『chouchou(シュシュ)』上白石萌音 2016年 レビュー







上白石萌音「chouchou(シュシュ)」レビュー

「上白石萌音」 とは

上白石萌音という名前になじみのない方もいるかと思いますが、映画「君の名は。」の宮水三葉の声を演じたと言えば知らない人は少ないかもしれないですね。

声優業もこなす女優さんで、映画「舞妓はレディ」では主役を演じ、同作監督の周防正行は「平成のオードリー・ヘップバーン」と絶賛しています。

このアルバムで彼女の表現力を体験してしまうと、最大限の賛辞にも納得です。

ちなみにこのアルバムの発売時に商業施設でフリーライブが開催され、その時に新海誠監督からお祝いの言葉と彼女の歌評をメッセージとして贈られています。

実に的確で素敵な言葉なので、みんなに見てもらいたくて文字で起こしてみました。

アニメーション監督の新海誠です。

神木君はきみの声を、バイカル湖のように世界一透明だ、と表現して、RADWIMPSの洋次郎さんは、疲れた身体をつつむ毛布のようだ、と言っていました。

僕は萌音ちゃんの声は、細くて長い針のようだと思います。
知らない間に耳に差し込まれて、心の奥の柔らかな部分まで届いて、そこをそっと刺すような、甘く懐かしくて、愛おしい痛みをもたらす声です。

萌音ちゃんの歌声を初めて聞いたとき、この人は歌うべき人なのだ、と、少しの寂しさとともに強く思いました。

萌音ちゃんが感じた世界の輝きを、この先もどうか、僕たちに伝え続けてください。
僕たち、「君の名は。」チームは、萌音ちゃんが世界のどこにいても、ずっと君を応援しています。

 新海監督のコメントにボクもほとんど100%賛成です。

彼女の声は、心に沁みます。

ちょっと痛いですが%B