春菜&黒沢の職人芸 パンスト王座決定戦【お笑い向上委員会】

最新の広告







HeHO(ヒーホー)です。

2017年9月30日深夜放送のさんまのお笑い向上委員会がすごく面白かったので、切り抜いてみます。

さんまのお笑い向上委員会 9/30放送(第一回パンスト王座決定戦)

完成されたストッキング芸 ハリセンボン 春菜 と 森三中 黒沢

切っ掛けは、ゆりあんが、はりせんぼんに『ハリセンボンよ!もっと身体を張れ!』というクレームをつけたこと。

森三中まで受け継がれた女芸人の身体を張ったパフォーマンスが、ハリセンボンで途切れて後輩も遠慮してしまう、という主張らしい。

一応、迫力ある顔でストッキング対決をうながすゆりあん。

着ている服の中に仕込んであったストッキングを取り出します。

言い出したゆりあんが、ストッキングをおもむろに顔にかぶると

まあ、こんな感じ。

面白いけど、素人がやってもあまり変わらないような気がします。

それに被るたびに変わってしまう。安定性もなさそうですw



次に春菜がパンストをかぶり始めると

比較のため、被る前の画像を記憶してください

被った後がこれ!

クオリティ高すぎです。

さんまも大爆笑!



ストッキングをセットしているときに、何度があちこち引っ張って微調整していたので、これは春菜が狙って作った表情だというのは間違いありません。

二人でビヨーンとストッキングを伸ばして、それぞれ比べても

春菜www

ゆりあん

完成度の違いは明らかです。

勝った春菜は、余裕のスッキリのポーズ



元祖の森三中、黒沢がさんまに呼び出されて

ゆりあんの替りにストッキングをかぶります。

こちらはストッキングに入る前に、中に手を入れて形を整形しておきます。

さすが、ノウハウの塊の黒沢、スゴイ!

さんまも、笑いながら感心して見ています。

比較のための画像、かぶる前の黒沢

ストッキング後の黒沢

こちらもさすがです。

春菜の目が潰れているのを見越して、黒沢がわざとお目々パッチリバージョンに調整したとしたら、まさに神業です。

考えすぎかなw

ということで、何故か途中からパンスト王座決定戦になってしまった対決は、二人の優勝ということで幕引きとなりました。



女芸人の誇りとして二人はたたえられ、番組の終わりまで晒されました。

このままイスに座らされ、閉店ガラガラが終わるまでそのままでしたとさ。

 

ちなみに最後の方で黒沢の顔がキープできていないのは、ストッキングの中で瞬きをするせいです。

瞬きが必要のない春菜の表情の方が、その点崩れませんが、本来瞬間芸ですから、優劣はありません。

おもしろかった!

[こちらの記事もオススメです]

■ちょいエロTV

■週刊誌の切り抜き

最新の広告