コインチェック 和田社長だけは逮捕したい!【週刊新潮 3/15号】

最新の広告







HeHO(ヒーホー)です。

週刊新潮 3/15号を読んで、面白かった記事にコメントしています。

週刊新潮 3月15日号(0315)

「コインチェック社長」だけでも逮捕したい「警視庁」100人の捜査態勢

この記事のポイント

  1. 警視庁生活安全部のサイバー犯罪対策課が捜査を担当
  2. 犯人逮捕の可能性はゼロに近い
  3. 流出事件が世界に与えたインパクトは大きい
  4. 和田晃一良社長を逮捕できないか検討中



警視庁は、このコインチェック580億円相当のNEM通貨不正流出事件で、100人体制で捜査に当たっている。

不正流出させたハッカーは、検索エンジンにかからない闇サイトで他の通貨に交換し、犯人逮捕は絶望的だという。

そこで、というわけではないのだろうが、社長の和田晃一良社長の逮捕を検討しているという。

逮捕理由は、改正資金決済法違反。

つまり、顧客のお金、資産を会社のものを分けて管理していなかったということ。

この法律に違反すると2年以下の懲役か300万円以下の罰金となる。

そして、社長が逮捕となれば、問題が起こるまでみなし業者として営業していたコインチェックの仮想通貨交換業者登録も絶望的になり、破綻はまぬがれないと記事はいう。


そしてこの記事の載った週刊文春が発売された夕方、コインチェックから臨時の発表があった。

それによると、流出したNEM分の補償金の支払いと、凍結していた預かり仮想通貨の出金再開の目途がたったというものであったが、具体的な内容は翌週に発表するとの内容だった。

もしかしたら、そういった社長逮捕の動きも察知して、発表だけ早めに行ったのだろうか。

ボク個人としては、会社が倒産しても、社長は是非とも逮捕してもらいたいものである。

何故ならボクも今回の被害者の一人だから…

コインチェックの今後

コインチェックの誠意のない対応は身に染みているし、この会社が無くなっても一向にかまわない。

一部に倒産せずに流出分の補償を行う対応を手放しでほめたりしている人もいるようだが、それは違う。

流出した仮想通貨は北朝鮮に流れた可能性も高いが、もしも今の朝鮮半島危機で戦争が起き、日本人に一人でも被害が及ぶようであれば、それはコインチェックからの流出した仮想通貨のせいかもしれないのである。

では、コインチェックのセキュリティについては難しかったのかというと、そうではない。

臨時的なつなぎ措置としても、2万円程度のハードウェアウォレットをamazonや楽天などで買ってきて、NEM公式のWALLET(お財布アプリ)を利用していれば、少なくともNEMという通貨に関しては被害を10分の1以下に防げたはずなのである。

要はコインチェックの怠慢から生まれた今回の事件、コインチェックから逮捕者が出て当然だとボクは思っている。

そして、それを前提にコインチェックが仮想通貨交換業者登録を実現するためには次の2点は絶対だと思う。

  • 仮想通貨の絞り込み
  • 現経営陣の総退陣

XMRをはじめ、匿名性の高い通貨は扱わないこと。

大塚氏を含めて、和田氏の身内取締役も総退陣すること。

この2点が実現されなければ、金融庁は決して登録業者のお墨付きを与えない。

それだけ金融庁が現経営陣に持つ不信感は根強いのである。



和田社長という人

あえて、彼を和田君と呼ぶなら、なんでもアプリケーションのプログラミングに関しては上手だという。

コインチェックのプログラムの原型も一人で作ったとか。

ただ、一人でコツコツとプログラミングをしても、プロジェクトリーダーとして大人数を抱えたプログラミングに精通するわけではないし、会社の経営に精通するわけでもない。

要は株をたくさん持っているから社長の肩書をつけているだけで、まったくその肩書に見合う仕事はできていなかったんじゃないかと想像する。

そして残念なことに、それは真実だったのだろう。

ツイッターのつぶやきでの性格の悪さや、金融庁をなめた態度(CCを大きくて潰せない会社にしようという目標)が週刊誌等を通じて露呈してきているが、潮時ではないだろうか。

