山根明 元暴力団組長の舎弟だった!日本ボクシング連盟【FRIDAY】

最新の広告







FRIDAY フライデー 日本ボクシング連盟 山根明は元暴力団組長の舎弟だった!

山根明会長の「まる暴」との深い関係

山根は私の舎弟でした」と語るのは、10年ほど前に引退するまで『頭の切れる武闘派』として関西では名の知れた元暴力団組長。

今から60年ほど前、山根明はこの元組長に『兄貴、兄貴』とまとわりついており、組には10年以上出入りしていたと証言する。

元会長の使いっ走りだったらしい。



ただ正式には盃を交わしていないので、京都や奈良の組にも出入りしており、奈良のボクシング連盟に取り入ったのもそのツテだろうとのこと。

そして入り込んだ後は、ヤクザの流儀でのし上がっていったのは間違いない。

強い者には平身低頭して、弱い者は恫喝するというやり方だ。



天皇に試合の解説をする山根明

2013年の東京国体の時には、天皇の隣に座り試合の解説をしたという山根明。

前記の元組長も次のようにいう。

あんな男が会長になり、あまつさえ天皇陛下にご進講なんてとんでもない。分をわきまえろ、と言いたいですよ。

こんなチンピラ会長が天皇陛下の横に座って解説なんて、宮内庁は山根明の素性をちゃんと調査したのだろうか?

最新の広告