GJ-週刊女性 10/3号 鈴木砂羽 パワハラ告発にドロ沼全面対決

最新の広告







HeHO(ヒーホー)です。

このページは2017年9月19日発売の週刊女性 10/3号を読んで、面白かった記事にコメントしています。

週刊女性  10月3日(1003)

【過去にはドラマでブチ切れ事件も】鈴木砂羽(44)パワハラ告発にドロ沼全面対決

まずは整理、登場人物は以下の通り。

  • 鈴木砂羽(土下座強要女優、この作品で初演出)
  • 江頭美智留(劇団主宰、プロデューサー)
  • 鳳恵弥(土下座を強要された女優)
  • 牧野美千子(土下座を強要された女優)
  • 関口忠相(上記2名の事務所社長)



かんたんなあらすじ

江頭美智留が鈴木砂羽に、舞台への出演を依頼した。

鈴木砂羽は演出もやらせてもらえるならと逆条件を提示。

江頭は鈴木演出の件を承諾した。鈴木はこれが初演出だった。

9日午後、舞台稽古の際、鳳と牧野のスケジュールは江頭に伝えてあったが、江頭は鈴木に伝えていなかった。

途中退出しようとする鳳と牧野に、自分の稽古予定と違ってしまったことに謝罪するように鈴木が要求。

二人は謝罪したものの”ぬるい”と許さない姿勢の鈴木に、土下座をしろという意志に受け取った彼女たちは仕方なく土下座で謝罪。

9日夜、事務所社長の関口氏は、この件で江頭氏に抗議、鈴木が勝手に代役を探し始める。

10日、鈴木の事務所が謝罪をする段取りになっていたが、直前に取りやめになるも、江頭から舞台出演を再要請され事務所は受諾。

11日、鈴木の探した代役での公演が決定、二人と事務所はクビ(降板させられた)になったと理解。

12日、鳳ブログで経過を報告

13日 鈴木は土下座強要を全面否定

何が問題になっているのかというと次の2点

  1. 土下座の強要はあったのか?
  2. 舞台の降板はどちらが言い出したものか?



土下座の強要はあったのか?

鈴木、江頭、江頭マネージャーともに、土下座の強要は無かったと言っている。

一方、事務所社長の関口氏によると、謝罪をしろと言われ、謝罪し、それに対して”ぬるい”と言われたら土下座しろということでしょ。一人の土下座後、”あちらにも”ともう一人に促したわけだから、それが意味することは明白だと。

ボクの個人的な見解を言わせてもらえば、”土下座”を口にしたかどうかは別にして、鈴木が土下座を意味して謝罪を要求したことは間違いないと思う。

これまで何度か週刊誌に取り上げられてきた彼女の気性の激しさからしても、こうかんがえた方がすんなりと納得できる。

第一、経緯をその場で江頭から聞いて、誰が悪かったのかは理解しているはずである。

本来なら謝罪までもいかない状態で謝罪を強要していること自体、おかしな人間と言わざるを得ない。

おそらく、初演出ということで気負い過ぎちゃったんだと思うが、これも自ら望んで希望したことである。

共演者が練習を早く抜ける程度でキレていたら、思い通りにならないことの方が多いわけだからこの先演出などやっていけるわけがないだろう。



舞台の降板はどちらが言い出したものか?

これも両者の言い分が食い違っている。

鈴木側は、降板するというので慌てて人を探したと言う。

一方、関口氏の理解は前記した通り。

これも、関口氏の言い分に利があると思う。

仮にも事務所の社長である。

一度受けた仕事を理由の如何を問わず再要請されて自らキャンセルすることなどあり得ない。

それに比べて鈴木のプライドの高さは業界では有名である。

頭を下げて出てもらうより、完成度の低い代役を選んだのであろう。

なにしろ、代役に与えられた時間は2日もないのである、既に完成度うんぬんを超越している。

言葉を換えるなら、鈴木砂羽は舞台の完成度を犠牲にして自分のプライドを優先させたのである。

すでに、この段階で演出家として失格である。

完成度を高めるための稽古が出来ないと退出する二人を責め、二人を舞台から降板させ、より完成度の低い劇を観客に提供したのである。

鈴木砂羽はこの矛盾に気づいているのだろうか?



