眞子さまのご結婚は『まだ』本人次第?【サンデー毎日】

最新の広告







サンデー毎日 8/19-26号 皇族それぞれの夏

眞子さまのご結婚は本人次第?

平成最後の夏を迎えての、皇族それぞれの立場を切り取る記事の1パートです。



 「アメリカで弁護士の資格を取得し、ある程度の収入を得られるようにして、安定した将来設計を築くことができるようになれば、批判にさらされることは減るでしょう」(皇室ジャーナリスト 山下氏)

ということらしいですが、米国警備と小室母警備に税金を使い続ける形になれば、全然批判は減らないでしょうね。

授業料無料、生活費は勤務先事務所からの貸与、警備費はそれぞれの国民の税金と、一人の若者を自立させるためにどれだけ周囲に迷惑をかけていることか。

痛まないのは本人の懐だけです。

この状況で批判がおさまるとは考えにくいのですが。



 秋篠宮家に近い関係者によると
「国民の厳しい視線をどう考えるか、ということでしょう。秋篠宮殿下は2、3年先になってもおふたりの気持ちが変わることがなければ、結婚させるつもりのようです。問題が解決していれば、最後は当人同士の意思によりますから」

一番の問題なのは、借金問題の解決を秋篠宮ご夫妻が課題に出していたにも関わらず、全く動いている気配がないこと。

そんな秋篠宮さまの意向を全く無視することは、皇族うんぬんよりもすでに小室圭の人間性に関わってきています。



そんな相手に結婚を許すというのは、ちょっと難しいのではないでしょうか。

少なくとも小室圭は留学前にお金を借りている人物と接触して今後の見通しを話しておくべきでした。

仮に数年後に、あの時の借金を返します、と小室圭が返済したとしても、途中の経緯がありますので誠意のある態度とは誰も思わないでしょう。

というより、小室母の意向でお金を返すつもりはないでしょうけどね。

ボクは破談一択だと思っています。

[小室圭の人気記事]
□スパ缶! 眞子さま・小室圭 関連の全記事
■小室圭の家庭事情を知れば知るほど憂鬱!眞子さま大丈夫?
■小室圭 同僚の不満でNY生活費『貸与』へ変更【週刊朝日】
■宮内庁の決意 眞子さまと小室圭の「スキンシップ阻止!」【週刊新潮 4/12号】
■小室圭に母が手渡したコンドーム!気持ちワル!【眞子さまからNYへ逃避】
■小室圭 HP変更後も宮内庁激怒! 外務省を巻き込んで抗議【週刊文春】
■眞子さまと元カノを二股?疑惑-小室圭【FRIDAY 3/23号】
■小室圭 辻岡義堂アナの親戚だった!海の王子も必然【週刊大衆】
■小室圭を美智子さまがお嘆き!彼の夢は完成しない!【週刊文春】
■小室圭が侮辱!「紀子さまは日本語理解できない」【週刊朝日】
■小室圭のゲスな本音!「気まずい夕食会」秋篠宮と眞子さま【週刊現代 3/31号】
■「眞子が小室圭に嫁ぐというのはあり得ない」と美智子さま【週刊新潮】

最新の広告