肉食系?女性巡査23歳 恋人ヤクザに情報漏洩!同僚不倫も【週刊ポスト 4/6】







HeHO(ヒーホー)です。

週刊ポストを読んで、面白かった記事にコメントしています。

週刊ポスト 4月6日号(0406)

ヤクザの恋人女性巡査

週刊ポスト 記事のポイント

  1. 女性巡査23歳が留置場で逆ナンパ
  2. 妻子ある同僚と不倫も



女性巡査が恋人ヤクザに情報漏洩

知らない人のために事件を簡単に説明。

女性巡査23歳が、同署に留置されていた組員の男と親しくなり、交際をスタート。

男は刺青をほっているイケメンである。

交際中には現金で約100万円を貢いでいた。

組員との交際がバレルことを恐れた女性巡査は、男に関する捜査情報を漏洩した。

なお、この女性巡査のお父さんも警視庁のお偉いさんで、まさに警察一家である。

これだけ聞くと、ヤクザに騙されたかわいそうな女性巡査となるのだが….

女性巡査に同情できない理由

まず想像するのは、この男が女性をだまして情報を得たり、風俗に沈める種類のヤクザであるということ。

巧妙に女性巡査に近づき、のっぴきならない状況に追い込み、お金と情報をだまし取ったのだろう。

ほんとにひどい奴だ!と。

多くの人が思ったでしょう。

ボクも思いました。

だ・け・ど、実は、留置場で捜査資料から素早く携帯番号を暗記し、釈放後ヤクザにアプローチをかけたのは女性巡査の方という事実。

いやいや、これだけでは純粋にひとめぼれした乙女ということも考えられない?

いいや、考えられません。

というのも、この暴力団員との関係を確認するために監察官が女性巡査を尾行していると、妻子持ちの男性警察官とラブホテルに入っていったという。

アウト、です。

ただのヤリマン巡査か?

あまりこの言葉は使いたくないんですけどね。

すがすがしいほど気持ちのいい、ヤリマン巡査ですね。

やわらかい言葉で言っても肉食系。

警察官の家庭で厳しく育てられるとこうなっちゃうんですかね?

23歳というとまだ就職したてでしょうにね。



[こちらの記事もオススメです]
■週刊誌の切り抜き
■テレビの切り抜き
■ちょいエロTV



(週刊ポスト 4月6日号 目次)

・大人の修学旅行 朝倉彫塑館
・日産「e-POWER」は 本当に〝買い〟か?
・トラウデン直美 「合コンはちょっと苦手です」
・大谷翔平「二刀流」がメジャーを変える
・密着 佐藤義則「〝勝負〟できる投手」
・寿影 川淵三郎「イチかバチかの人生を歩んできた」
・目次
・「安倍総理、もうあなたは終わった」
・安倍・麻生・菅の「偽証答弁」全語録
・「改竄」か「書き換え」か見出しで分かる大新聞の〝忖度度〟
・「昭恵夫人は証人喚問に出たがっている」/今井秘書官が〝同期・佐川擁護〟のなぜ?
・〝ジム通い〟安倍首相が気にする健康問題/〝最後の(?)花見〟に伝説のキャバ嬢
・【深層レポート】霞が関「人事原理主義」の崩壊
・名医5人が自ら受けている本当に意味のある医療検査
・ビートたけし『21世紀毒談緊急特別版』 テレビじゃ言えない「独立話」
・貴乃花「春の御乱心」全真相
・「もうひとつの暴力事件」 相撲協会と加害力士の 「嘘」を暴く
・似た者同士のトランプ×金正恩「米朝首脳会談で意気投合」の悪夢
・老後医療費破産を防ぐための「50歳からのがん保険」選び方ガイド
・12球団〝新戦力〟査定表「もう満開の男」「まだ春が遠い男」
・やく・みつる「マナ板紳士録」
・綾小路きみまろ「夫婦のゲキジョー」
・鎌田實「ジタバタしない」
・大前研一「『ビジネス新大陸』の歩き方」
・井沢元彦「逆説の日本史」
・医心伝身
・春日太一「役者は言葉でできている」
・広瀬和生「落語の目利き」
・大竹聡「酒でも呑むか」
・ふらっと「歴史建物」探訪 NO.217 上石神井周辺
・『個人が企業を強くする』
・戌井昭人「なにか落ちてる」
・ポスト・ブック・レビュー
・法律相談
・秋本鉄次「パツキン命」
・のむみち「週刊名画座かんぺ」
・堀井六郎「昭和歌謡といつまでも」
・角居勝彦「感性の法則」
・発掘 最旬情報
・中川淳一郎「ネットのバカ 現実(リアル)のバカ」
・再生可能エネルギー「大膨張」がもたらすこの国の未来
・甲子園から消えた名門「商業高&工業高」の現在地
・「お米のランク」の不思議な基準
・「女医が主治医なら寿命が延びる」異色論文の〝根拠〟
・ヤクザの恋人女性巡査/川崎宗則
・本田圭佑
・谷岡学長
・小池百合子/三浦桃香
・卑弥呼の墓
・つなぎ融資の女王独占告白「私が愛し、騙してきた男たち」
・死ぬまで 死ぬほどSEX 美熟女さんが濡れるセックスの音色
・ミャンマーの「持続可能」な学校
・世界が注目する「重粒子線がん治療」
・定点空撮 新国立競技場
・女はなぜ乳首を隠したがるのか?
・彼女がハイレグにきがえた