イモト 例文がシュールなアゼルバイジャン日本語教育!【世界の果てまでイッテQ!】

最新の広告







HeHO(ヒーホー)です。

世界の果てまでイッテQ!を切り抜いてみます。

世界の果てまでイッテQ! 12/10放送

アゼルバイジャンでの日本語教育

アゼルバイジャンは大の親日国。

2006年大統領の来日で、日本を有効の優先国にすることを決めた。

そして帰国後、積極的に日本の文化を取り入れ始めたため、国民全体が親日家になったという。

子供たちも小さい頃から柔道とか空手を習ったりするという。

そして驚くべき事に日本と(同じ民族の)トルコ人だけ、ビザが無料だという。



そして当然、日本語教育にも熱心で「日本語学部」もあるようだ。

今回、イモトがその「日本語学部」にお邪魔してみる。

構内に入り、廊下を歩くと壁には日本の国旗が!

「教えるのは習うのだ」

う~ん、ちょっと日本語教育が心配だなあ。

まさに、急なバカボン用語



イモトが、日本語学部の教室を覗いてみると

中ではラシャール先生が授業の最中。

彼はプライベートで訪日し、1年間滞在して日本語を勉強したとか。

クラスにはイモトにそっくりな女の子が授業を受けていた!

と、ここから日本語の授業を見学させてもらうことに。



先生 漢字の意味が分かるために、例文を読まなければなりません

どうやら、例文を読んでいって、内容を聞いていく授業形式のようです。

(例文)彼はいつも一言多いので、

みんなに嫌われています。

なかなかシュールな例文です



イモトも思わずその文の意味に頷きます。

イモト そういう人いるよね

ということで、どんどん例文が続きます。

■自分は偉いと思って 人を見下していると、そのうち逆に他の人から見下されるようになります。

ちょっとした教訓や戒めも入っているような、日本語の例文に、イモトもちょっと怖くなっています。



先生が生徒に質問し、内容を理解しているか尋ねます

先生 「見下している」とはどういう意味?

生徒 自分より劣っていると思う事です

うーん、キッチリ答えて、生徒のレベルは高いようです。

そしてどんどん例文が読み上げられます。



■高校を卒業してから弟は色んな会社を転々とした。そして結局は父親のレストランを継ぐことになった。

思わず内容にツッコみたくなります。

全体を通して、日本人の考え方や文化も含めtあ一石二鳥の例文を狙っているのでしょうか?

クセが強すぎますw

■うちの主人は年中小言ばかり言っている。

■うちの家内と隣の奥さんはとても仲が悪い。



■毎日お風呂の水を替える家もあるし、2~3日替えない家もある。
■毎日毎日残業で土曜・日曜は休日出勤、体がいくつあっても足りないよ
■あんなに素敵な人なのに、色っぽい話が無いなんて絶対おかしい。
■10円玉が無かったので、キオスクで両替を頼んだら、嫌な顔をされた。

こういった授業が毎日繰返されているようです 笑

スゴイですね。

[こちらの記事もオススメです]
■ちょいエロTV
■テレビの切り抜き

最新の広告