GJ-週刊文春 10/12号 10.22衆院選 全選挙区完全予測

最新の広告







HeHO(ヒーホー)です。

このページは2017年10月5日発売の週刊文春 10/12号を読んで、面白かった記事にコメントしています。

週刊文春 10月12日号(1012)

全選挙区完全予測 久保田正志+本誌取材班

前回の衆院選予想は2日前発売のサンデー毎日(GJ-サンデー毎日 10/15号 10.22衆院選289選挙区当落全予測)であったが、今回は週刊文春で最新予想が出ていたので紹介する。

なんだか競馬みたいだw

10月3日時点での予想で、政治広報システム研究所と編集部で予想したものらしい。

めぐるましく動向が変わるので、まだまだ変動はあると思う。

2日前のサンデー毎日には立憲民主党の名前が無かったぐらいだからね。

まあ、そのつもりで読んでください。



【現在→選挙後予想】

自民党 288→214

公明党 35→34

与党計 323→248

希望の党 58→101

立憲民主党 11→28

野党・無所属計 149→217



どうです、満足でしたか?ショックでしたか?

朝日や毎日の雑誌のように極端な政治色を持たない文春だと思っているので、変なバイアスはかかっていない予想だとは思います。

一般的には、予想不利側の支持者が投票に行くケースが増える(危機感から投票する)ので、この予測よりもじゃっかん自民党の票が伸びるかもしれないですね。

でも、これぐらい議席を減らしたら安倍退陣もあり得るのかもしれません。

衝撃的な小見出しとしては以下

  • 自民党単独過半数割れで小池政権、石破大連立の現実味
  • 希望東京で9勝、下村危うし
  • 魔の二回生は半分落選
  • W不倫山尾志桜里は、同情票集中で当選へ

毎日毎日、いろいろ、いろいろ変わっていきますねw

もう笑うしかありません。

(追記)10月12日現在の情勢

10月10日が公示日で、その後の最速の予想を各全国紙が12日に掲載した。

各社の見出しは以下の通り。

  • 「自民単独過半数の勢い=希望伸び悩み、立憲民主は躍進公算=」(読売)
  • 「与党300議席に迫る勢い=自民単独安定多数も、希望選挙区で苦戦=」(日経)
  • 「自公300議席うかがう=立憲民主倍増も、希望伸び悩み=」(産経)
  • 「自民堅調 希望伸びず=立憲に勢い=」(朝日)
  • 「自公300超うかがう=希望伸び悩み、立憲に勢い=」(毎日)

当初劣勢とみられていた自民党は、希望の党の急失速でかなり息を吹き返しましたね。

少し抑え気味のトーンではあるけれども、与党で300議席も視野に入っているようです。

当初、臨時国会冒頭での解散情報を早く流しすぎて、小池氏に準備期間を与えてしまった、と失策を嘆く自民党関係者の声が多かった。

そして、小池氏が完璧な言葉遣いとタイミングで「希望の党」を進行させていたら実際に与党での過半数割れもあったかもしれない。

しかし、皮肉なもので、今度は小池氏の「排除」宣言が早すぎたために、枝野氏に立憲民主党の立ち上げ時間を与えてしまった。

そして、野党は「希望の党」「立憲民主党」「無所属」と3極に分裂し、反自民の受け皿とはなり得なくなってしまったのだ。

もし、最初に安倍首相の解散情報をギリギリまで秘密にしていたら、「希望の党」だけが準備できて、「立憲民主党」は時間切れで立ち上がっていなかった可能性が高い。

本当に、政治の一瞬先は闇であり、全く見通せないときがある。

結局、小池百合子の責任

そして現在の希望の党の失速は、小池氏のこれまで取ってきたドライな人間関係によるところも大きいと思う。

細川、小沢、安倍(1次内閣)と、利用価値が無いと思えば自己保身のためだけにポイ捨てしてきた人間関係を当然周りの人たちは見ている。

落ち目の小池氏はドライに他の政治家から切り捨てられ始めている。

  • 「排除の論理」を振りかざしたことで、細川元首相から切り捨てられ
  • 小泉元首相を「希望の党代表」で切り抜けようとしては「息子に投票するに決まっているだろ」と足蹴にされ
  • 「三都物語」約束したはずの愛知県の大村秀章知事からは、衆院選では距離を置かれ
  • 都民ファースト都議二人からは悪口言われたまま離党され

