『小室圭に眞子を任せられない』秋篠宮さま動く!?【週刊文春】

最新の広告







週刊文春8/30号 『小室圭に眞子を任せられない』と秋篠宮さま動く!

小室さんNY満喫 秋篠宮さまは最終決断

小室圭が特別待遇で日本を後にし、特別待遇でNYで迎えられたことと対照的に秋篠宮家には重苦しい雰囲気が漂う。

(週刊文春から引用)

宮内庁関係者が語る。

「これまでの秋篠宮さまは員子さまの結婚に対して、『娘の意志に任せる』と干渉しないお立場でした。しかし、小室さんの母親の借金トラブルや、突然の米国留学などの問題により、秋篠宮さまも『(小室さんに)娘を任せられない』と思われるようになった。来年の御代替わりの前までに決着をつけると”最終決断”に向けてご意志を固めつつあるようなのです」

秋篠宮さまの”最終決断”を示唆する二つの出来事があった。



二つの出来事というのは、

  1. 8月4日の小室圭の留学挨拶に、東宮御所正門を使わせたこと
  2. 『納采の儀 現状では行えない』と朝日新聞が一面で報じたこと

のことである。




1について(参考記事:小室圭 8/4秋篠宮邸への進入経路!マスコミ対策【女性セブン】

東宮御所正門というのは、天皇陛下、皇太子様など、ごく限られた人だけが使用している門である。

また皇太子邸の横を通ることもあり、通常であれば皇太子さまに声をかけて了解をもらう。

しかし、8月4日の小室圭訪問時は、皇太子様不在ということもあり、秋篠宮さまが皇太子様に無断で決められたという。

どこでもそうだが、もし秋篠宮様が小室圭を『身内』だと思っていれば、特別扱いで東宮御所正門を使わせたりしない。

例え兄弟である皇太子様とはいえ『外』に対しては身内への行動は律して接するはずである。

その事を考えると、秋篠宮さまにとって無断で門を使用させてもらった皇太子様は『内側の人間』、小室圭は『大外の人間』ということだ。

記事では秋篠宮さまの心情を次のように書いている。

秋篠宮さまとしては、『秋篠宮家と関係を持つ小室さんの姿を、これ以上マスコミに撮らせたくない』という想いをお持ちだったのではないでしょうか。

それは、突然留学を決めた小室さんに対して強い不信感を持たれていることの現れです。



2について

これまで小室圭のスキャンダルについてはほとんど触れてこなかった朝日新聞が一面に掲載した衝撃は大きかった。

現時点では秋篠宮さまの了解がなければ新聞社は記事にしない。

つまり秋篠宮さまに近い宮内庁担当記者が、秋篠宮さまの『破談にする』意向を知っていて書いた可能性が高いのだ。



以上の2点からも、秋篠宮さまが眞子さまの結婚問題に関して最近積極的に動かれている様子がうかがえる。

破談にするのであれば来年の御代替わりの前までに秋篠宮さまはケリつけたるはずである。

最終決断を下す日が刻一刻と迫っている。

[小室圭の人気記事]
□スパ缶! 眞子さま・小室圭 関連の全記事
■小室圭の家庭事情を知れば知るほど憂鬱!眞子さま大丈夫?
■小室圭 同僚の不満でNY生活費『貸与』へ変更【週刊朝日】
■宮内庁の決意 眞子さまと小室圭の「スキンシップ阻止!」【週刊新潮 4/12号】
■小室圭に母が手渡したコンドーム!気持ちワル!【眞子さまからNYへ逃避】
■小室圭 HP変更後も宮内庁激怒! 外務省を巻き込んで抗議【週刊文春】
■眞子さまと元カノを二股?疑惑-小室圭【FRIDAY 3/23号】
■小室圭 辻岡義堂アナの親戚だった!海の王子も必然【週刊大衆】
■小室圭を美智子さまがお嘆き!彼の夢は完成しない!【週刊文春】
■小室圭が侮辱!「紀子さまは日本語理解できない」【週刊朝日】
■小室圭のゲスな本音!「気まずい夕食会」秋篠宮と眞子さま【週刊現代 3/31号】
■「眞子が小室圭に嫁ぐというのはあり得ない」と美智子さま【週刊新潮】

最新の広告