それにしてもこの件に関しては、カンニングの竹山とか、一方的な情報だけを鵜呑みにして好き放題言っていた。

「なにはともあれ、一度受けた仕事を途中で投げ出す方が悪い!」とか。

少なくとも降板させられた側の事務所にも問い合わせてから、言葉を喋るべきだな、と思う。

あ、ごめん、本職は役者さんだっけね、竹山さん。

役者の気持ちで語ったのかww

 

[こちらの記事もオススメです]

■ちょいエロTV

■週刊誌の切り抜き

(週刊女性 10/3号 目次)

・〈特写〉有村架純(24)みね子と歩んだ1年に感謝です。/「ひよっこ」おつかれさまインタビュー
・〈特写〉佐藤健(28)失敗したらリセットしたい(笑)/映画「亜人」30日公開
・〈特写〉寛一郎(21)父への思いは役者としてのエネルギーに/映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」23日公開
・キャサリン妃(35)の「ダイアナ級」人気!
・【試写会に200名様ご招待】イメージを覆す役者たちの底力!/「彼女がその名を知らない鳥たち」
・【大流行中のヘアアレンジ】くるりんぱ&進化系のこりんぱ
・【合流か残留かジャニーズまでも秤にかける】中居正広(45)の「黒い影」
・【過去にはドラマでブチ切れ事件も】鈴木砂羽(44)パワハラ告発にドロ沼全面対決
・【三回忌を迎えて】川島なお美さん(享年54)夫・鎧塚氏が明かした胸の内
・【看板にパネル、アナウンスまで】ふなっしー駅ジャックに住民が「困るなっしー」
・【集まったゲストは100人超】ぺこ(22)&りゅうちぇる(21)こだわりすぎた結婚式のお値段
・【私服ショットもりだくさん!】有村架純(24)「ひよっこ」打ち上げでゲットしたオンリーワンの商品
・【都合が悪くなるとダンマリ…】お騒がせガールズの「賞味期限」は?
・【新潟市発 仰天事件簿】泥棒一家の奇妙な家族の「カタチ」
・【朝ドラ「ひよっこ」脚本家・岡田惠和インタビュー】みね子のお相手、実は最初から決まってたんです!
・【ご当地チェーンから本当においしい定番グルメまで!】みんな大好き♥コンビニ最前線 2017秋
・連載コミック「ニコラオスの嘲笑」清くんのために…
・【齋藤孝先生の超訳で人生の達人に!】親子で読み解く古典の金言
・【冷やす? あたためる?】その頭痛、甘くみちゃダメ!
・連載コミック「ハートのしっぽ」君の瞳に金縛り(9)
・連載「Dr.コパのツキまくり! 風水対談」酒井美紀さん
・連載「旬刊 知っテレ」石原さとみ主演ポジティブおしゃれ女子復活!
・【心に響く、人生の先輩からのメッセージ】厳選 シニアの「神」語録40
・【のん、千眼美子、ローラ etc…】芸能人「契約」トラブルなぜ起こる?
・【次は佳子さま(22)が引き継ぐ】美智子さま(82)眞子さま(25)に伝えた皇室外交の「重み」!
・【旬野菜の新常識】栄養をムダにしない 新調理ワザ&選び方
・狂わせガールの最強コーデ
・〈インタビュー〉柴咲コウ(36)永遠に幸せになれないかと…(笑)/大河ドラマ「おんな城主直虎」
・竹内涼真(24)発掘PHOTO&とれたてSHOT
・美女度をアゲる黒髪カタログ

最新の広告