これはまだまだ一例で、今後希望の党の人気下落と共に小池氏から離れていく政治家は多いはずである。

なぜなら、これがこれまで小池氏がとってきた、やってきたやり方だから。

細野氏や若狭氏に対する仕打ちからしても、尽しがいのない人物であることは明らかであろう。

ボクは、近い将来、都議会の公明党も小池氏を裏切ることになると予想している。

【10.22衆議院選挙の予測記事】
GJ-週刊現代 11/4号 10.22衆院選直前 最終当落予測!
GJ-週刊文春 10/26号 衆院選 全選挙区最終予測
GJ-サンデー毎日 10/29号 衆院選当落 最終予測!
GJ-産経新聞&FNN(10/12~15調査) 10.22衆院選終盤情勢
GJ-毎日新聞(10/15時点) 衆院選中盤情勢
GJ-朝日新聞(10/10~13) 衆院選序盤情勢調査
GJ-日経新聞(10/10.11) 衆院選序盤情勢
GJ-共同通信 10/10.11 衆院選 全選挙区完全予測
GJ-週刊現代 10/28号 10.22衆院選 全選挙区完全予測
GJ-週刊文春 10/12号 10.22衆院選 全選挙区完全予測
GJ-サンデー毎日 10/15号 10.22衆院選289選挙区当落全予測

【その他衆院選の関連記事】
GJ-都政新報 小池都政1年間の点数と今後の予想!
NG-小学8年生11月号 安倍晋三を中傷するマンガ!難病を茶化すな!
長島一由氏名義のクレームが来たよ!神奈川1区【希望の党ポンコツリスト】
GJ-週刊文春 10/19号 小池“緑のたぬき”の化けの皮
GJ-週刊新潮10/19号「希望の党」のポンコツリスト
GJ-週刊文春 10/12号 安倍と小池 総理にふさわしいのは?1600人アンケート
GJ-週刊新潮 10/12号 小池百合子に 国会議員からのダメ出し
GJ-週刊新潮 10/12号 小池百合子に 都政関係のダメ出し
GJ-週刊文春 10/5号 落選させたい議員は誰ですか?
GJ-週刊文春 10/5号「小池新党」希望の党は掃き溜め議員の巣
GJ-週刊文春 9/28号 野田聖子の夫は元暴力団員,逮捕歴2回



[こちらの記事もオススメです]

■ちょいエロTV

■週刊誌の切り抜き

(週刊文春10/12号 目次)

・原色美女図鑑 是永 瞳
・CATCH UP
・全選挙区完全予測 久保田正志+本誌取材班
・安倍vs.小池「総理にふさわしいのは?」1600人アンケート
・金正男暗殺「謎の真犯人」を追う! 藤田水美
・それでも社長になりたいあなたへ(24)宋文洲
・THIS WEEK
・この人のスケジュール表 でんでん、上原ひろみ、ちぃたん☆
・夜ふけのなわとび 林真理子
・いまなんつった? 宮藤官九郎
・考えるヒット 近田春夫
・人生エロエロ みうらじゅん
・週刊藝人春秋 Diary 水道橋博士
・タンマ君 東海林さだお
・0から学ぶ「日本史」講義 出口治明
・新・家の履歴書 原田哲也
・日々我人間 桜 玉吉
・ぶらりわが街 大人の散歩 離島編
・川柳のらりくらり 柳家喬太郎
・ラストライン 堂場瞬一
・てこずるパズル
・言霊USA 町山智浩
・泥濘 黒川博行
・ツチヤの口車 土屋賢二
・ヘンな食べもの 高野秀行
・ミルク・アンド・ハニー 村山由佳
・沢村さん家のこんな毎日 益田ミリ
・見もの聞きもの
・文春図書館
・時々砲弾 宮崎哲弥
・飯島勲の激辛インテリジェンス(206)
・野球の言葉学 宮本慎也 元東京ヤクルトスワローズ
・グルコサミンは効かない!
・「不倫は女優の肥やし」倉本聰
・ワイド特集 人生リセット またも公明党! 前文科政務官が不倫で出馬辞退・離党
・“日本一のブーメラン男”舛添要一言行不一致リスト
・動画流出博多暴力教室被害講師は国立大卒エリート
・タレントひふみんが依頼殺到でパンクしちゃった 大腿骨骨折黒柳徹子「歩いて赤ちゃんパンダに会う!」
・孫娘モデルデビュー後藤久美子の母に聞いてみると…
・芸能界のワガママ女王!? 菜々緒マネジャーは「14代目」
・ブラック奨学金提訴へ 60代母を偽保証人にした学生支援機構
・動員1位新エイリアン 79歳巨匠に曲者コラムニストも感嘆
・小池百合子激白「安倍の延命は許さない」
・伊藤理佐のおんなの窓/読者より/表紙はうたう(和田誠)
・CATCH UP
・北の狩人たち
・食堂見聞録
・おいしい!私の取り寄せ便

最新の広告