小室圭 絶体絶命! 眞子さまの知らない素顔【女性セブン 3/22号】

最新の広告







HeHO(ヒーホー)です。

女性セブン 3/22号を読んで、面白かった記事にコメントしています。

女性セブン 3月22日号(0322)

眞子さまは知らない恋人の素顔 小室圭さん「たった2つの結婚条件」もクリアできない絶体絶命

この記事のポイント

  1. 結婚の条件1 今後の進路をはっきりさせ経済的に安定すること
  2. 結婚の条件2 金銭トラブルを解決すること
  3. 現在の職場でも、それほど仕事がうまくいっているわけではない
  4. 宮内庁は批判を覚悟で、小室圭に仕事を斡旋することを検討



達成が難しい?結婚条件

金銭トラブルは「贈与」だという小室家の理屈に、週刊誌に掲載された小室母の「お金を貸してください」メールで眞子さまのご両親の心証は更に悪くなっている。

裁判でどちらが勝つかどうかは関係なく、小室母がおねだりしてお金を借りたことが丸わかりになってしまったからである。

小室圭も自分の口で、贈与だと思っていると言ったとされているので、品格のなさでいえば母と同類だ。

そういったかなり危うい状況の、眞子さまとの結婚であるが、天皇の裁可も仰いだことから、破談になるにしても筋書きとしては小室家側から辞退してほしいと宮内庁、皇室は願っているようである。

逆に言うと、鈍感力のある小室圭が辞退を申し出ない限り、今のままでは結婚の流れになってしまいそうなのである。

それにくさびを打ち込む意味で、秋篠宮ご夫妻が出した条件が、上記の二つ。

結婚が最低2年は延びてはいるが、結婚条件の期限は来年秋までの1年半。

まず経済的なことからいうと、女性セブンでは年収300万円程度とぼかしているが、ボクの社会人経験と他の雑誌の情報から考えると、せいぜい年収200万~250万円程度であろう。

なりたて弁護士の中には、年収400万円いかない人もたくさんいるし、その中で年間60万円弱の弁護士会費の支出もある。

何の勉強もしないで大学院に通いながら勤めている彼が年300万円をもらっているとは思えないのだ。



その証拠ということはないが、20人いる職場のパラリーガルで男性は彼一人である。

他の同僚の女性たちも、その彼が自分たちより随分上の年収300万円なんて報じられて面白くないのであろう、次のようなリークも掲載している。

弁護士の資料作成から、お茶くみまで雑用は多岐にわたるが、コピーをお願いしてもできないことが度々あった。

とか、英語の翻訳や英訳も仕事のうちで、法律、ビジネスの専門英語には全く慣れていないので彼は苦労している(つまり使い物になっていない)と。

そしてこの仕事は経験に応じて給与がドンドンと上がっていくわけでもない。

差別を助長するわけではないが、結果的にそれで割り切れる女性向けの仕事なのである。



宮内庁の秘策 小室圭へ職の斡旋

そんな小室圭側に、宮内庁が秘策を考えている。

世間の批判は浴びることになるが、小室圭に宮内庁から仕事を斡旋してはどうかというのである。

これは一石二鳥とも思える妙案で、うまくいけば秋篠宮の2つの条件をクリアできる。

では、宮内庁は結婚を積極的に応援しているのかというと、そういうわけでもなくもう一つの理由が凄い!

このまま破談になった場合でも、小室家に仕事を紹介した貸しを作っておけば、眞子さまとの交際や、秋篠宮家、皇室とのやりとりをメディアに暴露することをしないだろうという理由。