大塚氏とともに、お引き取りください。

※この記事の内容には、他メディアからの知識、筆者自身の思い込みが混在しているため、元記事に忠実ではありません。興味のある方は対象雑誌を直接確認ください。

[こちらの記事もオススメです]
■週刊誌の切り抜き
■テレビの切り抜き
■ちょいエロTV

(週刊新潮 3月15日号 目次)
・[カラーグラビア]スペイン絵画の黄金時代 栄光のベラスケス
・[グラビア]「新しい地図」の売り方
・[グラビア]しかめっ面が崩れるとき
・管見妄語/藤原正彦
・「福井照」新大臣 元愛人の「赤坂芸者」がぶちまけた「沖縄・北方担当相」のカネと女
・「栄和人」強化本部長が反論!「私は伊調の従兄弟に謀られた」
・メジャーでもすべらない「大谷翔平」の「すべるボール」が笑えない
・TEMPO ロビー
・TEMPO スポーツ
・TEMPO ビジネス
・TEMPO マイオンリー
・[ワイド]「羽生結弦」の国民栄誉賞に咬みついた「村田諒太」
・[ワイド]「広瀬すず」でも低視聴率! 日テレドラマ『anone』に戦犯あり
・[ワイド]三顧の礼に報いない「髙梨沙羅」の非礼なる日体大卒業
・[ワイド]「藤井聡太」の「将棋めし」にならなかったバレンタインチョコ300個
・[ワイド]「貴乃花」独占インタビューに相撲協会の「テレ朝かわいがり」
・[ワイド]記事が気に入らんか!? 虎「西岡剛」がサンスポ記者に土下座を迫った
・[ワイド]王者「マニー・パッキャオ」が「石破茂」を指名した「ネクスト首脳会談」
・[ワイド]「コインチェック社長」だけでも逮捕したい「警視庁」100人の捜査態勢
・[ワイド]「二期倶楽部」も飲み込んだ「星野リゾート」の「化けの皮」算用
・[ワイド]伴侶がDV逮捕でも夫婦の危機を乗り越えたという「鳩山邦夫」長女
・[ワイド]「武井咲」の轍を踏まなかった「妊活」根回しの「佐々木希」
・「昭和天皇」曰く付き映画に異聞!本誌広告を黒く塗り潰した大新聞の「表現の不自由」
・この素晴らしき世界/東野幸治
・生き抜くヒント!/五木寛之
・十字路が見える/北方謙三
・医の中の蛙/里見清一
・国際問題 鳥の目虫の目魚の目/宮家邦彦
・私の週間食卓日記
・この連載はミスリードです/中川淳一郎
・TVふうーん録/吉田 潮
・気になる一手/渡辺 明・吉原由香里
・オリンピック・トリビア!/吹浦 忠正
・冒険ゴルフ/倉本昌弘
・掲示板
・スジ論 わたしのルールブック/坂上 忍
・黒い報告書
・だんだん蜜味/壇蜜
・週刊「山猫」ツメ研ぎ通信/三浦瑠麗
・還暦も文化/石田純一
・科学探偵タケウチに訊く!/竹内 薫
・寝言は寝て言え!/KAZUYA
・誰の味方でもありません/古市憲寿
・Book wormの読書万巻
・結婚欄
・墓碑銘
・文殊のストレッチ
・東京情報
・豚は太るか死ぬしかない/矢作俊彦
・「医学部」の「人気」「学費」「将来性」の最新研究
・82歳「芳村真理」最初で最後の手記/構成・森綾(エッセイスト&ライター)
・TEMPO ガイド
・TEMPO テレビジョン
・TEMPO オーバーシーズ
・TEMPO エンタメ
・TEMPO スクリーン
・TEMPO タウン
・TEMPO グルメ
・「武術家」3人が指南! 万病を遠ざける「究極の長生き健康法」
・「仲間由紀恵」妊娠で「水谷豊」の『相棒』が決まらない!?
・日本ルネッサンス/櫻井よしこ
・変見自在/高山正之
・[グラビア]皮肉よね ウフフ
・[グラビア]みんなが同じ、だから楽しい
・[グラビア]1日でまわれる 勝海舟のゆりかごから墓場まで
・続蒼穹から名建築
・[カラーグラビア]あの日からのJヴィレッジ
・野生動物こっけい生態図鑑
・優越感具現化カタログ
・コウケンテツの日々是好食

最新の広告