安倍昭恵が証人喚問に出たがっている!昭恵が憂鬱【週刊ポスト 4/6号】

↓最新の広告↓







HeHO(ヒーホー)です。

週刊ポストを読んで、面白かった記事にコメントしています。

週刊ポスト 4月6日号(0406)

「昭恵夫人は証人喚問に出たがっている」

週刊ポスト 記事のポイント

  1. 葛飾区議 立花孝志氏の話
  2. 電話の会話で昭恵3つの口癖
  3. 安倍昭恵なら証人喚問に耐えられる



葛飾区議 立花孝志氏の話

この記事の全部が、葛飾区議 立花孝志氏の話である。

立花氏というのは元NHK職員で、安倍昭恵と知り合ったのは3月18日というから、つい最近のことである。

フェイスブックから突然、「友達申請」の通知が来た。

やり取りをしていると、森友問題を追及しているYouTube動画を見て昭恵氏から申請してきたようだ。

何度がやり取りをして20日には20分間電話で会話したという。

その時昭恵が繰り返し言っていたのが次の3つ。

  • 真実を知りたいだけなんです
  • これ以上、犠牲者が出ないでほしい
  • 世界の平和と環境を守るため命がけでやっていきます

そして、立花氏は、昭恵氏なら証人喚問に出ても、野党側の追及にも動じずに答えられるのではないでしょうか、と締めくくっている。

安倍昭恵は決して改心しない

ボクはこの記事を見て、あ~あ、と思った。

あ~あ、やっぱり安倍昭恵だな、と。

それは記事内容というよりも、この時期の彼女の言動に関して。



この時期に、新しい友人作りですか?

まず、自分が招いた結果に対して反省することもなく、見ず知らずの人に「友達申請」ですか?ということ。

もう何も求めませんから、新たな問題を作らないでください!

「これ以上、犠牲者が出ないでほしい」とはおまえが言うか?

間接的にでも、自分が「犠牲者」の発生に関与していると思えばこんな発言はできないはずである。

安倍昭恵を「善意の暴走」と鳩山元首相と同列に扱う向きもあるが、ここまでの理解力の無さは素晴らしい。



「世界の平和と環境を守るため命がけでやっていきます」とは大麻栽培のこと?

大麻栽培畑で、ニッコリとほほ笑む安倍昭恵の画像。

ネット上でも見られます。

命をかけるなら、騒動が収まるまで、旦那が総理をやめるまで、命をかけておとなしくしていて欲しい。



安倍昭恵も、鳩山由紀夫も、お金持ち一家のご子息でしたね。

ああ、前川元事務次官もそうか。

こういった人種には、怒りしかわかない人もいいのではないでしょうか?

※この記事の内容には、他メディアからの知識、筆者自身の思い込みが混在しているため、元記事に忠実ではありません。興味のある方は対象雑誌を直接確認ください。

安倍昭恵、安倍首相関連の記事

[こちらの記事もオススメです]
■週刊誌の切り抜き
■テレビの切り抜き
■ちょいエロTV



(週刊ポスト 4月6日号 目次)

・大人の修学旅行 朝倉彫塑館
・日産「e-POWER」は 本当に〝買い〟か?
・トラウデン直美 「合コンはちょっと苦手です」
・大谷翔平「二刀流」がメジャーを変える
・密着 佐藤義則「〝勝負〟できる投手」
・寿影 川淵三郎「イチかバチかの人生を歩んできた」
・目次
・「安倍総理、もうあなたは終わった」
・安倍・麻生・菅の「偽証答弁」全語録
・「改竄」か「書き換え」か見出しで分かる大新聞の〝忖度度〟
・「昭恵夫人は証人喚問に出たがっている」/今井秘書官が〝同期・佐川擁護〟のなぜ?
・〝ジム通い〟安倍首相が気にする健康問題/〝最後の(?)花見〟に伝説のキャバ嬢
・【深層レポート】霞が関「人事原理主義」の崩壊
・名医5人が自ら受けている本当に意味のある医療検査
・ビートたけし『21世紀毒談緊急特別版』 テレビじゃ言えない「独立話」
・貴乃花「春の御乱心」全真相
・「もうひとつの暴力事件」 相撲協会と加害力士の 「嘘」を暴く
・似た者同士のトランプ×金正恩「米朝首脳会談で意気投合」の悪夢
・老後医療費破産を防ぐための「50歳からのがん保険」選び方ガイド
・12球団〝新戦力〟査定表「もう満開の男」「まだ春が遠い男」
・やく・みつる「マナ板紳士録」
・綾小路きみまろ「夫婦のゲキジョー」
・鎌田實「ジタバタしない」
・大前研一「『ビジネス新大陸』の歩き方」
・井沢元彦「逆説の日本史」
・医心伝身
・春日太一「役者は言葉でできている」
・広瀬和生「落語の目利き」
・大竹聡「酒でも呑むか」
・ふらっと「歴史建物」探訪 NO.217 上石神井周辺
・『個人が企業を強くする』
・戌井昭人「なにか落ちてる」
・ポスト・ブック・レビュー
・法律相談
・秋本鉄次「パツキン命」
・のむみち「週刊名画座かんぺ」
・堀井六郎「昭和歌謡といつまでも」
・角居勝彦「感性の法則」
・発掘 最旬情報
・中川淳一郎「ネットのバカ 現実(リアル)のバカ」
・再生可能エネルギー「大膨張」がもたらすこの国の未来
・甲子園から消えた名門「商業高&工業高」の現在地
・「お米のランク」の不思議な基準
・「女医が主治医なら寿命が延びる」異色論文の〝根拠〟
・ヤクザの恋人女性巡査/川崎宗則
・本田圭佑
・谷岡学長
・小池百合子/三浦桃香
・卑弥呼の墓
・つなぎ融資の女王独占告白「私が愛し、騙してきた男たち」
・死ぬまで 死ぬほどSEX 美熟女さんが濡れるセックスの音色
・ミャンマーの「持続可能」な学校
・世界が注目する「重粒子線がん治療」
・定点空撮 新国立競技場
・女はなぜ乳首を隠したがるのか?
・彼女がハイレグにきがえた

↓最新の広告↓