小室圭 秋篠宮さまの宿題5つ未解決!【週刊文春】

最新の広告







週刊文春 11月22日号 小室圭 秋篠宮さま5つの宿題未解決!

小室圭 秋篠宮さま「五つの宿題」

眞子さまと小室圭の結婚延期の発表後、秋篠宮ご夫妻が小室圭に会ったのは少なくとも4回ある。

そしてそのうち、母親の佳代が同席したのは2回あった。

しかし、秋篠宮ご夫妻の懸念は、全く解決に向かっておらず、現在も5つの宿題が残ったままだという。

その5つの宿題とは・・・

  1. 母親佳代と元婚約者間での「借金問題」
  2. 小室家「警護の問題」
  3. 「米国留学」問題
  4. 「母子密着」問題
  5. 紀子さまが結婚に強く反対している問題



1. 母親佳代と元婚約者間での「借金問題」

あくまで贈与と主張する小室母子に、秋篠宮さまは「国民が納得できるような説明を」と依頼しているが、全く動く気配がない。



2. 小室家「警護の問題」

毎月700万円もの税金が使われているとも報道された小室圭自宅前の警備の問題。

秋篠宮さまは警備削減の意向を話されたが、小室母子が自ら警備の削減を申し出ることは無かった。

(週刊文春11/22号から引用)

その後、小室さんと警察との関係は悪化したようだ。
「マスコミに追われることを嫌った小室さんは、自身の情報が警察から漏れていることを疑っていたようです。特に八月七日は、渡米する姿をカメラに撮られたくなかったため、成田から出発する予定なのに、それを伏せ、あえて『羽田から』と警察に伝えて混乱を招いたそうです」(別の宮内庁担当記者)
今も自宅前のポリスボックスは小室さんの一時帰国に備えてそのまま設置されており、時折警察が見回りに来ている。

警備をありがたがってくれない人物に税金を使うのも納得できないが、せめて警備費用を最小化する努力、つまり警備側との密な連携だけはとってほしいものである。



3. 「米国留学」問題

留学してから、一切、小室母子から秋篠宮さまへの報告、連絡はないそうである。

皇族で無くても怒るよね、これは。

(同記事より)

「留学して三ヵ月余が経ちますが、小室さん母子からは一切の連絡も報告もないそうです」(同前)
留学の真意や、いつ帰国できるのか、将来の展望についても不透明なままになっている。



4. 「母子密着」問題

小室母子は、お互いを「お母さま」「圭ちゃん」と呼び合う仲。以前は毎日のように、二人一緒に自宅からタクシーで最寄り駅まで通っていたという。

別の週刊誌によると、ホームで強く抱擁して毎朝お別れしていたとも報じられている。

また、連絡も密で、息子の圭が金持ちの娘や家柄の良い娘と付き合う度に、小室母が大喜びしたという話や、息子のデートコースは小室母がプランを作ってあげていた、という逸話も残っている。

そして前回の米国留学時には、小室母が空港の売店でコンドームを買って息子の圭に手渡していたと、元婚約者が証言している。

どうみても気持ちの悪い親子だが、秋篠宮ご夫妻も、宮邸での会談を通じて”母子密着”ぶりを痛感されたようだ。



5. 紀子さまが結婚に強く反対している問題

紀子さまの小室母子に対する不信感は根強く、たとえ秋篠宮さまが納得されても、紀子さまは反対し続ける可能性があるという。

まあ紀子さまの立場からすれば当然かも知れないが、美智子さまや、他の皇族からの目を考えればどうしても賛成は出来ないだろうなとは思う。

秋篠宮さまが周囲と不仲で頑固であればなおさら、紀子さまの負担は重くなりそうだ。



総括すると、4番の母子密着の問題以外は、小室圭が積極的に動くことで解決できない問題ではなさそうである。

それにも関わらす、全く動く様子がないまま米国に逃げ込んだというのは、もう眞子さまとの結婚を諦めて、示談金狙いに移行したのかと思われてもしょうがないのかな。

少なくともボクはそう思ってるけどね(笑)

[小室圭の記事一覧]
□スパ缶! 眞子さま・小室圭 関連の全記事(新着順)
□スパ缶! 眞子さま・小室圭 関連の全記事(古い順)

最新の広告