三田佳子シャブ息子 愛人は元乃木坂46「大和里菜」【週刊文春】

最新の広告







週刊文春 9/20号 三田佳子シャブ息子 愛人は元乃木坂46「大和里菜」

三田佳子次男シャブ通報 現場にいた愛人は元乃木坂46

三田佳子の次男が4度目の逮捕となった覚醒剤事件。

逮捕の切っ掛けは愛人とのトラブルだったという。



(週刊文春から引用)

九月十日夜、知人女性に日当三万円で自宅マンションの掃除を頼み、家を出た女優・三田佳子(76)の次男、高橋祐也容疑者(38)。友人男性と、かねてから不倫交際を続ける元アイドルと三人で渋谷区内にある馴染みの焼肉店に入った。
「祐也はこの日、完全に、”BADモード”。十五歳下の若い愛人の日頃の行動に不信感を抱いており、激しく詰め寄ったそうです。彼女のスマホを取り上げ、勝手にSNSを立ち上げ、口論の末にスマホをバキバキに壊したと聞いています」(共通の友人)
あまりの激昂ぶりに店員が110番通報。捜査員が駆けつけると、高橋は長時間にわたり、「弁護士を呼ぶぞ!」などと声を荒らげ、抵抗したという。
「高橋の挙動に不審を抱いた捜査員が病院で尿検査を受けさせたところ、陽性反応が出たため、翌朝、覚せい剤取締法違反で緊急逮捕となりました」(社会部記者)



愛人は、元乃木坂46の大和里菜。

高橋祐也は2010年に結婚しているので、恋愛ではない。

何でも、高橋は4年前に自宅を売却し8千万円を手にしたが、わずか2年で使い切ってしまったという。

最初はキャバクラ、それに飽きるとタレントとの「ギャラ飲み」にのめり込んだようだ。

筆に高橋とお茶するだけで最低3万円の小遣いがもらえるとあって、アイドルやモデル、グラドルが集まってくるようになった。



一方、大和里菜は乃木坂をクビになったアイドル。

原因は、未成年飲酒や路上抱擁などで、昨年には別の事務所もクビになっている。

高橋との出会いは2年前のギャラ飲みで、トータルで1千万円以上は貢がせていたらしい。

また高橋は両親に対して暴力をふるっていたが、大和にも同様だった。



(同記事より)

「カネを払っている自分が王様で、従わないと殴りかかったり、刃物を持ち出して暴れたり、傷害沙汰はしょっちゅうだった。実際、何度か警察署に留置されたことがありましたが、やり手の弁護士が示談で処理をしていました」(同前)
実は、昨年九月に高橋は大和を殴打し、警察沙汰に発展している。小誌が入手した「示談書」によれば、《身体的、精神的慰謝料》として、高橋は大和に、百二十五万円の示談金を支払うことを了承している。
「原因は祐也くんの嫉妬。満足なお金を渡しているのに何で他の男と仲良くするんだって。とはいえ彼は妻子持ち。里菜としても不安だった。示談金も受け取り、関係を清算するのかと思ったのですが……」(前出・大和の友人)



大和は現在23歳。

その年齢で、すでにいろんな経験をしているようだ。

しかし、未成年時に不良行為でアイドルをクビになると、身の崩し方が半端じゃないように思う。

元モーニング娘。の加護ちゃんしかり、挽回するのは至難の業だと知りつつも芸能界周辺にはしがみついている、ような・・・

乃木坂在籍時にファンだった者から見て、無理すれば自分にも出せるような金額でシャブ中の愛人になっている現状はどう映るんでしょうかね。

最新の広告