小室圭がNYで接触した女性!浮気は大丈夫?【女性自身】

最新の広告







女性自身 9/4号 NYでも女性に優しい小室圭!浮気は大丈夫?

小室圭さん「眞子さま信じる!」NYの笑顔

月額15万円の寮生活で勉強生活をはじめた小室圭。

入寮までは学校が用意した高級アパートに滞在し、すっかりVIP待遇を当たり前に享受していたようだが、相変わらず女性には優しいようだ。

小室圭がNYの大学で接触した女性から女性自身編集部が話を聞いている。

(女性自身から引用)

「ロースクールのオリエンテーションが終わったあと、コンファレンスルームで小室さんが男子学生と3人で話していました。
私と目が合うと、私が日本人だとわかったからでしょうか、向こうから自然に『こんにちは』と声をかけてきました。
嫌みなくスッとこう言える人は、アメリカでも、なかなか珍しいです。とても好印象を持ちました」

女性が「写真を撮ってもいいですか」とお願いすると、小室さんは屈託のない笑顔で応じてくれたという。

(略)

さらに女性が、「今は、ここのキャンパスの寮にお世話になっているの?」と尋ねると、「そうです、ここの」と学生寮を指さした。

最後に、「眞子さまとのこと、ニュースで見ましたよ。頑張ってね」と声をかけると、
「本当にありがとうございます!いろいろ教えてください。よろしくお願いします」とうれしそうな笑顔を見せ、丁寧にお辞儀をしたのだった。

女性は「本当に感じのいいナイスガイでした」と、すっかり小室さんに魅了されたという。



本誌にはこの時に撮影した写真も掲載されている。

ちょっと脇が甘いんじゃないかな、とも思う。

日本のプリンセスの相手はどんな男かしら、と女性が近づいてきたらすぐに落ちそうな予感をさせる記事ですね。




小室母の元婚約者によると、日本では常に2~3人のガールフレンドがいたという小室圭。

また前回の米国留学時には空港で母からコンドームを手渡された小室圭。

(参考記事:小室圭に母が手渡したコンドーム!気持ちワル!【眞子さまからNYへ逃避】

ニューヨークでの誘惑を乗り切れるのだろうか?

まあ、ニューヨークでの間違い(浮気)も宮内庁の思惑に入っているとの憶測もあるけどね。



ところで下記が小室圭が生活する学生寮の部屋。

月額家賃15万円、バスルームは共用、ベッドルームは一人一室。24時間警備でジムも完備。

生活費は勤務していた法律事務所からの貸与である。



記事は続ける。

(同記事より)

3年後には、佳代さんの元婚約者X氏からの借金約400万円と合わせて、1千万円以上の負債を抱えることになるのです。
秋篠宮ご夫妻も結婚に難色を示されている厳しい現状のなか、なぜ小室さんはそこまでのリスクを背負って留学に踏み切ったのか、首を傾けざるをえません」

だが大学関係者の女性が目撃した小室さんの表情に、不安の色はまったく感じられなかった

「弁護士資格を取得するまで、眞子さまは絶対に待っていてくださる」

屈託のない笑顔の陰には、そんな眞子さまへの強い信頼があるのだろう。

せめて小室圭側からは、浮気などでこれ以上眞子さまを傷つけないでほしいものだ。

[小室圭の人気記事]
□スパ缶! 眞子さま・小室圭 関連の全記事
■小室圭の家庭事情を知れば知るほど憂鬱!眞子さま大丈夫?
■小室圭 同僚の不満でNY生活費『貸与』へ変更【週刊朝日】
■宮内庁の決意 眞子さまと小室圭の「スキンシップ阻止!」【週刊新潮 4/12号】
■小室圭に母が手渡したコンドーム!気持ちワル!【眞子さまからNYへ逃避】
■小室圭 HP変更後も宮内庁激怒! 外務省を巻き込んで抗議【週刊文春】
■眞子さまと元カノを二股?疑惑-小室圭【FRIDAY 3/23号】
■小室圭 辻岡義堂アナの親戚だった!海の王子も必然【週刊大衆】
■小室圭を美智子さまがお嘆き!彼の夢は完成しない!【週刊文春】
■小室圭が侮辱!「紀子さまは日本語理解できない」【週刊朝日】
■小室圭のゲスな本音!「気まずい夕食会」秋篠宮と眞子さま【週刊現代 3/31号】
■「眞子が小室圭に嫁ぐというのはあり得ない」と美智子さま【週刊新潮】

最新の広告