GJ-週刊ポスト 9/15号 清水富美加改め千眼美子が部長就任!







HeHO(ヒーホー)です。

このページは2017年9月5日発売の週刊ポスト 9/15号 を読んで、面白かった記事にコメントしています。

週刊ポスト 9月15日号(0915)



千眼美子(清水富美加)「幸福の科学」での「新肩書き」

幸福の科学に出家後、教団の所属タレントとして芸能活動を再開した清水富美加改め千眼美子に肩書きが付いたという記事である。

それは「メディア文化事業局部長」、教団の広報宣伝と芸能活動の中心を担う部署である。

今後は教団の一女優にとどまらず、映画等の制作や企画にも今後携わっていくとのこと。

さらには”芸能界の働き方改革”を実施しようとしており、教団に入信しなくても事務所との雇用形態でトラブルを抱えている芸能人を、今後、教団の芸能プロに取り込んで手助けすることは考えられる。

元々はバンドマンとの不倫が原因で出家したとボクは考えているが、あくまで”芸能界での仕事トラブル”原因で押してくるつもりらしい。

どちらにしても、幸福の科学側からすれば、世間と教団の橋渡し役の広告塔が出来たことで、その存在を知らしめたいところだろう。

前記事:清水富美加 【出家騒動は不倫清算のため?】

【おすすめ記事】



・ちょいエロTV
・週刊誌の切り抜き
・生まれた年のヒット曲を聴いてみる

(週刊ポスト 9/15号 目次)

・西田幸樹 なをん。義姉、早紀。
・いま、講談&浪曲が面白い!
・密着 筒香嘉智「大打者の佇まい」
・『武器としての経済学』
・目次
・認知症で「行方不明」激増!1万5000人の衝撃
・「定年後」 やってはいけない10箇条 •資格の取得•語学の勉強•ジム通い•葬式に参列•NPO参加•勲章をもらう ほか
・ごほうび再雇用 ブラック再雇用 天国と地獄の境界線
・再雇用で働きながら目一杯「年金」を受け取る方法
・「余裕あるなら年金返上しろ」 進次郎発言の悪魔の企み
・野村克也から広陵・中村奨成へ──「プロでも〝打てる捕手〟になる条件」
・広島カープ、人気・実力は一流。では球団とファンの〝品格〟は?
・中川淳一郎「ネットのバカ 現実(リアル)のバカ」
・安倍「総理執務室でひとりぼっち」 「今すぐ秘書官辞めてやる!」──〝懐刀〟今井秘書官が「オフレコ激烈批判」に至るまで
・間違いだらけの市販薬「その使い方は逆効果!」
・「各局女子アナ秋の人事異動」泣いた女 笑った女
・やく・みつる「マナ板紳士録」
・綾小路きみまろ「夫婦のゲキジョー」
・鎌田實「ジタバタしない」
・大前研一「『ビジネス新大陸』の歩き方」
・井沢元彦「逆説の日本史」
・法律相談
・医心伝身
・広瀬和生「落語の目利き」
・大竹聡「酒でも呑むか」
・木下半太「ロックンロール・ストリップ」
・ふらっと「歴史建物」探訪 NO.193 両国界隈
・春日太一「役者は言葉でできている」
・戌井昭人「なにか落ちてる」
・角居勝彦「感性の法則」
・秋本鉄次「パツキン命」
・のむみち「週刊名画座かんぺ」
・堀井六郎「昭和歌謡といつまでも」
・ポスト・ブック・レビュー
・『SAPIO10月号』
・「美しい分煙社会」の作り方
・ビートたけしの『21世紀毒談』
・あの偉人たちも悩まされた 「ドロドロ 相続争い」で読む日本史
・謎のスー女・尾崎しのぶの大相撲「入り待ち出待ち」秋巡業
・「Jアラートが鳴らなくて」何のために税金100億円も注ぎ込んだのやら…
・天皇・皇后両陛下テニスコートの恋から60年/東芝売却騒動
・稀勢の里
・千眼美子
・大谷翔平/池田勇太
・東大常連校〝くじ引き入試〟/神社本庁
・外国人向け防災HP
・羽田孜
・『わしらは怪しい雑魚釣り隊 おれたちを跨(また)ぐな』
・密着 離島球児たちの夏
・ヴィクトリアズ・シークレット大研究
・ニッポンの美女アスリート神7
・橋本マナミ「こんなにビチョビチョじゃないか」
・坪内祐三の美術批評「眼は行動する」