「眞子が小室圭に嫁ぐというのはあり得ない」と美智子さま【週刊新潮】

最新の広告







週刊新潮 8/16・23号 破談を決めた「美智子さま」発言秘録

「あの方はあり得ない」と美智子さまのご真意

記事では美智子皇后の、小室圭への不信感をその言葉を宮内庁関係者からの情報として掲載している。

一番、孫のこと皇室のことを思って核心をついているのは次の言葉です。

 皇后さまは『もし結婚したとして、眞子にはサーヤ(黒田清子さん)のように後々、伊勢(神宮)の祭主など、民間にあっても公務に携わってくれることを期待しています』と常々仰っています。ですがその一方で、『そうした時、ご自分のキャリアや眞子との結婚しか考えていないような方が、果たして眞子を応援してくださるでしょうか』『そう考えた時、眞子があの方に嫁ぐというのは、あり得ないことだと思うのです』。そのように疑念を露わになさっていました



他にも小室圭への不信感から口癖になっていると見受けられる言葉があります。

最近の皇后さまは『小室さんとは、一体どういう方なのでしょう』としきりにこぽしておられます

 

そして、小室圭否定の前提が全て現天皇、次の天皇、皇嗣(秋篠宮さま)のために良くないという発想から来ていることが分かります。

戦没者の慰霊や、被災地への訪問など、陛下と私かこれまで考え、積み重ねてきた象徴の意味を、小室さんは理解されているのかしら。新しい時代は東宮がおらず、その中で皇嗣(秋篠宮さま)の重要性というのは、想像できないほど大きいものです。その皇嗣家に連なる親戚として、あのような方が入ってくるというのは、到底考えられないことです



美智子皇后の知人によると、『譲位の前に陛下が、小室さんやお母様を御所にお呼びして、お話をなさることになるでしょう』とはっきりおっしゃっているほど、破談に向けての気持ちとプロセスは固まっているようである。

ご結婚の裁可を出された陛下から直にお話しなさるのが筋道である、という強い気持ちからだと推察される。美智子皇后が、初孫のごたごたに幕をお引きになる決意なのである。



ここまで陛下、皇室、日本国民と振り回してしまう小室圭の鈍感力は本物である。

この週刊新潮が出る前日に日本を出発した小室圭だが、数日前に編集部が「結婚の意思」を確認すると、無言で立ち去ってしまったという。

陛下まで巻き込んだドタバタ劇の小室圭、国民の中に味方はいるのだろうか。

[小室圭の人気記事]
□スパ缶! 眞子さま・小室圭 関連の全記事
■小室圭の家庭事情を知れば知るほど憂鬱!眞子さま大丈夫?
■小室圭 同僚の不満でNY生活費『貸与』へ変更【週刊朝日】
■宮内庁の決意 眞子さまと小室圭の「スキンシップ阻止!」【週刊新潮 4/12号】
■小室圭に母が手渡したコンドーム!気持ちワル!【眞子さまからNYへ逃避】
■小室圭 HP変更後も宮内庁激怒! 外務省を巻き込んで抗議【週刊文春】
■眞子さまと元カノを二股?疑惑-小室圭【FRIDAY 3/23号】
■小室圭 辻岡義堂アナの親戚だった!海の王子も必然【週刊大衆】
■小室圭を美智子さまがお嘆き!彼の夢は完成しない!【週刊文春】
■小室圭が侮辱!「紀子さまは日本語理解できない」【週刊朝日】
■小室圭のゲスな本音!「気まずい夕食会」秋篠宮と眞子さま【週刊現代 3/31号】
■「眞子が小室圭に嫁ぐというのはあり得ない」と美智子さま【週刊新潮】

最新の広告