小室圭の母へ 年金不正受給と借金返済のどちらがいいですか?

最新の広告







【小室圭の母親】年金不正受給の罪と 借金返済のどちらを選ぶ?

小室圭は法曹資格を取るために留学 母は脱法行為か?

このネタ元記事は数誌の週刊誌であるが、たまたま週刊朝日3/16号があるのでこれを参照してみる。

各誌2月下旬ぐらいに集中した記事であり、ネット上でも既出の面があるが、3点の理由により、改めて場合分けして考えてみたい。

  1. 小室母子の借金問題が1ミリも前進していない
  2. 小室圭が法曹資格を目指し始めるのに、母が犯罪者でいいのか?
  3. 借金返済との場合分けされたものを目にしなかった

結論を先に言うと、小室圭の母親はトラブルになっている借金を返済すればそれでいいが、これを無視するようなら遺族年金の不正受給=犯罪者になってしまうぞ、というもの。



経緯に詳しくない人のために、ちょっと前説明をします。

小室圭の母親、彼女の元婚約者であり借金問題の当事者である男性を仮に竹田さんとします。

もともと婚約者だった竹田さんは、小室母から借用書をとっていないため、裁判したら負けてしまうかも知れません。

しかし、皇室としては皇室の品位を保たなくてはなりません。借りたものならば誠意を持って返さなくてはならないのです。



当初小室圭は、初めて聞いた、と秋篠宮ご夫妻に説明していました。

このようにその場しのぎで取り繕うとしているうちに、小室圭本人の関与が確定し、「申し訳ありませんが当分の生活費をお借りしても良いでしょうか」と小室母が竹田さんに無心したメールが週刊誌に公開されました。

これで秋篠宮ご夫妻はこの母子に完全に不信感を持ってしまいました。

ちなみに次の画像が借金の時期と内訳です。



そして、このトラブルの影響で結婚が延期となり、借金トラブルを解決することが秋篠宮様から出された結婚の条件の一つとされました。

しかし、息子の小室圭は完全にこれを無視する形で米国への留学を相談なしで決めてしまいました。もちろんこの間、 竹田さんに小室母子が接触した形跡は全くありません。

これが、ここまでの流れです。



小室母子がこのまま借金を返済しない場合

あくまで貰ったものとして、借金を返済しない場合は、当然、この金額は贈与となります。

そこで問題になるのが、贈与税不払いの問題と、無くなった夫の遺族年金不正受給の問題が出てきます。

特に遺族年金不正受給については小室母も認識していたようで、次のようなメールを竹田さんに送っています。

私は主人の年金を受け取っている問は内縁の関係にはなれません。内縁とは何か:役所の人が言うには

『生活の中で他人に一円でも養って貰う事』だそうです。

私か今すぐに入籍すれば何の問題もありませんが、パピーが年金を取得する4年後迄待ったほうがよりベターという事になりましたよね。

(略)ですので私達の事実婚はなるべくどなたにも知られたくないのです。

万が一どなたかが役所に告発すると最悪の事態になりかねません。(略)人の口に戸は建てられませんから

つまり、年金を不正受給したいから黙っててね、って竹田さんにお願いしているわけです。

この場合でも、借金を借りたものとして返済するのであれば、まだ言い訳もたつのでしょうが、さすがに全額援助してもらったと主張するのであれば、当然不正受給の問題は発生するでしょう。

ちなみに週刊朝日が聞いた弁護士さんは「違法とまでは言わないが脱法です」と回答しています。皇室関連なのでぼかして答えているのでしょう。

『脱法』を違法?適法?と区別すると、明らかに違法側です。



このケースは、YAHOO知恵袋の回答によると次のようになるようです。

「年金の不正受給」には、もちろん返還義務があります。

国民年金の不正受給では、100万円以下の罰金を課す
ことができます。
加えて、詐欺罪による懲役があります。

以下、詳しくみていきます。
(1)国民年金
国民年金法 第二十三条により、年金の不正受給があるときは、全部又は
一部を徴収(返還)しなければなりません。

罰則は3年以下の懲役または100万円以下の罰金となっています。

(2)厚生年金保険法
国民年金法と同様の返還規定はありますが、厚生年金保険法には
不正受給した場合の罰則がありません。

(3)刑法
刑法246条の詐欺罪が適用される場合があります。
適用されると、十年以下の懲役になります。

つまり、罪の軽い厚生年金保険法でも、全額の返還義務と、詐欺罪適用の可能性が生じるわけです。

これが国民年金ならさらに「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」がプラス。

前記の脱法論理でいくと、詐欺罪までは適用しない場合も多いけど、全額返還は当たり前、ということでしょうかね。

あと贈与税もキッチリお願いしますね。



皇族の親戚になる家庭がこれはあり得ないんじゃないでしょうか。

海外にも、『天皇の孫の義母が詐欺罪で逮捕』なんて恥ずかしくて伝えられたくないですよね。

お金に色はついていませんし、そのお金を原資に法曹資格を得るために渡米留学なんて、笑い話にもなりません。



やはりきちんと借金は返しましょう

借金を完済したとしても、正直グレーな部分は残ります。

それでも、そのグレーを法律も周囲の人も許してくれるのではないでしょうか。

無茶な強行突破がお好きな親子ですが、ここは前段の犯罪者にならないように、きちんと借りたお金は返済してください。

この先どんな行動をしても、国民の祝福を得るのは難しい状態であると思いますが、1つ1つ、自分たちの問題点を解決していった方が、物事はスムーズに進むと思いますよ。



そうしないと、どうしても年金の不正受給は許せないという人から、関係各所に連絡がいってある日いきなり犯罪者ということもあり得ます。

既に皇室の婚約者一家というより、国民としての適格性の問題のような気がしますが、まだ間に合うかもしれません。

[小室圭の人気記事]
□スパ缶! 眞子さま・小室圭 関連の全記事
■小室圭の家庭事情を知れば知るほど憂鬱!眞子さま大丈夫?
■小室圭 同僚の不満でNY生活費『貸与』へ変更【週刊朝日】
■宮内庁の決意 眞子さまと小室圭の「スキンシップ阻止!」【週刊新潮 4/12号】
■小室圭に母が手渡したコンドーム!気持ちワル!【眞子さまからNYへ逃避】
■小室圭 HP変更後も宮内庁激怒! 外務省を巻き込んで抗議【週刊文春】
■眞子さまと元カノを二股?疑惑-小室圭【FRIDAY 3/23号】
■小室圭 辻岡義堂アナの親戚だった!海の王子も必然【週刊大衆】
■小室圭を美智子さまがお嘆き!彼の夢は完成しない!【週刊文春】
■小室圭が侮辱!「紀子さまは日本語理解できない」【週刊朝日】
■小室圭のゲスな本音!「気まずい夕食会」秋篠宮と眞子さま【週刊現代 3/31号】
■「眞子が小室圭に嫁ぐというのはあり得ない」と美智子さま【週刊新潮】

最新の広告