GJ-週刊ポスト 9/1号 甲子園のマウンドにはゼニが埋まっている

最新の広告







HeHO(ヒーホー)です。

このページは2017年8月19日発売の週刊ポスト 9/1号を読んで、面白かった記事にコメントしています。

週刊ポスト 9月1日号(0901)



高校球界最新事情/甲子園のマウンドにはゼニが埋まっている

高校野球と切っても切れないお金との関係の記事である。

あれだけのイベントであるので、動いている金額も当然大きくなる。

そしてそれをあてにする人、企業、赤字でも甲子園に送り込みたい学校など、様々である。



学校や親の負担

まず、甲子園に出場することは学校経営者にとって大きなビジネスチャンスになる。

定員割れだった九州の大学では、甲子園出場の翌年、入学希望者が4倍に跳ね上がったという実例もある。

学校側にメリットがあるだけに、12年に「野球特待生」を制限する規制が行われたが、既に形骸化しており、レギュラーの大半が県外出身者という強豪校も多い。

逆に「甲子園出場」でかかってしまう出費も大きく、近畿圏以外の学校が甲子園に出場すると数千万円の出費は当たり前だという。

それだけに生徒の親やOBからの寄付集めは重要で、歴史があり政財界にOBの多い学校が有利で、いくら強くても新設校の金集めは厳しいらしい。

選手の親の負担は寄付金以上に大変で、部費は月額1万円程度だが、練習試合や合宿費はその都度加算され、強豪校なら年間60~100万円の出費はザラだという。

親からしてみれば、なかなかに大変である。



高野連の収益

一方、”高校野球というイベント”を実施している高野連の収支はどうであろうか。

昨年の大会収支によれば入場料収入が約4億5千万円で経費などの支出は約3億6千万円。

1億円弱の余剰金が出た計算になる。

まあ、赤字になっては今後の継続に影響するので四分の一程度の余剰金は適当な額だと思う。

逆に、あれだけの巨大イベントなんだからもっと利益を出せる気もするが、高校野球で大切な大義と清潔さを重視しているのだろう。

 

どちらにしても、何十年も続けられているそのイベント実行力と統制力は素直にスゴイなと思う。

[こちらの記事もオススメです]



(週刊ポスト 9/1号 目次)

・『バカは最強の法則』
・西田幸樹 なをん。謎の異邦人ジヨン
・2017新作ドライバー図鑑
・密着 段田安則「役者の守備範囲、舞台の醍醐味」
・『フリーメイソン 秘密結社の社会学』
・75歳まで働かされるニッポン
・安倍〝沈没船〟から読売も産経も逃げ始めた
・鈴木俊一・五輪担当相 政治資金年間600万円は「領収書なし」だった!
・75歳でがん宣告 手術か抗がん剤か、それとも治療せずか
・全国209がん拠点病院の3大がん「5年生存率データ」を公開する
・中川淳一郎「ネットのバカ 現実(リアル)のバカ」
・高校球界最新事情/甲子園のマウンドにはゼニが埋まっている
・高校球界最新事情/秀岳館・鍛治舎巧監督「さらば甲子園、さらば幻想の高校野球」
・山田太一、83歳。「私はもう原稿が書けない、ドラマを観る気力すらない」
・あぁ、「孫疲れ」お盆に孫と再会は〝地獄〟でした
・やく・みつる「マナ板紳士録」
・新連載 落語の目利き 広瀬和生
・鎌田實「ジタバタしない」
・大前研一「『ビジネス新大陸』の歩き方」
・井沢元彦「逆説の日本史」
・法律相談
・医心伝身
・『中東 混迷の本当の理由』
・大竹聡「酒でも呑むか」
・木下半太「ロックンロール・ストリップ」
・ふらっと「歴史建物」探訪 NO.190 根岸(後編)
・春日太一「役者は言葉でできている」
・『奇跡の歌』
・『撃墜王は生きている!』
・戌井昭人「なにか落ちてる」
・『ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論第三部 明治日本を作った男達』
・秋本鉄次「パツキン命」
・堀井六郎「昭和歌謡といつまでも」
・ポスト・ブック・レビュー
・「美しい分煙社会」の作り方
・ビートたけし「21世紀毒談」
・「関ヶ原の戦い」東軍vs西軍 子孫が大集合
・藤井四段ブームの裏で将棋連盟vsITスポンサー のっぴきならない千日手トラブル
・尾崎しのぶ「大相撲・入り待ち出待ち」
・日テレ 女性スタッフ 「飛び降り救急搬送」
・藤田菜七子 騎乗ドタキャン
・松山英樹「結婚相手」/世界陸上競歩銅メダリスト
・「生前退位」で恩赦
・宮崎謙介 〝しくじりセミナー〟
・山口組〝芸能部長〟が語っていた 「俺が愛した高倉健」
・死ぬまで死ぬほどSEX 現役グラドル3人の「初めてのAV撮影」誌上中継
・インタビュー 有村架純「朝ドラの先に見えるもの」
・『サライ写真館』
・デビュー20周年記念大特集 風間ゆみ伝説
・坪内祐三の美術批評「眼は行動する」



最新の広告