小室圭会議90分 美智子さま沈黙を破る【女性セブン】

最新の広告







女性セブン11/15号 小室圭会議90分 美智子さま沈黙を破る

蒼ざめた「小室会議90分」 皇后美智子さまついに沈黙を破る

眞子さまの誕生日は10月23日、先日27歳となった。

この日、眞子さまは両陛下に誕生日の挨拶のため皇居を訪れた。

滞在時間は1時間半、美智子さまは眞子さまとの『会談の場』を持った。

もちろん、現在硬直状態にある小室圭との結婚についてである。



(女性セブン11/15号からの引用)

「美智子さまは真子さまに緊張感を持たせないよう、真子さまの幼い頃の思い出や、最近、関心や興味を持っていることなどもお話しされたと聞きました。
美智子さまはとても穏やかに、静かにお話しされます。
”白黒をつける”ということではなく、さまざまなたとえ話をされるなどして、眞子さまに自覚をうながされたのでしょう。ただ、美智子さまはその昼食会で、お気持ちを余すところなく伝えられたようです」(別の宮内庁関係者)

「”11月中の決断”が囁かれる中での美智子さまのお言葉には相当な重みがあるはずです。このタイミングでお話しされたということは、ようやぐ眞子さまに、穏やかな気持ちで人の話に耳を傾ける心の落ちつきが出てきたということなのでしょう」(前出・別の宮内庁関係者)




この関係者によると、美智子さまは来年の「御代がわり」で、秋篠宮家が皇嗣家になることをとても重くお考えだという。

「眞子さまは皇嗣家の長女であり、将来の天皇である悠仁さまの実姉でもあります。天皇をもっとも身近で支える存在として、より身を律し、高潔でいなければならない。それは、美智子さまご自身が皇后として長年、心を込めて実践されてきたことでもあります。眞子さまのこれからのお立場に照らし、小室さんが本当にふさわしいかたなのか-そうしたことを静かにお話しされたのだと思います」 (前出・別の宮内庁関係者)



これまで、美智子さまの心情はいろんなメディアで報じられているが、5月には美智子さまはこれらの内容を一切否定された。

そしてまた、こういう記事が出ているわけなのだが、理由はある程度明白だろう。

11月30日の秋篠宮さまの誕生日発言で、ある程度この問題にけりをつけないと、お代替わりまでの決着は難しくなる。

お代替わり直前に不幸なニュースを皇室発信するわけにはいかないからだ。




記事にはこんな一文もある。

物事を理路整然と、突き詰めて考えられる眞子さまは、美智子さまのお気持ちを重く受け止めたに違いない

この一文の通り、早く破談になればいいのにな、と素直に思う国民は多いと思う。

[小室圭の記事一覧]
□スパ缶! 眞子さま・小室圭 関連の全記事(新着順)
□スパ缶! 眞子さま・小室圭 関連の全記事(古い順)

最新の広告