逆に言えば、破談してしまったら小室家はペラペラ外部にしゃべってしまうだろうと心配しているわけである。

同じ物事を話すにしても、憎しみを込めて話せば事実でも随分と品のない会話に聞こえてしまうものである。

これでは皇族の品格も落としてしまう。

こういった事態を心配しているのだろう。



どちらにしろ、条件が合わなかったら例え裁可を受けた後だとしても、秋篠宮家側からでもきちんと断る選択肢を残しておかないと、後悔しそうである。

そうしないと、宮内庁から断るように小室家に要請して、それをマスコミを通じて暴露されてしまうという最悪のリークになってしまいそうである。

何しろ相手は鈍感力に関しては日本一と言ってもいい方なのだから。

※この記事の内容には、他メディアからの知識、筆者自身の思い込みが混在しているため、元記事に忠実ではありません。興味のある方は対象雑誌を直接確認ください。

眞子さま婚約関係の記事

[小室圭の人気記事]
□スパ缶! 眞子さま・小室圭 関連の全記事
■小室圭の家庭事情を知れば知るほど憂鬱!眞子さま大丈夫?
■小室圭 同僚の不満でNY生活費『貸与』へ変更【週刊朝日】
■宮内庁の決意 眞子さまと小室圭の「スキンシップ阻止!」【週刊新潮 4/12号】
■小室圭に母が手渡したコンドーム!気持ちワル!【眞子さまからNYへ逃避】
■小室圭 HP変更後も宮内庁激怒! 外務省を巻き込んで抗議【週刊文春】
■眞子さまと元カノを二股?疑惑-小室圭【FRIDAY 3/23号】
■小室圭 辻岡義堂アナの親戚だった!海の王子も必然【週刊大衆】
■小室圭を美智子さまがお嘆き!彼の夢は完成しない!【週刊文春】
■小室圭が侮辱!「紀子さまは日本語理解できない」【週刊朝日】
■小室圭のゲスな本音!「気まずい夕食会」秋篠宮と眞子さま【週刊現代 3/31号】
■「眞子が小室圭に嫁ぐというのはあり得ない」と美智子さま【週刊新潮】

(女性セブン 3月22日号 目次)
・日本アカデミー賞 ファッションをCheck!〝日本代表〟たちの競演
・朝ドラクランクアップ 最後の最後まで〝わろてんか〟
・新しい地図 「新しい道を行ける気がした」日
・シリーズ密着 遠藤憲一 「俳優には向いていないところだらけなんです」
・怒りのレポート “子犬工場〈パピーミル〉” これが地獄でないなら、なんと呼ぶのか
・眞子さまは知らない恋人の素顔 小室圭さん「たった2つの結婚条件」もクリアできない絶体絶命
・羽生結弦 最強の「孤独脳」つくった「震災」「嫉妬」「整体師」
・宮沢りえ「ふんわりドレス」と「長澤まさみ」にザワッ!/船越英一郎 新生活スタート「新恋人は‥‥」
・木村拓哉 険悪 邂逅 大物共演実録(裏)話
・上原多香子 スピード復帰? 「2時間ドラマ」出演の顛末
・仲間由紀恵 佐々木希 東尾理子も! どうなるママ枠!?/乙武洋匡さん ザギトワ似女子大生と「幸せです!」
・大沢樹生さんへ 親密女優が激怒告白 「私生理がきてません」
・吉田沙保里VS伊調馨 「コーチを〝男〟に!」 女の場外乱闘
・小渕優子議員 小学校低学年の息子のクラスも学級崩壊! 緊急保護者会の悲鳴
・岩田剛典 「自分の代わりはどこにでもいる」
・さよなら、ガチャピン、ムック! 子供番組はどこへ行く…
・ブラック歯科医はここで見抜けます!
・追悼!大杉漣さん 日陰に咲く花もみな美しい
・捨てちゃいけないのは「もったいない」の心意気
・コミック 柴門ふみ『恋する母たち』
・山田詠美『日々甘露苦露』
・山田詠美『吉祥寺デイズ』 最速スペシャル書評
・勝手気ままにオバ散歩
・あなたの運勢WEEKLY
・大切な本に出会う場所
・冬眠ジュエリーでひと儲け!?
・全国産業観光ツアー・ガイド 奈良県
・旬の逸品モノ語り/防災拭い
・たった2品でも旨っ!レシピ
・3・11を忘れない/PART1 生死を分ける72時間の過ごし方
・3・11を忘れない/PART2 生死を分ける 場所のとり方・選び方
・3・11を忘れない/PART3 子供を守る3つの教え
・『法律相談事務所』
・立ちション考 室井滋「ああ越中ヒザ傷だらけ」
・各所で話題沸騰 のぶみ「ごりらかあさん」
・セブンズキャッチアップ
・実録奮闘記 伴走介護
・初めてのひとり暮らし サポートマニュアル
・目指せ!TOKO 投稿五輪
・「高いけど売れてる」白物家電 大集合!
・人気&怒り沸騰 佐藤愛子×小島慶子 往復書簡
・おみくじを集める女子が増えているってウワサです
・最強の野菜スープで長生きする
・大阪民泊バラバラ殺人事件 米国人殺人鬼に心を許した〝国際交流〟の落とし穴
・暴走マリオカート!〝観光公害〟は大迷惑です
・高橋一生 人類史上もっとも〝罪な男〟誕生!?
・なめたらアカン! 100均コスメがスッゴイよ!
・山田美保子の山田EYEモード
・無料メルマガ会員クラブ セブンズクラブ 新規会員登録で豪華賞品

最新の広告