GJ-週刊ポスト 9/8号 朝日新聞OBの再就職先「第2の加計学園」

最新の広告







HeHO(ヒーホー)です。

このページは2017年8月29日発売の週刊ポスト 9/8号を読んで、面白かった記事にコメントしています。

週刊ポスト 9月8日(0908)



野党が追及する「第2の加計学園(国際医療福祉大)」に朝日新聞大物OBが続々再就職していた

現在、野党は第2の加計学園問題として『国際医療福祉大』の問題を取り上げようとしているが、加計学園の時にあれだけ援護してくれたマスコミの反応が鈍い。

もちろん、動きが鈍いのは反安倍の急先鋒である朝日新聞であるが、『国際医療福祉大』には次の大物OBが再就職している。

  • 前社長 木村伊量  —  特任教授
  • 元論説委員 大熊由紀子   —  教授
  • 元社長 箱島 信一  —  理事(非常勤)

最近では、だれも朝日新聞に公平性を期待してはいないと思うし、それが販売部数に表れていると思うが、それにしてもあからさまである。

加計学園と国際医療福祉大の違いは、首相と友達であったかどうかだけであるが、首相が便宜を図ったという証拠が一つも出ていないことから、構造的な問題については全く同じだといえる。

加計学園だけ細かいところまで追求して、以前の上司の在籍している国際医療福祉大の問題をスルーというのは、わかりやすい。



元朝日新聞ソウル支局特派員の前川恵司氏もこう呆れる。

「どこに再就職するかは個人の自由ですが、新聞社は社会の公器。認可プロセスの検証で問題が出たならば学校に社長経験者が2人もいたままではモラルを問われても仕方がないでしょう。朝日の現役にとっても迷惑な話になると思います」

朝日の記者は、辞めるとまともなことを言い出すねw

紙媒体の衰退という潮流もあるし、朝日新聞の販売部数は確実に今後も落ち続ける。

そうするとますます朝日は迎合してくれる左寄りの記事を書くことになるだろう。

仮にも日本の新聞社なので、最後は看板自体そういう勢力に売り渡さなければいいんだけどね。



[こちらの記事もオススメです]

■ちょいエロTV

(週刊ポスト 9/8号 目次)

・『靖国神社が消える日』
・西田幸樹 なをん。義姉、早紀。
・「大宅壮一文庫」の裏側
・密着 田中麗奈「女優としてだけの人生じゃない」
・「年金75歳支給」に備えて老後資産計画を書き換えろ
・「安倍君、下関へ帰りたまえ」ついに保守論壇重鎮たちも〝退陣要求〟を突きつけた!
・10月トリプル選「全敗危機」で安倍首相「9・17小泉(純一郎)訪朝」の大博打
・野党が追及する「第2の加計学園(国際医療福祉大)」に朝日新聞大物OBが続々再就職していた
・【甲子園の怪物・独占インタビュー】広陵・中村奨成「僕が考える究極のキャッチャー」
・大豊作高校生スラッガー「プロで輝くのは誰だ」誌上ドラフト会議
・呉智英「ネットのバカ 現実(リアル)のバカ」
・稀勢の里 夏巡業「長距離バス2000キロの旅」
・「冷夏&長雨バブル」に沸いた意外な企業
・やく・みつる「マナ板紳士録」
・綾小路きみまろ「夫婦のゲキジョー」
・大前研一「『ビジネス新大陸』の歩き方」
・井沢元彦「逆説の日本史」
・『中東 混迷の本当の理由』
・法律相談
・『小学館ノンフィクション大賞 募集』
・医心伝身
・広瀬和生「落語の目利き」
・大竹聡「酒でも呑むか」
・ふらっと「歴史建物」探訪 NO.192 高井戸界隈
・ポスト・ブック・レビュー
・『大遺言』
・角居勝彦「感性の法則」
・『奇跡の歌』
・春日太一「役者は言葉でできている」
・戌井昭人「なにか落ちてる」
・『幻の黒船カレーを追え』
・木下半太「ロックンロール・ストリップ」
・『ドキドキの時間』
・椎名誠とわしらは怪しい雑魚釣り隊
・堀井六郎「昭和歌謡といつまでも」
・秋本鉄次「パツキン命」
・謎のスー女・尾崎しのぶの大相撲「入り待ち出待ち」千秋楽
・ビートたけしの『21世紀毒談』
・将棋連盟「英語版ホームページ」の爆笑〝超訳集〟
・積水ハウスが63億円騙し取られた「地面師」カップルの仰天手口
・話題沸騰 毒出しうがいの正しいやり方 考案歯科医が誌上指導
・末期がん患者が騙される やってはいけない免疫療法
・大谷翔平
・ハリル監督/森長官
・松山千春/イ・ボミ
・マツコデラックス
・死ぬまで死ぬほどSEX 女性限定「セックス専門学校」で教えていること
・大原麗子「孤独死の真相」と美しきプライベート秘蔵写真
・密着 田中要次「まるでリオのカーニバル」
・定点空撮 新国立競技場
・「国民的美少女コンテスト」の30年
・河合奈保子「再会の夏」
・久松郁実 新撮ビキニ
・坪内祐三の美術批評「眼は行動する」

最新の広告