藤木由貴!スタッフが恋心【ゴッドタン】アイドル飲み姿カワイイGP

2017年7月22日深夜放送のゴッドタンがすごく面白かったので、切り抜いてみます。

ゴッドタン『アイドル飲み姿カワイイGP6』2017年7月22日深夜放送

アイドル飲み姿カワイイグランプリは、今回が第6回目となる同番組の人気企画である。

普段、アイドルと一緒に飲む機会などない視聴者に、色っぽいアイドルの姿を見せてくれるという企画である。

これまでこの企画から中村静香などがブレークしている。

この回の出演者は、橋本梨菜藤木由貴和地つかさの3名であるが、このページでは藤木由貴の飲みカワ姿を切り抜きます。



飲みカワ 藤木由貴 編

藤木由貴の職業はレースクィーンです。

タレント業ではない、胸やスタイルが強調されすぎていない、などから一般人に一番近い存在です。

それだけ飲み相手のディレクターにとっても、他の二人よりは身近に感じられる相手かもしれません。



まずはグラスを合わせてスタート。

藤木 おいしい

ディレクター おさけは好きなんですか?

藤木 わたし、全然飲みます。友だちとご飯に行ったときとかは。

審査を始める前にまずは1時間飲むことになります。

まず酔わないと審査できないですからね。

実はディレクター自身がおさけに弱かったw

1時間経たないうちに顔が赤くなっちゃいました。



笑い上戸の藤木は、そのことだけで笑い転げてしまいます。

かわいい女性が笑ってる姿はなんだかハッピーですね。

ディレクター 好きな人に呼ばれたい呼ばれかたってあります?

藤木 ゆきちゃんって呼ばれたいんですよ。ちゃん付けされたいんですよ、彼氏には。すごいキューンときます、なんだか。

ディレクター ボク一応、名前がひろたあきひろっていうんですよ。

藤木 あっくんとか。

ディレクター あっくん。あー、懐かしいです。

藤木 懐かしいって何ですか?



劇団ひとりが、「ボクらの時代みたい(なトーク)だな」と言います。

まったーりした感じのトークです。

ディレクター 飲み会で気になる人がいる時に、ちょっとアピールするしかたとか

藤木 隣に座ったりとか ちょっとトイレに、とかいってトイレに行く、行って、行きました。

と、行くふりをして隣に座るとか

ディレクター 近い。これはいいっすね。今のもう一回、やってもらえます。

藤木 じゃあ、持ってくるね(と、ぐるっと回って隣に着席)



この、小悪魔め。

なんだか楽しそうです。

ディレクターはもう『なるほど』としか言えません。

感無量で、すでに仕事を忘れてしまっています。

ひとり なるほどじゃねえよ!

ひとり あいつクビだな!

VTRを本人Dも一緒にみていますw



【理想の告白審査】

藤木 全然彼女がいても(わたしは)行っちゃうタイプ

ディレクター ゆきちゃんって好きな人かいないの?

藤木 いる

ディレクター あ、いるの?誰?

(Dの挙動がおかしいけど、もしかして嫉妬してる?)



藤木 いやあ、でもねえ、あっくんには言えないかも

ディレクター なんで?言えないの?

藤木 なんか、言いづらい

ディレクター (他の人には)絶対言わないから

藤木 ほんとに?絶対言わない?

藤木 あっくんなんだよね

もう、超デレデレ。Dのうすら笑いが続きます。

転がされてんじゃねえよ!

スタジオも大うけです。



ホントに喜んでやがるぜ、D!というところでしょうか。

ディレクター へ?マジで?

マジなわけねえだろ!とボクはテレビに突っ込みます。

キャバ嬢に入れあげている、情けない男と同じです。

『カワイイ』ってアナログでツイッターしています。

もう自分が審査員気分です!

審査員はMC陣だっつーに。



スタジオでの反省会で。

ディレクター 藤木さんの時はちょっと本気になっちゃってた部分があって

本人びっくり!

ビジネスに決まってるでしょ!男ってみんなバカなの?という彼女の心の声が聞こえてきます。

小木 確かに、ずっと最初からカッコつけてたもん!



【お持ち帰りの誘いを可愛く断る審査】

ディレクター 眠いでしょ?

藤木 眠い

ディレクター 寝てく?うちで?

藤木 そういう、なんかノリで嫌なんだよね。なんか、ノリ、で行くのは嫌なんだよね

ディレクター でも別に、なんもしないもん。ベッド貸してあげるよ、ってだけ

藤木 いや、でも、今日は帰る

ディレクター ノリで言ってるわけじゃないよ



藤木 本気?

ディレクター 本気ならいいの?

藤木 深くうなずく

結構かわいいぜ、チキショウ

矢作 (断るシチュエーションなのに)OKしちゃったよ。マジだったらいいって、簡単だよね。

うまく断らないと(いけないよ)カワイく断る

ぞっこんのディレクターも自分の仕事をまだ覚えていたようですw



ということで2回目スタート。

ディレクター たぶん、このままバイバイしたら、たぶん、もう一生会わないかもしれない

藤木 いや私は、会いたいなって思うから。好きなんだけど、私はもっとアッくんのこと知りたいから、もっといろいろ話したりとか会ったりとかして、もっと深くなっていきたいと思うから、

ディレクター 大好き!

思わず笑みがこぼれます。

ディレクター 行こう!行こう

藤木 いこっか

結局オチた



矢作 断れないっていいよね

いや、ホントにそう思います。

ただ心配なのは、あのディレクターのメンタルです。

虚構と現実の区別はできているのでしょうか?

こんな感じで、企画は終了!




三人全員の飲みカワ審査を終えて、MC陣から藤木さんの扱い違ってたという発言。

矢作 ほんとにディレクターのこと好きになったことある?

藤木 ないです

矢作 ないよね?

藤木 はい

ディレクターはこんな顔で感情を封印しました。

ひとり なに、一丁前に落ち込んでんだよ

と言って、ディレクターに引導を渡しましたとさ。

第七回飲み姿カワイイGPに続く。

[こちらの記事もオススメです]
■ちょいエロTV
■テレビの切り抜き
■週刊誌の切り抜き