小室圭の母がついに借金返済に動き出した?【TOCANA】

最新の広告







小室圭の母親が、秋篠宮様からの結婚の条件を満たすべく、借金返済に動き出したと報じられた。

(トカナから引用)

ついに佳代さん(注:小室圭の母)が借金返済のために動き出したという情報が入ってきた。週刊誌記者によると「息子の留学でマスコミのマークが甘くなっている間にこの問題を解決しようと動いているそうだ。本当ならば、すぐにでも海を渡って息子に会いに行きたいだろうが、それも封印。留学中の3年間に何とか返済にメドをつけたいようだ」という。

秋篠宮様から出されていた条件は次の二つ。

  1. まともな職について生活を安定させること
  2. 借金トラブルを解決すること



1について、最近まで就いていたパラリーガルは一般的に女性が多い職場で、キャリアに合せてそれほど給料は上がらない。弁護士でさえ400万円以下の年収が現在の法曹界で、パラリーガルで眞子さまを一生養っていくのは絶望的である。良い悪いは別にして、そういうものだ。

そこで一発、賭けに出たのが米国留学である。秋篠宮様の思惑とは全くずれていたようだが、最短5年間で資格を活かしてまともな収入を得られる可能性が出る。

問題は、2番目の借金トラブル。これまで全く動く様子のなかった小室母子であるが、小室圭が留学に行って世間の注目が外れている隙に母が金策に走っているという。

ボクはもともと小室母子は、数千万円程度の資産は持っていると思っているので、この記事はそれほど信用していない。小室母子の資産の根拠は、3年間という長丁場の無職生活に耐えられる資産がないままの米国留学は無謀ということ。



日本皇室を利用した授業料免除と生活費の貸与を得ているとはいえ、留学の申込み段階ではこれら無しで留学を全うできる青写真を描いていたはずである。

仮に留学3年目で米国生活費がなくなり、ロースクールを休学しなくてはならなくなるような予定を立てるはずがない、と思うのだ。

なので、小室母子はいつでも430万円と言われている借金を返済するだけの資力は持っており、単に返すのがもったいないので贈与を主張して返済していないだけ、と思うわけである。

今ここで一括返済してしまったら、何のために借りたのか、お金がないと嘘を言って借りたのか、と問題になるため、ギリギリになるまでは返済はしないと思う。眞子さまとの結婚が破談になってしまったら返し損、になってしまうしね。

[小室圭の人気記事]
□スパ缶! 眞子さま・小室圭 関連の全記事
■小室圭の家庭事情を知れば知るほど憂鬱!眞子さま大丈夫?
■小室圭 同僚の不満でNY生活費『貸与』へ変更【週刊朝日】
■宮内庁の決意 眞子さまと小室圭の「スキンシップ阻止!」【週刊新潮 4/12号】
■小室圭に母が手渡したコンドーム!気持ちワル!【眞子さまからNYへ逃避】
■小室圭 HP変更後も宮内庁激怒! 外務省を巻き込んで抗議【週刊文春】
■眞子さまと元カノを二股?疑惑-小室圭【FRIDAY 3/23号】
■小室圭 辻岡義堂アナの親戚だった!海の王子も必然【週刊大衆】
■小室圭を美智子さまがお嘆き!彼の夢は完成しない!【週刊文春】
■小室圭が侮辱!「紀子さまは日本語理解できない」【週刊朝日】
■小室圭のゲスな本音!「気まずい夕食会」秋篠宮と眞子さま【週刊現代 3/31号】
■「眞子が小室圭に嫁ぐというのはあり得ない」と美智子さま【週刊新潮】

最新の広告