小室圭の母が仕事を辞めた!眞子さま資金狙い?【女性セブン】

最新の広告







女性セブン 9/27号 小室圭の母が仕事を辞めた!眞子さま資金狙い?

小室圭さんと消えた母

小室圭の母親の姿が日本から消えた。

おじいさんは住み続けているので、住宅を処分したわけではないようだ。

また、小室圭の母親はパートの仕事も辞めていた。

息子が無職で3年間の留学生活。

一番お金の必要なときに、この緊張感のない行動の意味するものは?



(女性セブンから引用)

「とにかく今は”メディアの前から姿を消す”という方針のようです。しばらくは不自由な生活になったとしても、小室さんがニューヨークで晴れて弁護士となれば、またカメラの前に姿を見せることでしょう。今はその日のための”潜伏の時期”と捉えているのでしょう」 (皇室記者) 一方で、その姿がなかなか見られないのは、日本にいないからだとする声も聞こえてくる。
圭くんを追いかけて渡米している可能性が高いと思います。もともと、”ニューヨークに知り合いがいる”とか ”海外暮らしには慣れている゛とよく目にしていましたし、そもそも佳代さんは、息子と離れて暮らすことができない人です。圭くんとバラバラになることは彼女にとって耐えがたい苦痛ですから」 (小室家をよく知る人物)

海の向こうで人知れず励む愛息の生活の世話—その結果、小室さんが弁護士となって形勢が逆転し、眞子さまとの結婚が認められるとなれば、渡航費や滞在費など、少しも惜しくないだろう。ちなみに、眞子さまが結婚する時の一時金は1億数千万円とされる。



この「小室家をよく知る人物」というのはほぼ間違いなく、小室母の元婚約者ですね。

他の雑誌でも同じ内容のコメントを読んだ覚えがあります。

しかし、さすが女性セブンですね、揉めさせる仕掛けが満載です。

先週号では確か紀子さまバッシングでした。

今週は小室母が完全に眞子様の皇族離脱一時金をあてにしてるというトラップ。




これが確証のない憶測だとしても、小室母がお金を持っているのは間違いなさそうです。

無一文では、お金のかかり続けろこの状態で仕事は辞められません。

となると、やはりお金は持ってるのに、元婚約者からお金を搾り取ったということになる。

悪い奴である。



(同記事より)

留学先での猛勉強が実を結び、小室さんがニューヨーク州の弁護士資格を手にしたとしても、懸念は残る。
「現地で弁護士になっても、日本の弁護士資格があるわけではないので、日本で相応の仕事を探すのは難しい。もし弁護士として仕事をしていきたいのであれば、ニューヨークを仕事と生活の拠点とするのが自然です」(法曹関係者) もしも眞子さまが、ニューヨーク州の弁護士となった小室さんと結婚するならば、新居はニューヨークに構えることになるということだ。そこには当然、母ひとり子ひとりで生活をしてきた佳代さんも同居することになるだろう。



また適当なことを書いてるな。

小室圭はまだ法律事務所に籍があり、生活費を借りている状態である。

つまり、身の振り方を自分一人で決められない。

少ない情報からの連想記事だったが、ちょっと前提があやふやすぎたね。

ただ、今でも「はい、お母様」と返事したり、通学電車のホームで毎朝抱擁したり、空港でコンドームを渡したり、息子のデートコースを母が作ったり、クラスの高い女性と付き合うと母が喜んだりと、何かと気持ちの悪い母子なので、完全に否定するのは難しいかもしれない。



[小室圭の人気記事]
□スパ缶! 眞子さま・小室圭 関連の全記事
■小室圭の家庭事情を知れば知るほど憂鬱!眞子さま大丈夫?
■小室圭 同僚の不満でNY生活費『貸与』へ変更【週刊朝日】
■宮内庁の決意 眞子さまと小室圭の「スキンシップ阻止!」【週刊新潮 4/12号】
■小室圭に母が手渡したコンドーム!気持ちワル!【眞子さまからNYへ逃避】
■小室圭 HP変更後も宮内庁激怒! 外務省を巻き込んで抗議【週刊文春】
■眞子さまと元カノを二股?疑惑-小室圭【FRIDAY 3/23号】
■小室圭 辻岡義堂アナの親戚だった!海の王子も必然【週刊大衆】
■小室圭を美智子さまがお嘆き!彼の夢は完成しない!【週刊文春】
■小室圭が侮辱!「紀子さまは日本語理解できない」【週刊朝日】
■小室圭のゲスな本音!「気まずい夕食会」秋篠宮と眞子さま【週刊現代 3/31号】
■「眞子が小室圭に嫁ぐというのはあり得ない」と美智子さま【週刊新潮】

最新の広告