GJ-週刊女性2/27号 眞子さま 結婚延期は小室圭の「辞退」待ち!







HeHO(ヒーホー)です。

このページは2018年2月13日発売の週刊女性2/27号を読んで、面白かった記事にコメントしています。

週刊女性  2月27日号(0227)

眞子さま(26)「結婚延期」の文言に隠された本当の意味!

「当初、おふたりの結婚は”無期延期”になると聞いていたので、期限付の延期という発表に驚きました」

というのは宮内庁幹部。

天皇陛下の裁可を受けた結婚だけに、皇室側から覆すのは良くない。

また「無期延期」や「破談」という言葉も強い響きを持ち適切ではない。

そういった事情から、小室さん側から「結婚辞退」してくれることを望みつつ、2年後に結婚するという発表にしたのではないかとこの幹部は考える。

なるほど、それであれば、眞子さまが結婚延期にかなり抵抗されたのもわかる気がします。



眞子さま、不信感の増幅

もともとは小室圭の母親の借金問題であったが、借金の使途が小室圭の学費・留学費であったこと、「お金はもらったもの」と小室圭本人が語ってしまったことから、眞子さまの結婚相手本人の問題として認識されるようになってしまったものである。

眞子さまと秋篠宮さまに、この件を報告していなかったことも、不信感を生むには十分な話である。

しかしそれ以上に不信感を大きくしたのは、週刊誌報道の後に「この件はまったく知らなかった、説明したい」と秋篠宮さまに対して虚偽の報告をしようとしたことである。

報じられている借金理由や、本人の言葉から、小室圭が以前から認識していたことは明らかであるからである。

それを、まったく知らなかったとうそぶく小室圭に秋篠宮さまは更なる不信感をいただいたことは想像にかたくなく、秋篠宮さまは「結構です」とキッパリと虚偽の説明を受けることを拒否されている。

眞子さまも、「なぜ話してくれなかったの?」と圭を怒るとともに、そうとうなショックを受けていた。

秋篠宮家内は、ピリピリとした雰囲気になり、眞子さまも責任を感じて自室にこもりがちになり、食欲も減退してしまったという。

2年後の結婚は?

前出の宮内庁幹部はこうも言う。

2年後に改めて結婚できるのかは難しいかもしれません。

眞子さま婚約関連の記事はこちら

[こちらの記事もオススメです]
■テレビの切り抜き
■週刊誌の切り抜き
■ちょいエロTV



(週刊女性 2/27号 目次)
・竹内涼真(24)国民の彼氏が料理をふるまう人は…?
・〈特写〉向井理(36)冷酷キャラにこわ萌え!?/ドラマ「きみが心に棲みついた」
・役者・草なぎ剛(43)新しい自分へ/舞台「バリーターク」
・小平奈緒(31)さあ本番!
・〈特写〉浜田雅功(54)伝説のスポーツバラエティーが復活!/フジ系「ジャンクスポーツ」
・Weekly Watching !!
・【ちょっとしたブームです!】ほうじ茶をもっと楽しむ
・連載「スーパーフード使いこなしDiary」
・【食べられない…部屋から出ない…】眞子さま(26)「結婚延期」の文言に隠された本当の意味!
・【絶対王者を悩ます一抹の不安…】羽生結弦(23)の足を引っ張る2つの火種
・【舞祭組ライブ飛び入りで】中居正広(45)会場を魅了した1分間「まだ踊れるべ!?」
・【スマ愛あふれるプロデュース】森且行(45)コラボ星柄パーカーが売り切れ続出
・【和歌山・女性変死事件】60代女性2人が80代男性を取り合い!
・【平昌五輪開幕! 応援ワイド】注目選手たちの〈K点越え〉仰天伝説
・【まだ早い、関係ないと思ってない?】みんなの介護〈リアルレポート〉
・連載コミック「ニコラオスの嘲笑」真犯人は、山川由佳!!
・《特別企画》見たことなかった…冬のJUNHO(From 2PM)
・【あなたの未来が見える袋とじ】9code占いが教える10年の幸運バイオリズム
・【夫婦ゲンカで子どもの脳が変形する!?】日常に潜む毒親の恐怖
・連載コミック「ハートのしっぽ」一目惚れなんて信じない!!(6)
・【伝え方が劇的に変わる!】相手の心に響く〈SNS版〉ショートメッセージのコツ
・【山口発 向精神薬で健康被害を受けた女性が怒りの胸中告白!】「医師である前に人間であって」
・【愛する人を介護する苦悩】小室哲哉(59)の「最後のひと言』を考える
・ノブコブ吉村連載「バッサリ斬ってやりますよ」
・【金正恩 VS トランプ】「五輪後」に激突する可能性
・【4年ぶりの舞台出演中】石原さとみ(31)スタッフにねだった2冊目の台本
・【2月22日はネコの日】愛されニャンコ大集合!
・怖いのに笑っちゃう…!/『社畜ミュージアム」
・大河ドラマ「西郷どん」をもっと楽しむ! 7つのエピソード
・【ムビチケ100名様に】マット・デイモンがちっちゃくなっちゃう…!?/映画「ダウンサイズ」
・〈特写〉広瀬アリス(23)朝ドラ「わろてんか」のリリコが好評
・〈特写〉高良健吾、熱中する30歳/「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」
・インスタ映えな巨大オブジェ/日帰りで茨城の穴場を巡ってみた