GJ-週刊文春 8/10号 杏が渡辺謙を”バカ”と一刀両断







HeHOです。

このページは2017年8月3日発売の週刊文春 8/10号を読んで、面白かった記事にコメントしています。

週刊文春 8月10日号(0810)



「バカなんだから」杏が“不肖の父”渡辺謙を一刀両断

正直ボクはずっと気になっていたんですよ、不倫の親を持つ杏の心境

それと、前妻で杏の母親との別れた理由。

調べるまでも無いけど、気になってた。

それが、文春の1ページの記事でハッキリしました。

 

杏が父、渡辺謙の不倫について公式に語ることは無かった。

ただ仕事仲間などが声をかけると、『(父 渡辺謙は本当に)バカなんだから・・・』と冷たい怒りが湧いているようだったとのこと。

下に説明するこれまでの流れをみたら、杏の冷めた怒りは納得できる。



もともと前妻と別れたのは、前妻が宗教にはまって2億円の借金を作ったのが原因らしく、2年間の裁判を経て離婚している。

ただ、裁判が進むにつれて、渡辺謙の奔放な女性関係も明らかになった。

となると後は夫婦のはなしであり、宗教が先か、渡辺謙の浮気癖が先かは外部からでは分からない。

ただただ可愛そうなのは杏で、当時まだ高校生で、多感な時期に両親がそういう状態だったのは辛かったはずだ。

この時期なら宗教の辛さよりも、父の浮気癖の方が許せなくてもおかしくないだろう。

離婚後、母親についた杏だったが、その後和解し、杏の結婚式にも”父”を呼んだし、子ども(双子)が生まれたときも互いに喜ぶぐらいに関係は修復されかけていた。

そんな流れを無にしてしまったのが、今回の不倫騒動である。

 

別記事で取り上げたが、斉藤由貴のW不倫が本誌で取り上げられたが、一度浮気・不倫の味を覚えるともう抜け出せないのかもしれないね。


(週刊文春 8/10号 目次)

・原色美女図鑑 武井 咲
・CATCH UP
・安倍を選挙応援 加計学園「公選法違反」疑惑
・遠心力の女王 蓮舫の心を折った男たち
・斉藤由貴 背教のダブル不倫
・肉を食べて「熱中症」を防ごう!
・それでも社長になりたいあなたへ(17)宋文洲
・THIS WEEK
・この人のスケジュール表 滝沢志郎、アンヌ・フォンテーヌ、ナイツ
・夜ふけのなわとび 林真理子
・いまなんつった? 宮藤官九郎
・考えるヒット 近田春夫
・人生エロエロ みうらじゅん
・週刊藝人春秋 Diary 水道橋博士
・タンマ君 東海林さだお
・0から学ぶ「日本史」講義 出口治明
・川柳のらりくらり 柳家喬太郎
・泥濘 黒川博行
・てこずるパズル
・言霊USA 町山智浩
・ミルク・アンド・ハニー 村山由佳
・ツチヤの口車 土屋賢二
・ヘンな食べもの 高野秀行
・新・家の履歴書 西本智実
・日々我人間 桜 玉吉
・沢村さん家のこんな毎日 益田ミリ
・ぶらりわが街 大人の散歩 離島編
・見もの聞きもの
・文春図書館
・時々砲弾 宮崎哲弥
・野球の言葉学 藤浪晋太郎 阪神タイガース
・飯島勲の激辛インテリジェンス(200)
・オバマが絶賛「夢のがん免疫治療法」
・村田諒太を私物化する「ボクシング連盟のドン」
・ワイド特集 夏をあきらめて 北朝鮮ミサイル乱射金正恩は暗殺に怯えて酒浸り
・「バカなんだから」杏が“不肖の父”渡辺謙を一刀両断
・清宮クンの出ない甲子園で消えた「経済効果40億円」
・1年9カ月ぶりドラマ復帰井上真央は戦う女教師 秋田バカ殿知事はなぜ平気でウソをつくのか?
・2年で2万円ヤマト未払い残業代にドライバーが怒った
・市川紗椰をクビにしたフジ専務の「暴走タイム」
・頸髄損傷プロレス高山善廣「首から下が動かない」
・「仁義なき日テレよ」堂本ドラマで漫画原作者の怒り再燃
・伊藤理佐のおんなの窓/読者より/表紙はうたう(和田誠)
・小さな発明家の育て方2017
・CATCH UP
・原色美男図鑑 宮野真守
・食堂見聞録
・おいしい!私の取り寄せ便